トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

1票売ります
一票の格差、ではなくて、一票の価格を考えてみる。

たまにはスシローに行きたいから「どうだろう2000円ぐらいで?」。ついでに知り合いの票もあるので「5票を10000円で・・・」

買収する金銭や物品のことを「実弾」という。

選挙運動をしていた若い頃、ボクたちの仕事は夜の見回りだった。その実弾が選挙終盤になると飛び回るので、見回りをすることによって相手陣営が実弾を撃てないようにすることが目的だと聞かされていた。

夜の見回りの効果よりも、その夜回りこそが集団催眠の術だったのだろうと、選挙運動の集団心理について思ったことがあった。

そうしてボクたちは睡眠不足になり、さらに選挙運動が宗教的な意味合いを増していった。候補者という教祖に対して熱狂的な信者になっていった。

単純な仕掛けだったけれど、それにまんまとひっかかるボクたちはさらに純粋に政治とか地方自治なんてものを考えていたんだろうと思う。あの頃・・・。

選挙好きの父親の血がボクをまた選挙運動に引きずり込んでいたのだけれど、父は「一回売ると、死ぬまで『あいつは金でどうにかなる男』と言われるぞ」と、一票の価格を、その意味をボクに教えてくれていた。

でもね、こんなところに住んでいて、「あいつ」と呼ばれる人もいないし、親戚身内知人友人なんて縁故関係すべてない身にとっては、一票の価格ってのは一票の価格だけの問題のように感じる。

投票することは大切なことだ。ボクたちは有権者なのだ。その権利を放棄することは非国民と言われてもしかたないことだ。「だれが当選したって変わらない」としても有権者としての意思表示をすることこそが重要なことなのだ。そんなことは分かっている。

だれに投票すれば分からない、という人もいる。いや、そういう人のほうが多い。じゃあ簡単に、スシローに行かせてくれる立候補者が良い、かもしれない。とりあえず孤独なボクたちの欲望は満たされる。将来という未確定の満足よりも、今すぐ満足するほうがが「あいつ」と呼ばれることもない孤独なボクたちには魅力的だ。

2000円でいいから買ってくれませんか?なんなら1500円でも・・・。

そう本当に思っている。それほどボクは政治に対して絶望していたりもする。そうしてなんだかんだと言いながら、「別に安倍さんで良いんじゃないの?」と思っている。そう思ったところで、どうせ自民党が勝つんだから、選挙行かなくていいか、ってのが今のボクたちの選挙行動なのだ。

同情するなら金をくれ。

そういうことなのだ。

Vote Our Planet 私たちの地球のために投票しよう - パタゴニア –
Vote Our Planet 私たちの地球のために投票しよう - パタゴニア –
ボクたちの年金問題
選挙も盛り上がらない。

「参院選なんてのはそんなもの」なんて白けた声が聞こえる。ボクたちはいったい何に、誰に投票すれば幸せに近づくことが出来るんだろうか?

正解じゃなくても、その回答が見つからないから(それは絶望なんてことなんだろうけれど)投票にいくのも面倒くさくなる。「どうせ自民党圧勝なんだろうから」なんて欠伸しながら言う。

相変わらずタクシー運転手の年齢別構成比の高齢者率は高い。平均年齢が60歳を超えている法人タクシーもあって、この高齢化が生産性を鈍化させる。体力的な問題だけではなくて、年金受給で、稼げない人と稼がなくても良い人の割合が多くなるからだ。

月に22万2834円の収入があれば、65歳になってまでもタクシー運転手を続けることはない。タクシー運転手の平均年収を考えれば22万あれば貯蓄が2000万円なくても、なんとかなりそうな額だ。老後、ではなくて、現役世代がその額で生活しているのがこの国の労働者の現状なのだ。

時給1000円以下という賃金で、1週間40時間、年休年5日取得という法で規制された条件で働いたとしても17万円以下でしかないということを、国家も企業も、そして労働組合さえも黙認し放置している。ブラック国家、ブラック企業、ブラック労働組合ではないのか?

