トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

タクシー会社への就職を無料支援
「就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業」が厚生労働省委託事業として、始まっている。
就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業
就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業

「二種免許取得から希望の職場のマッチングまでしっかりサポート」してくれるそうで、35歳から54歳までの方が対象だそうだ。

タクシー運転手になろうと考えている方には朗報だろう。

ほとんどのタクシー会社では「養成制度」という、入社してから二種免許を会社費用で取得する制度があるのだが、「2年以内に退職した場合は」などの条件付きでの費用の返済を求める事業者もある。

法的拘束力の有無とは別に、その返済が次なる転職の足かせになる場合もあり、従業員の不利益になる場合のほうが多い。携帯会社の「2年しばり」のようなものなのだ・・・。

職業訓練としてタクシーを行うことの有効性は、7年ほどまえにこのブログに書いたので、それを再掲しておく。
若者の職業訓練、タクシーどうでしょう?
補正予算につけられた600億円の若者の職業訓練に対する予算をタクシー業界に使わせていただくというのはどうだろうか。二種免許も無料で取得してもらい、月々の給料プラス15万円を支払うということにすれば、若者もこの業界に入ってくる。タクシー会社にしても、願ったりかなったりの制度なのだ。

セーフティネットとしてのタクシー業界
多くの中高年の雇用難民がタクシードライバーとして新しい人生を歩んでいる。そういう意味ではタクシー業界はセーフティネットとなっているのだ。厚労省もそろそろ「パソコン」と「介護」だけの職業訓練を見直して「二種免許」や「運送」なんて講座も増やしてもらいたいと思うのだ。

タクシー運転手は、けっして楽で誰にでもできる仕事ではない。この事業で宣伝されているように「自由度が高いから、働きやすさは抜群!」だとしても、それなりに稼ぐには、やはり長時間労働も不可欠だ。

それに相変わらず不当な乗務員負担や前のエントリーで書いたように、労働基準関係法令違反の事業所も多く、その「働きやすさは抜群!」な整備がまにあっていないところも多い。

さらにこれまでのように「自由度が高い」職業ではなく、タクシーのDX化が進むほど業務の細分化が行われると、人を乗せて降ろすだけの職業ではなくなる。この半年で、フードデリバリのような貨物輸送事業も始まった。この地方でも、デマンドタクシー、コミュバス、マタニティ、安心見守り、自由度はそれほど高くはなくなってきている。

しかし、だからこそ、ボクたちはさらに必要とされるエッセンシャルワーカーとして、これまで以上に必要とされる。多くの人の自由度の高い移動のために、必要とされる。移動を通じて公共の福祉を増進すること、それこそがそもそもボクたちの職業の目的なのだから。

そういうことも含めて、これから面白くなる職業ではある。そうして、これまで以上に広く多く深く必要とされる職業になるだろうと確信している。そのために、若い人たちの力も必要なのだ。そう考えると、この制度を使って、どうだろう、やるか?

短期資格等取得支援プログラムのご案内

道路運送法第一条「…道路運送利用者の利益の保護及びその利便の増進を図るとともに、道路運送の総合的な発達を図り、もって公共の福祉を増進することを目的とする」
犯人は誰だ
いくつかの別離を経験してきました。

別れることと出逢うことを繰り返しながら、胸の鼓動のように流れる日々を、右左右左右左・・・生きているのでしょう。

職業も同じだろうと思います。「素敵な会社だな」なんて思って入ってみたものの、別れはやってくる・・・。恋人たちのように、時には憎しみ合いながら・・・。

「自動車運転者を使用する事業場に対する平成31年・令和元年の監督指導、送検等の状況」が厚生労働省から発表されていました。
自動車運転者を使用する事業場に対する平成31年・令和元年の監督指導、送検等の状況を公表します

91.3%もの労働基準関係法令違反事業場数がタクシー業界にあったそうです。「叩けば埃の出る」業界と言われてもしかたがないのが、ボクたちの住むタクシー業界のようです。

自動車運転者を使用する事業場に対する監督指導、送検等の状況
自動車運転者を使用する事業場に対する監督指導、送検等の状況
自動車運転者を使用する事業場に対する 監督指導、送検等の状況(平成31年・令和元年)

主な違反事項として「労働時間(49.8%)」「割増賃金(33.4%)」「休日(4.3%)」で、確かに方面(監督署の監督課)の方々もプロなので、手ぶらでは帰りにくいのでしょう。それを加味しても、この数字には驚かされます。そして、それらの違反に、例えば、誰も気づかなかったか、それとも、気づいていたけれど言えなかったのか、あるいは、もうそれが当たり前になっていたのか・・・、なんて考えています。

