トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

規制改革推進会議 少子化等を背景に運転手不足が深刻化しいる、のだろうか?
労働基準監督官業務が民間委託されると、これまで以上に厳しいものになるので、長時間労働やサービス残業への抑止力にはなるだろう。ちょうど駐車違反の取り締まりの民間委託をイメージしている。成績がすべて、なんてことになると(現状の警察業務もそうなんだろうけれど)なにがなんでも、それこそ忖度なしで、取締るに決まっている。「三六協定の協定時間より30分超えてますよっ!!」なんてことでブラックリスト企業に記載されることもあり得る。

「共謀罪」よりはそのことのほうが経営者にとっては深刻な問題なのだろう。

その規制改革推進会議の「規制改革推進に関する第1次答申」の中には、タクシー業界のことも数件あって、例えば「ICT、AI等の技術革新を活かした旅客運送事業等の規制改革」や「第二種運転免許受験資格」というものがある。

その 第二種運転免許受験資格については、現行は21歳以上と経験3年以上という要件で、(それだけで十分かということはことは常に問題視されつつも)運転手としての資質などを担保している。

しかしながら、その最低限、最速の要件で第二種運転免許を取得しタクシー運転手を希望する若者はほとんどいなくて、ボクのように、あるいはボクのまわりの運転手のように、40歳を過ぎてから取得し入職する人が圧倒的に多い。

答申書では運転手不足を「高齢化や、高齢運転手の運転免許返納が進む中、地方を中心に、公共交通需要の増
加が見込まれる一方、少子化等を背景に運転手不足が深刻化している」からだとしているが、その少子化等とはいったいどういった背景なのか、少子化が運転手不足の直接的要因なのだろうか、ボクには全くもって理解できないでいる。

過剰供給で特定地域を指定して減車、それも強制力を持ったものにするほど、街はタクシーであふれているのではないのか?それは特定地域という都会だけの話だとしても、だとすると二種免の年齢要件を引き下げたとしても、どれほど有効なのか疑問なのだ。

やってみなければわからない、と簡単に実行していいぐらい、その資質という(安全や安心なんてもの)は単純に容易に担保できるのだろうか?

業界からそういった意見や要望が提出されているのだろうと思うと、それは逆に業界の嫌悪し憎悪してやまないUberなどのシェアライドを側面で容認することになるのではないのだろうか。だって業界のいう安全や安心なんてものがどんどん軽量化するのだから。

運転手不足が深刻化している理由は、たったひとつ、ボクたちの職業が長時間労働で危険なわりに収入が少ないからなのだ。若者が、夢も希望もない職業に、そして彼らが求めれれている地方では収入がさらに少なくワーキングプア確実な業種に喜んで入職するのだろうか?

いまだに「雲助」や「運ちゃん」なんて蔑視されるボクたちに、社会貢献とか公共性なんてものを説いたとしても、それは業界や社会や国がボクたちを利用する、いや洗脳する教義みたいなものなのだ。

平成28年のタクシー運転手の年間賃金は、前年より7.2%、22万2500円増えたとしても、322万100円、全産業平均の549万円とは217万円ほど差がある。322万円なんて聞こえがいいが、規制改革推進会議の言う運転手が不足している地方においては、例えば安倍首相の故郷、山口県では223万円なのだ。

そんな最悪な労働環境の中へ若者を誘導する。これこそ国家と業界による組織犯罪じゃないのだろうか?

耳ざわりの良い言葉で勧誘し、そして使い捨てる。そう、まるで非正規雇用を増やしたときと同じ手口なのだ。たしかに運転手が不足して深刻化している。しかし、入り口を広げるという強引な手口ではそれは解決されることはない。格差を拡大し貧困層を増加し、少子化スパイラルの悪循環に国家を陥れるだけのことなのだ。

まずはボクたちの労働環境を改善すること、全産業との賃金格差200万円もあることのほうが問題なのだ。(もう人権問題といってもいいほどなんだが)それを是正するための改革こそが喫緊の国家的課題なのだ。

それができないのであれば、それこそ「岩盤規制改革に徹底的に取り組み、イノベーションが可能にする魅力的なビジネスを世界に先駆けて実現」してほしい。そして「高齢化や、高齢運転手の運転免許返納が進む中、地方を中心に、公共交通需要の増加」する地方のために、業界は身を引いてほしいと願う。ボクたちも、それが世のため国のためならば、敢えて身を引く覚悟はある。