ボクたちはすでにワーキングプアと呼ばれる生活保護費程度の収入で「健康的で文化的な最低限度の生活」を送っている。増加する一方のその低賃金層が年金受給者になったときに、老後2000万円どころか、ボクたちはそのまま年金受給者という生活保護受給者以下の健康的で文化的な最低限度の生活を強いられる。

真面目に働いても、年金を払っても、貯蓄が少しあるために、生活保護費以下の年金受給者になることが決まっている。だから65歳になっても、いや死ぬまで働かなければ生きていけない国民が増え続けているのだ。その象徴的な集団が超高齢化したタクシー運転手なのだ。それもパートなんて働き方ではなくて、フルタイム正社員として長時間労働をして糊口を凌いでいる。そしてタクシー業界は年金受給者を生かさず殺さずに依存して利用している。

ボクたちは22万円以下の最低賃金での労働を国家と企業から強いられ、そこから年金を強制徴収され、その結果として生活保護費以下の年金しか受給できない。だから高齢になっても70歳を過ぎてもタクシー運転手として長時間労働をしなければ生きていけないのだ。これは正しいことなのだろうか?これこそがこの国の賃金と年金の問題点ではないのか?そしてこれは平等なことなのだろうか?

結局、みんなその不平等感と社会悪に薄々感づいていて、政治にも選挙にも白けてしまっている。

どうぞ、NHKだけではなく年金にはスクランブルをかけて、どうせ年金だけでは生きていけないのだから自由にさせてくれ、死ぬまで働くから、貯蓄するから自由にさせてくれ、そう思う。へんな期待を持たせないでくれ。

国家もタクシー業界もブラックだ、その中で生きているボクたちは国家にも企業にも絶望している。いったい誰が22万円をもらうというのだ。ボクたちは結婚も子供も家も車も持つことにも恐怖し、不健康で文化的ではない最低限の生活を送らなければならない。

だから選挙するなら金配れ。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」

最低賃金と初乗り運賃とタクシー運転手と | トヨタ期間従業員に行こう
タクシー運賃改定と運転手の年収
運賃改定とタクシー運転手の年収
儲かるのは国と企業だけ・・・
「万引き家族」のとうもろこしについての一考察
AmazonのPrime Videoに「万引き家族」が追加されていたので見た。

この国の抱えている、例えば貧困、いじめ、不登校、核家族化、年金、食料自給率、DVなどの社会的問題を直接的間接的に表現し問題提起している。とは言ってもその表現や問題はあくまでも観る側、といっても物語論の作者の死なんてことを言っているのではなくて、観る側によって随分とその解釈は変化する。それは「行間を読む」ということだけではなくて、物語そのものだったりする。

「万引き」という犯罪が主題になっているということも物議を醸した映画だったようだが、その主題さえも実は変化する解釈のひとつであり、敢えて「万引き」という犯罪を主題にしたことこそ、是枝監督のこの国の抱える社会問題を多角的に表現する手法なのではないかと推測している。

例えば、万引きではなくて稲作を家業としている「稲作家族」や、漁師を生業としている「一本釣り家族」を描いたとしたらどうだろうか。

家族制度というものは、実は「万引き家族」そのものであったり、農村や漁村では互助共助の習慣が存在し家族とムラ社会を構築していることを考えれば、万引き家族の家族構成はそれほど特殊なものではないはずだと気づくはずだ。

その象徴的な出来事が樹木希林さん演ずる初枝が亡くなり床下に死体を埋めるシーンである。それは土葬の習慣と、ムラ社会での葬儀の意味を具体化している。ただ単に貧困問題で葬儀を出せない、という単純なことではなくて、高度文明化した時代に家族という最古の集団単位とその喪失を表現しているようでもある。

さて、問題の「とうもろこし」だが、花火の日と海に行った日にとうもろこしが出てくる。

あのとうもろこしこそ、「中南米の古代文明において神と崇められ、現代の巨大アグリビジネスの勃興を促した」(*1)のであり、今のような家族や社会に変えてしまった象徴的なものなのだ。とうもろこし、産業の発展と文明は、神の不在とムラ社会の崩壊、家族の喪失をもたらした。聖書のリンゴ、文明のとうもろこし、なのではないのだろうか。

黄色い湯がいただけのとうもろこし、海では醤油をつけて焼いたとうもろこし、この変化もボクたちの生活の変化を表現している。それは良いことなのか悪いことなのかは別として、生きることを複雑にして超個人主義の社会構造を構築した禁断の果実ということなのだ。

その禁断の食物を手に入れたボクたちは、全ての所有権(それは土地というものに象徴されるのだけれど)を手放し、さらにグローバリゼーションなんて大規模な制度の中でしか生きる術をなくしてしまった。もう戻れない。ボクたちは幸か不幸かその大規模な制度(正体は国家だったりするのだけれど)で定義され存在する。家族を国家に万引きされてしまったのだ。それこそが国枝監督の表現したとうもろこしなのだ。

なんて酔った勢いで書いてみたのだけれど、まるっきり間違ってもいないと思うし、実はまじめに時間をかけて「とうもろこし論」を考えてみたいと思ったりしている。たぶん、是枝監督のとうもろこしの演出はボクの考え方に間違いないと思っている。だってあのとうもろこしってのはとても印象的だったんだし・・・。そして黄色の服も・・・。

さてともう一回見るか。

(*1)トウモロコシの世界史 - 【悠書館】人文書、自然科学書、レファレンスなどを出版しております

万引き家族 Amazon Prime Video
田原市兄弟殺人事件物語
「うるせーな」

夢から引きずり出された苛立ちに正和は弟の雄二に聞こえるような大きい声で言った。
田原市内の自動車工場で派遣社員として働いている雄二は、二直(夕方出勤の深夜終業の勤務形態)が終わってからコンビニで時間をつぶしてから帰宅した直後のことだった。「オレだって気を使ってこの時間に帰ってるんだよ」

控えめに言ったつもりだった。兄弟とその母親の三人暮らし。兄弟で建てた家だった。兄も市内の自動車工場に勤めていた。兄は正社員だったが、ちょうど一年前の、こんな梅雨空の日に、会社に行くことが嫌になって、そのまま辞職してしまった。その時から無職のまま。その時から少しココロを病んでしまっていた。

「お前さ、派遣のくせにえらそうなこと言ってんじゃないよ。今の生産台数ならもう少し早く帰ってこれるだろ。残業があったのか」

兄の指摘は正しかった。正しかったのだけれど「気を使って」払暁の鳥の声を聞いてから帰るのが習慣になっていた。

「オレだって頑張ってんだよ」
少し早口で言った。兄弟喧嘩なんてのはしたことがなかった。弟の雄二の繊細さがそれを避けていたし、兄がほとんどの資金をだして建てた家に住んでいるということや、そのためにココロを病んだ、それは雄二の責任でもある。そんな負い目もまた喧嘩を避けさせていた。

ただ今日は少し違っていた。七夕の夕食時に兄の正和から聞いた彼の現役のころのボーナスの額と、それを自慢する兄、感謝する母親。そしてその自慢は弟の雄二の低賃金を際立たせていた。

「今は無職のくせに」心の中で呪った。

でも何も言えなかった。

何も言えない自分に対して、それは幼いころからあった兄に対するコンプレックスの系譜だとしても、嫌悪感が、それもいつものことだったのだけれど、胃の中に充満してきて、疼痛を伴った吐き気になっていた。