タクシー業界にも、乗務員、運行管理者、経営側、労働組合なんて、組織として管理監督するシステムがあるにもかかわらずこういった状況というのは、いったいどういうことなんでしょうか。内部統制やコーポレート・ガバナンスなんて言葉だけは一人前に使っていたとしても、ガバナンスできていないから、叩けば誇りが出る体質になってしまっているのではないのでしょうか。違反ありき、やったもん勝ち、営収第一主義、そういった悪しき業界風土が、風通しを悪くしているのではないのでしょうか。

いえ、これは、なにも業界風土やブラック企業ということだけではなくて、ボクたちの無知にもあると思います。また、運行管理者の質の悪さや資格や講習の甘さなんてこともあるかもしれません。

でもね、全員が犯人だとしても、被害者はいつもタクシー運転手、乗務員なのです。割増賃金未払、最低賃金未払、不当な乗務員負担・・・。いつも、傷つくのは乗務員なのです。

そして傷つき、憎しみ、別れる・・・。残されたボクたちは、TLに流れる別離のツイートを哀しい気持ちで、読んでいる。

コロナ禍のタクシー業界(この半年間の個人的まとめ)
4月、5月は、非常事態宣言、外出自粛、休業要請などがあり、夜の街がゴーストタウン化したような「これまで経験したことがないひどさ」だったのだけれど、6月11日の東京アラートが解除されると、少しずつではあるが、人の動きも活発化していった。

7月になると、特別給付金10万円が支給されたこともあり、また自粛の反動からか、週末は前年並みの日車営収を上げることもあり、やっと春が来たと感じていた。

日車営収の上昇の要因はそれだけではなく、各社が雇用調整助成金を利用し30%〜50%供給量を減らしたことにもある。供給不足が「年末の忙しさ」を生んだ。

そういった忙しや、雇用調整助成金による休業手当もあって、私たちの賃金は前年比50%という会社の営収よりも高い前年比70%〜80%に保たれていた。

その会社と私たちの収入差から、経営に対する感覚のズレが生じ、それがその後の全体の営収の鈍化に繋がったと、個人的には分析している。そのことについては、稿を改める。

7月は、その活発化した人の動きからなのか、過去最高の感染者数になった。そして8月にはさらにその1.8倍もの数字を記録した。その感染者数の増減がそのまま、タクシー業界の営収として現れている。発表される数字が安全指数となって、人の動きを制御している、そんな感じを受けた。

9月になると、新たな感染者数の減少、Gotoキャンペーンなどで、いったん落ち込んだ数字が上昇に転じる。感染者が増えない安心感と、あきらめ、そこにキャンペーンが外出を後押し、タクシー利用者も増えている。

そんな感じで、この半年が過ぎていった。

さて、そういった状況の中で、地方のタクシー業界の明暗を分けたたったひとつのことといえば、それは、固定客の多さだ。

当たり前のことだろうし、パレートの法則通り、2割の顧客が8割の売上を生み出す・・・。

タクシー業界の固定客といえば、電話で配車を依頼する顧客だ。コロナ禍と言えども、人は動かなければならない。病院や買物・・・。

人の動きが止まると、いくら駅で待っていても、いくら流しても、お客様はいない。ところが、固定客の多い会社はその固定客への配車がある。配車率の高い事業者が一番先に立ち直ったはずだ。

JR東海の通期赤字が1000億円だったそうだ。中長距離の移動の必要がなくても、人は自宅に引きこもっているわけにはいかない。エッシェンシャルワーカーとして、タクシーに求められるものは、ドアツードアの短距離の移動になるのだろうと思う。今までのように営業距離数だけではなく、配車率×実車率がwith コロナなのだ。

まあ、そんなことはとうのとっくに解っているか。そんな感じで、街にはイルミネーション、一年で一番忙しい年末がやってくるのだ。

新型コロナウイルスの影響によるタクシーの営業収入の変化
新型コロナウイルスの影響によるタクシーの営業収入の変化(東京交通新聞のデータをグラフにしました)
市長選と集団感染と私たちの賃金
豊橋市の集団感染が起きて、小学校と中学校が臨時休校になった。

もう逃げ場がないぐらいに、感染する危険はいたるところにあることは解かっていても、こうも近くで集団感染が起きてしまっては、夜の海を泳いだ時に感じた不気味さ、その恐怖を感じたりしている。

GoToトラベルキャンペーンや、GoTo Eats が奏功していたのだろう、街は少しずつではあるが、賑わいを取り戻していた。というよりも、市況はコロナに対する施策と感染者数に敏感に左右されている。10万円の特別給付金が支給されたりキャンペーンが始めれば増える、感染者数が増えれば鈍る。