国破れて業界あり。そうならないために。

規制改革推進に関する第1次答申

自動車運転者(男)の賃金の推移
自動車運転者(男)の賃金の推移
「トラック、バス、タクシードライバー 魅力・情報発信サイト」が魅力がない件
テレビのスイッチを切った。
そういえば暇な時間に、というか、寝ている時間にでさえも、テレビの電源が入っていて、その画面の向こうから誰かがボクに向かって話しかけていたりする。

少し前に、テレビがボクのアパートにやってきた。それまでテレビのない生活をしていたものだから、なんだか新しい家族ができたように思えて、ついついいつもしゃべらせておいた。いつのまにかボクは多弁な同居人の虜になってしまっていて、沈黙の空間にストレスを感じるようになってしまっていた。中毒ってやつだ。

 ロアルド・ダールの詩『テレビ』は、このことをよく表している。「だから、お願いです、後生ですから/どうかテレビを捨ててください/そしてその代わりに/壁際に素敵な本棚を置いてください」
これまでよりずっと多くの本を読む8つの方法 | HBR.ORG翻訳マネジメント記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー


今朝、こんな記事を読んで、ふとわれに返った。
そうして、朝、テレビのスイッチを切った。

ボクは、テレビがやってくる前のように、パソコンの前に座っている。そして考えている、テレビと違って寡黙な同居人にもボクは「睡眠術」をかけられ「酔わされて」いるんじゃないのだろうかと。

思っているのだけれど、ボクは、というかボクの脳は自力で物事を考えようとしている。テレビはボクに従順と反抗の二つの立場を取らせようとするだけだった。自力で考えることを常に言葉によって、映像によって、綺麗なアナウンサーによって、阻止していた。

テレビを切って、パソコンの電源を入れて、ネットサーフィン(死語か?)していると、とてもレトロで昭和的なサイトを見つけた。ボクがネットから遠ざかっている間に、こういう雰囲気のサイト構成がポップでアートになったのだろうかと、思ったりもした。

でも、なんだか違う。昔、1998年とかにボクが初めてホームページを作ったときにだって、こんな陳腐な作り方はしなかった。それになんということだHomepage Builder Version 21という最新のヴァージョンで作っている。

いや待てよ(そうそう、こういう風に、テレビと違って、ボクはボク自身の思考を巡らせる)このサイトを見る人たちの視聴者層を予想して、例えばガラケーだったり、古いヴァージョンのOSだったりすることを予想して、こういったシンプルで軽いサイトを作ったに違いない。きっとそうなのだろうと思った。そう思ったとたんに、なんだか少しかなしくもなった。

「ボクたちの業界ってのは」なんて考え始めた。

ずいぶん考えて、ボクはテレビのスイッチを入れた。「ひるおび!」が始まるころだった。やっぱりボクたちはテレビに「睡眠術」をかけられ「酔わされて」生きたほうが楽なんだろうと思った。そう酒のように。ギャンブルのように、ボクたちの生活ってのは、誰かにコントロールされたほうが楽なのだろうと思った。

思ったら、魅力のある業界かもしれないと考え始めた。

★トラック、バス、タクシードライバー 魅力・情報発信サイト
★トラック、バス、タクシードライバー 魅力・情報発信サイト

So please, oh please, we beg, we pray,
Go throw your TV set away,
And in its place you can install
A lovely bookshelf on the wall.
Then fill the shelves with lots of books,

Television Poem by Roald Dahl - Poem Hunter
言葉に乗る
タクシーに乗るときは、緊張する。いい人柄のタクシーでありますようにと、あらかじめお祈りする。国民のだれもが、そうだと思うのである。お祈りしなくてはならないのである。

荒川洋治さんの「言葉に乗る」の一節だ。

きっと国民のだれもが、そうなのだろうと、ボクも思う。その祈りが通じなかった場合にトラブルが起きる。荒川さんのように「災難」だと諦めることの出来る人(諦めることが出来る日)ばかりではない。

そうしてきっとタクシー運転手も、「いい人柄のお客さんでありますように」と、祈っている。タクシーに乗せるときは、緊張するものだ。

タクシーのなかは、言葉の世界である。
・・・・・・
言葉がいいと、タクシーも楽しくなるのである。楽しいとまではいかなくても、気持ちのよいものになる。


「言葉がいい」のだ。そうして「車に乗るのではなくて、言葉に乗るもの」がタクシーであると言う。

読み方によっては、ずいぶんと皮肉に感じる人も多いだろう。たしかに、電車やバスに乗るときに、祈る人はいない。コンビニやスーパーに入るときだってそうだ。タクシーだけは、国民のだれもが「祈らなければならない」し、顧客側がこれほどまでに気を使い言葉を使うサービス業なんてものは・・・あるにはあるけれど、それはどこかでスケベ心がある、例えばスナックとかバーとか・・・あまり多くはない。

荒川さんがこれを書いたのが1998年。19年後の今、タクシーのなかは、沈黙の世界になっている。スマホを見たり、忙しく書類に目を通したり、中にはパソコンを開いてタイピングをしていたりもする。「通信状態がいいと、タクシーも楽しくなる」時代になった。

スマホ配車なんて言葉がなくても乗れる時代にもなった。無言で目的地まで到着し、支払いをする日も近い。

ボクたちは言葉を失おうとしている。それは「言葉に乗る」というタクシー業界にとっては、自殺行為のようでもある。

傲慢で横柄な職業態度こそが、一番の問題なのだ。19年も前から、いやそれ以前からわかっていたことなのだ。そうして業界も行政もそのことを解かっていて、「言葉」を排除しようとしている。言葉さえなければ、国民のだれもが、良質で健全なサービスを享受できる。災難は降りかからない。

タクシー運転手のボクたちがいなくなったとしても、業界は存続する。そうしてスマホ配車に無人運転、それとは別にUberやGoogleが無料送迎なんてものを、きっと19年後に、いやそんなに遠くない将来には運用している。それは国民には良いことなのだろう。災難なんてものはないほうが良いに決まっている。

やっと「車に乗る」時代が来たということなのだ。

荒川洋治「夜のある町で」
「言葉に乗る」の初出は「日本のハイヤー・タクシー」1998年1月号
きっとこうなることを荒川先生は予想していたんだろうね。
渡世
さて、休日もお昼を回ってしまって、そうして洗濯物の向こうにぶら下がっている喪失感なんてものをうらめしく眺めている。

「お誕生日おめでとう」なんて順からの贈り物が届いた。
いつものようにメールで「ありがとう」。電話があるとしても、もうそれはその機能を捨ててしまっては、メール機になってしまっている。

朝起きて、そうしてお昼になって、お腹が空いて、ご飯を食べる。きっとお酒も少し飲んで、昼寝をして、夕方起きて、スーパーに買い物に行って・・・。そうして歳を重ねて・・・。

この春は、そうやってとにかく時間が過ぎてしまった。そうそう、パソコンも新しくなって、カメラのレンズも新調して、華やかなジャケットも買って、気合は十分だったのだけれど、もともとヒキコモリの性質なもんだから、時間の隙間にもぐりこんでしまう。

不規則な生活が、ボクをいっそうヒキコモリにしてしまっているのかもしれない。というか、もう規則正しい生活なんてものは出来ないように思う。朝起きて、夜寝る、そんな当たり前のことが難しい。難しいからといって、それは哀しいことではなくて、ボクのような性質にはタクシー業界がむいていると思う。

いろいろな性質の人がいて、いろいろな仕事や職場があって、それぞれが「むいている」と思うことが出来ることこそが、「働き方」ってことなのだ。夜に働きたい人もいるだろうし、長時間働きたい人もいるだろうし、「一日3時間が限界だよ」なんていう人もいるだろうし、「とにかく人と話したくないんだが」なんて人もいるだろうし。

就業場所や時間だけの問題だけではなくて、定年や離職転職についても、働く人が不利にならないような、働き方の改革が必要なのかなあ、なんて思うと、タクシーとか運送業なんてものはそんな柔軟性のある業界なのだろうと思う。

そうしてボクたちは、そんな業界を残していかなければならないのかな、なんてボンヤリと考えている。

さてと「ひよっこ」見るか。
#「花子とアン」以来の朝ドラなのだ。


ヌーベル月桂冠 
祈り
いつの間にかこんな時間に・・・。
春はやっぱりやってきた・・・。

神よ、わたしに、
慰められるよりも、慰めることを、
理解されることよりも、理解することを、
愛されるよりも、愛することを
望ませてください。

「平和を願う祈り」


なんとなくだけれど、うまく解決されないことがボクの身体の周りにずっとまとわりついていた。洗っても洗っても綺麗にならないことのように、ボクはそのことに悩まされていた。いや解決したというわけではないのだけれど、ボクたちの多くのデキゴトやナヤミゴトは、「洗い流す」というよりも「中和させる」ことによってだけ、解決されるのではなくて忘れ去られる、それだけのことなのだけれど。

花は満開、春は爛漫。

3月にはカタクリの花を何度か見に行った。
阿蘇の雲海をしつこく追いかけた日々を想い出した。一心行の大桜もそろそろ満開かもしれない。その春の柔らかい手がボクの想い出をこっそりと現在と繋げる。

雨の日に桜を見に行った。いつもの公園には、いつものように屋台も出てきたのだけれど、何人かの気が狂った花見客以外は、大雨の日に花見をする情緒を持ち合わせていないのだろうと、思った。

なんとなくだけれど、失語症みたいな症状で、うまく喋れないんだ。まあ、そのほうがシアワセだと思うのだけれど。それほどの元気、というか、自覚症状のある正常さ、なんだろうと思ったり・・・。

さてと、花見で一杯。

石巻のカタクリの花
石巻西川のカタクリ
(3月15日撮影)

石巻のカタクリの花
(3月27日撮影)
プレミアムフライデーとふるさと納税一色町うなぎ旅
「一色うなぎを食べてみたいもんだ」というのが、ふるさと納税を西尾市にした、ひとつの理由だった。うなぎに関しては、ここ豊橋市も有名なのだけれど、「ねえねえ、うなぎ食べた?」なんて話になると、豊橋<一色というのが全国的な認知度らしい。

もうひとつの理由は、税金の使途に「公共交通対策に関する事業」というのがあったからだ。「そうだね、末端ではあるが公共交通で生きているもんね」なんて、思ったからだ。

納税したのが去年のことで、返礼品の食事券「うなぎづくし御膳」が届いたのも去年のことで、忙しさに追われ、ついつい「うなぎ」も「公共交通」も、すっかり忘れていた。部屋の片隅(片隅があるほど広くはないのだけれど)に、チラチラと善意と欲望の食事券が見え隠れしていて、有効期限があることも分かっていたのだけれど、「公共交通対策」が目的だし、一色町は遠いし、それほどうなぎは好物でもないし(お店で食べるのは3年ぶりぐらいの好物度)、なんだかもうどうでもよくなっていた。

どうでもよくなっていたのだけれど、時価6000円程度(たぶん)の食事券だし、プレミアムフライデーだし、外出脅迫症みたいなものまで発症しそうだし、なんてことで、緊褌一番(それほどおおげさでもないのだけれど)、うなぎ旅をした。

ふるさと納税 西尾 うなぎづくし御膳

目的地は、うなぎの聖地である西尾市一色町にあるうなぎの兼光さんだ。兼光養鰻さんが満を持して開店した直営店だ。きっとおいしいに決まっている。なんていっても直営店だ。聖地だ。食べログの評判も良い。

ボクたちは、うなぎの唄を歌いながら、ちょっと興奮しながら、そしてお腹を空かしながら、県道を走った。そうして17時の開店少し前に着いた。はやる気持ちを抑えながら、「開店と同時に入ったらいかにも素人だよ」なんて、うなぎの唄を歌いながら、少しだけ、5分だけ、待った。

うなぎづくし御膳は、きっとボクのような志と善意をもって西尾市に納税している人たちの欲望を満たすために(普通、志と私欲は同居しないのだけれど)、きっとひと肌もふた肌も脱いでいるに違いない兼光社長の肝いりに違いないと思った。(だって、どう考えても、納税額<うなぎづくし御膳なのだ)

一色町 うなぎ兼光 うなぎづくし御膳

ボクたちが「肝十」と名付けた、肝焼きは10匹分の肝が炭火でコンガリと焼かれていて、酒がすすんだ。もちろん日本酒の熱燗だ。うなぎは皮カリに身ホクホク、美味しい。酢味噌で食べたのも初めてだった。ボクは、すっかり酔ってしまっていたのだけれど、うなぎ屋さんで長居なんてのも、なんだか悪い気がしたし、「肝十」の効果なのだろうか「頑張って帰るかあ」なんて精気が出て、帰ることにした。

うなぎの兼光 肝十

もちろん、帰路も、ボクたちはうなぎの唄を歌っていた。そうして、うなぎの兼光さんと西尾市の公共交通政策がうまくいくように祈った。

部屋にたどり着いたボクは、なんとなくまだ酔っていて、そうしてなんとなくまだ歌っている。

うなぎ美味し一色、うなぎづくし兼光〜♪

一色町うなぎ旅は終わり、プレミアムなフライデーの夜もふけてゆく。すべての人が納税に対してプレミアムな感覚を持てるようになることが、嘘っぱちな日を設けるよりも肝要なのだろうと思った。満遍なくプレミアムな日が来ますように・・・。

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...