その気持ち悪さは日ごとに増していった。

「オレだって気を使ってんだよ」もう一度そう言ったあとに、雄二は兄の部屋の前を素通りして台所に行く。これはいつもの通りの行動だった。

冷蔵庫にあるビールを飲む。これもいつもの通りの規則正しい行動だった。

飲み干す。

胃液の逆流、アルコールが頭痛を増幅させた。

包丁を握った。

そのまま兄の部屋へ押し入ると、寝ている背中を刺した。

「おい、なにしてんだよ。バカかよ。誰のおかげで生きていると思ってんだ」

立ち上がろうとする兄の胸のあたりを刺した。そして切りつけた。

「おい」そのまま兄は倒れた。

呆然となって眺めていた。俯瞰していたといったほうが良いのだろう。遠い昔のこと、仲の良かった子どもの頃のことが思い出された。喧嘩しなかったのは、自慢の兄だったからだったことを想い出した。

兄の背中を追っている自分が見えた。その背中からは、今は、赤い血が流れ出ている。

涙が流れてきた。懺悔の涙ではなかった。後悔の涙でもなかった。もう届かない遠い過去への決別とか、それを喪失した寂寞感なのだろう、ただただ涙が流れてきた。

そのまま雄二は近くの駐車場に止めていた車に乗り込んだ。逃げる、という意思はもってなかったし、そういった感覚さえもなかった。ただ、昔、家族と行った、その遠い過去に兄と行った場所へ車を走らせた。

その場所は容易に思いついた。そしてそこはまた雄二自身の未来へと決別の場所だった。


#なんとなく、そんな妄想してしまった。嫌な事件が起きたね。兄弟の確執ほどやっかいなものはない。ボクが言うのだから間違いない。

田原市殺人事件の逃走犯人は弟(次男)か、現場や犯行動機とは?山田雅和さん死亡 | トレンドうさぎ

田原海岸 吉胡樋門
田原海岸 吉胡樋門
梅雨の晴れ間に
風景は・・・
10年やそこいらでは、変わらないし、変わってもくれない・・・。

それは良いことなんだろうか?
あるいはそんなことは考えることでもないのだろうか?

慢性的な寝不足は相変わらずで、パッカー車の圧縮音を合図に泥の中から這いあがる直前は決まってあの頃のことが思い出されてそれがさらに身体の均衡感覚を絶望的にさせる。廃屋に這う蔦の緑のような天井。

ボクたちの留め金をはずして目前に迫った別離こそがその夢の正体だとしてもその圧倒的な哀しさの前では無力。

問題はコトバ。課題もコトバ。出逢いもコトバ。別れさへも・・・。

「あ、また青臭いこと言っちゃたね」

ココロはコトバでしか抱擁できない。

「あ、また分かったようなこと言って」

大人しそうな人たちが待合室に並んでいる。

「大丈夫ですよ」

なにも変わってはいないし、なにも変わりはしないんだから・・・。

それほど人は無力なんだし。

ただ少しだけ寝不足なだけで。そして夢見が悪いだけで。それよりなにより世間とやらに適応できないだけでその世間とやらも待合室の広さしかなくそこでもなお廃屋の緑が広がっているほどの空間なのだから。

ボクたちはただ少しだけキチンと眠ることができたらボクたちの目の前にいる大人しそうな人たちに戻って無力さをムシャムシャ食べつくしてなお欠伸をしているような手順で生きていけるのだし・・・。

「あ、また酔っぱらってるね」

山のれすとらん さかた 振草川の鮎
振草川の鮎を食べた。15センチほどが美味しいらしい。
事前確定運賃 タクシー業界のバカな人たち
タクシーの事前確定運賃の認可申請が7月から始まっているらしい。

「一般乗用旅客自動車運送事業の事前確定運賃に関する認可申請の取扱いについて」
一般乗用旅客自動車運送事業の事前確定運賃に関する認可申請の取扱いについて
国交省から発表されている申請に関する資料を読んでみた。

「渋滞やメーターを気にせずタクシーを利用できます」ということで実証実験までしたわりには、通信業者の「ギガ放題」「かけ放題」なんて「気にせずに利用できる」制度ではなく、やっぱりいつもの通り利用者よりも業者を保護する内容のもの、のように感じてしまう。

その最たるものが「係数」で、これまでの距離運賃(正確には電子地図上で測定した距離)に、曜日時間帯の係数を乗したものが運賃になる、ということだ。

ええ、ちょっと待って、その係数ってのは・・・。
曜日、時間帯(1時間ごと)ごとに、申請期間における全申請事業者の実績年度の総運賃収入額(総運送収入額から料金等の額を除いたもの。)を、全申請事業者の実績年度の総実車距離等から算定した推計総距離制運賃額(時間距離併用制運賃を除くこととし、全申請事業者の実績年度の総初乗り運賃収入額を考慮するものとする。)で除して各区分の係数(以下「統一係数」という。)を定めることとする。

らしい。

要するに、(迎車料金や早朝料金と貸切などの時間距離併用運賃を除いた)曜日別時間帯別総運賃を、全時間帯の推計総距離制運賃額で割った数値(係数)を出すってことか。平日の10時〜15時ぐらいは混雑しないので安くて、朝夕の混雑時は高くなる・・・それを見込んで運賃を決める。

ってことは、係数がマイナスになるってこともあるのではないのか。としても、それは係数1.0に設定して、ほとんどの曜日時間帯で1.0以上になってしまうってことなんだろうか。

ボクたち乗務員にはありがたいことだと思うのだが(だってその距離運賃に係数が掛けられるのだろうから)、でもそれって、利用者目線なのだろうか。もともと解かり難いタクシー運賃からの脱却をまざした「気にせずにタクシーを利用」するために、という理念と反するような。

まあ、前にも書いたけれど、目的はすべてのモビリティをパッケージ販売するというようなMaaS構築だったりするのだろうけれど、どうしてこうもわけの分からない方法を考えつくんだろうか?

単純に距離制だけで良いんじゃないのか?

要するにこれも規制をかけるってことで、その係数を算出できるメーターなりソフトがなければ運賃輸送できませんよってことなんだろうけれど。「事前確定運賃を設定しても、おまいら素人には計算できないような仕組みにするもんね」なんて国交省の意気ごみの表れなんだろうか?

わかりにくい、というよりも、その胡散臭さがいつまでも業界につきまとっていて、業界の発展を阻害する。

誰にでもわかりやすいような運賃体系にしないと、いつまでたっても「メーターを気にせずタクシーを利用できます」なんてことは夢のまた夢。係数という規制のように感じてしまうんだが・・・。

お客様「昼間より高いじゃないかよ〜」
ボク「あ、すみません、係数が違うもんで」
お客様「ケイスウ、歌手の?」
ボク「係数ですよ。桂銀淑じゃなくて」
お客様「誰?」
ボク「いえ、なんでも」
お客様「とにかく、どうなってるんだ。責任者出せ」
ボク「すみません、事前確定運賃なんでメーターを事前に切ることもできなんで」
お客様「なに〜、前はそのあたりで切ってくれてたんじゃないのか」
ボク「すみません、確定しているもんで」
お客様「じゃあキャンセルじゃ。事後キャンセル。キャンセル料払えば良いんだろ」
ボク「かんべんしてくださいよ。もう確定しているんで、キャンセルでもご乗車から確定しているんで」
お客様「昼間の運賃しか払わんぞ」
ボク「じゃあ、それで結構なんで。でもここまでですよ」
お客様「おいおい、まだ家まで1キロもあるぞ。オレを殺す気か」
ボク「事前確定運賃なんで。ケイスウなんで」
お客様「だから、誰が桂銀淑なんだって」
ボク「桂銀淑(ケイウンスク)知っとるんか〜い」

・・・・・・。

報道発表資料:渋滞やメーターを気にせずタクシーを利用できます - 国土交通省

東海交通 セドリック
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...