下の図は今年になってからの個人的なタクシーの営業収入グラフだ。

コロナ禍におけるタクシー営業収入

昨年は、この10年間で最も売り上げがよかった年だった。その勢いで1月は前年度比+10%のスタートだった。2月±0、コロナ感染症が報道され始め、3月3日には蒲郡市で感染者が出たと報道され、翌日には同じく蒲郡市で「ウイルスばらまき男」が出てからは、少しずつ人の動きが鈍くなり、3月は結局64%。豊橋市での1例目の感染者患者の発表があった4月2日、4月7日の緊急事態宣言発令、そこから、4月28%、5月26%と底をついてしまった。

乗務員は雇用調整助成金による休業手当が支給されたため、賃金は60%〜80%程度は確保できたとしても、会社はこの2か月はなにか得体のしれない闇を感じていたのかもしれない。

下の図は東京交通新聞(10月19日付)の「新型コロナウイルスの影響によるタクシーの営業収入の変化」のデータをグラフ化したものだが、同じような傾きをしている。

新型コロナウイルスの影響によるタクシーの営業収入の変化

緊急事態宣言が解除された5月中旬からは、人出も少しずつ回復基調にあり、特別給付金が支給されると繁華街は年末のような忙しさが戻って来た。しかしそれと同時に感染者数も増加し始め、7月には65%まで戻っていた営業収入が、8月には40%にまた落ちてしまった。

7月8月の第2波が終わり感染者数の発表が減ると、営収も増えてきていた。その9月は51%、10月には70%にまで回復してきていた。

そこに集団感染だ。グラフの赤い点線の予想をしていたのだが、それはどうも怪しくなって11月12月は前年比70%程度で推移するのではないかと考えている。ただ、3月や4月の時のようなコロナウイルスに対する恐怖は薄れてはいるようだし、GoToや各自治体のキャンペーンがその恐れをさらに希釈していると考えると、もう少し伸びるかもしれない、そう考えている。しかし、忘年会が自粛されるだろうから、70%を割ることも想像に難しくない。

先週と今週の週末に悪かったのは、集団感染だけではなくて市長選があったからだろうと少し楽観視している。いわゆる選挙不況が同時に重なったので、思った以上に悪かった、そう考えたい。市長選の結果がどうであれ、この状況を一気に変えられるとは考えられないとしても、これ以上は悪くならないと、これまた、そう考えたい。市長選よりはアメリカ大統領選の結果のほうが、市況に影響を及ぼすのだろうし・・・。

希望的に年末年始にかけて、前年比80%に近づいてくれれば吉。

タクシー運転手の賃金は、同一労働同一賃金と言われる中、事業者ごと、いや、同一企業でも別賃金制度という、カオス状態にある。複雑だ。

その複雑な賃金は、そもそも低賃金のうえに、このコロナ禍でさらに低いものになっている。雇用調整助成金による休業込の賃金なので、なにかお得感があるだけで、賃金も前年比で70〜80%の人が多いのだろう。

もうそろそろ、不当な乗務員負担を一掃し、分かりやすい賃金制度にしないと、というか、ボクたちの地位向上のために、何かを変えなければならない時期なんだろうけれど、その話は、また改めて、ということで、ボクたちは市長選が終わっても、感染が終息しても、after あるいは、withコロナにしろ、今のシステムではどうも生き延びれないなあ、というのが、ボクのタクシー業界の明日に対する思いなのだ。

豊橋市長選挙2020に行こう
豊橋市長選挙がどうして11月に行われているか、ということを、つい最近知った。

アメリカ大統領選、豊橋市でのコロナ集団感染、そしてコロナ禍、不安だらけの明日・・・、そんな中で市長選挙は本日投票日。



というボクはというと、期日前投票をしているので、あとは結果を聞くだけ(見るだけ)になっています。



豊橋市長選挙2020
https://youtu.be/oa9gtBbIdm8

豊橋市長選 期日前投票
マスク着用義務とやさしさについて
Twitterにも書いたんだけれど、要するにに、この問題って、運送約款を変更して義務化して乗車拒否が出来るようにすることが「良い」ことではなくて、人としてのふるまいの話なんだと思う。

なにも、「外出時は常に着用」なんて言っているのではなくて、タクシー車内という狭い密室だけでもいいから、着用をしていただければとお願いしているだけの話なのだ。たった十数分、長くても1〜2時間の話なんだろうし。そんなに難しい話ではなくて、そしてマスクの科学的有用性なんて議論をすることでもなくて、さらにはお互いの生き方や宗教観な話をしているわけでもないんだけれど・・・。



義務化や乗車拒否なんて、強い言葉や法ではなくて、優しさや思いやりで解決できることがあるということまでも、忘れてしまっては、この災禍の中、いよいよ息苦しくなるばかりで、それはマスクを着けることが原因ではなくて、息苦しさの原因は、情をなくしてしまったボクたちの生き方の問題だろうと、考えているんだが・・・。

働きやすい職場認定制度
マスク着用をお願いします。私たちの働きやすい職場構築のために・・・。
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly