トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

南相馬ひばりエフエムの閉局で考えたこと
柳美里さんがきっかけだった。

そしてボクは忘れかけていたあの東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のことを思い出した。

南相馬ひばりFMという南相馬市の臨時災害放送局のことだ。豊橋市に住んでいるボクが、その放送局の番組を聴いている。そのことが現在の情報の在り方、というか、情報とボクたちの接し方だろうし、こうした方法こそが巨大化し分散化する情報、そうして価値へのアプローチのしかたなのだろうと思う。

ボクたちは、ふとしたきっかけで、繋がってしまう。テレビから垂れ流される巨大な宣伝からではないもう少し血の通った人の温もりのする生の声を信じるようになっている。信じるようになっている、というよりも、そのほうを重要視するようになっている。

その南相馬ひばりエフエムが閉局するそうだ。
お疲れさま...「災害FM」閉局へ 地元密着放送局に大きな転機:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

おそらく「運営には復興庁の復興交付金を活用しているが、年間約2500万円がかかる」ことにたいしての効果の問題なのだろう。その地域に住む人たちにとっては、それは重大な問題であるのだろうし、ボクが軽々に「反対」なんて言うことも出来ない問題だと思うのだけれど、テレビから垂れ流される奇妙な番組の制作費のことと比較するときにそれって安いんじゃないと思うんだけれど・・・。(必要度とか重要度なんてのは人それぞれ違うので、その価値や製作費の多寡はなんともなんだけれど、個人的には奇妙なテレビ番組を作るより、とか、モリカケ問題で使われた税金に比べると、なんて考えている)

その効果の問題に関して言えば、「臨時災害放送局」という役割よりも、現在はボクのような南相馬を知りたい人たちや、そうして何か出来ないかと願う人たち、そうして柳美里さんのファンの人たちにとっては必要なラジオ局になっていて、違った意味を、派生した意味をすでに持っている。ということを気づいているのだろうか?

ゆるキャラよりも、どこかの自治体の奇妙な宣伝動画やCMよりは効果があるのではないのかと思っている。

それに今後、放送をきっかけに移住する人たちが出てきたり、フルハウスプロジェクトが起点となって、そのプロジェクトをきっかけに移住する人も、そうして「世界一美しい場所」が多くの人の手によって創られると思う。
フルハウスプロジェクト(@odaka_fullhouse)さん | Twitter

そんな現状を考えると、放送局が閉局されることの損害や弊害は計り知れない。「臨時災害放送局」というよりも地域振興、少子高齢化、雇用問題、なんてものとすでに深くリンクしている、と思うのだ。

また効果のことを考えると、企業はこうした放送局のスポンサーになるということで社会貢献するという経営思想も必要なのではないかと、それも企業の社会的責任ではないのかと、思う。

いろいろな方法がある。実はそれもボクたちは南相馬市から学んだのだけれど・・・。




こんな情報も南相馬エフエムのTwitterで知り、そうしてタクシー運転手としてボクたちの可能性を知ることになったりするんだが。

福島 | トヨタ期間従業員に行こう

除染作業員募集 | トヨタ期間従業員に行こう
生産性と公共性
仕事初めだそうだ。

とは言っても、街にはまだ除夜の鐘の余韻が残っている。冷えた空気がくるぶし辺りの厚さで地の底を這っている。学生たちがいないもんだから、その冷気は攪拌され太陽と混ざることなくお昼を過ぎた今も同じ厚さで地面を覆いつくしている。

ボクたちの仕事、タクシーが公共交通機関という公共性のあるものならば、生産性とは相反するのではないだろうか。それにサービス業というものと生産性なんてものは相いれないものではないかと考えている。

UD元年、ボクたちはなにもライドシェア対策のためにユニバーサルデザイン(UD)タクシーを導入し、まるで地デジの時のように強制的にJapan Taxiに乗り換えるのではないと思うのだ。

ボクたちの仕事は、交通弱者を救うことにある。健康で動ける人は、徒歩で、バスで、電車で、自らが運転して移動できる。歩くことができない、バス停まで行くのが難しい、電車に乗るのが危険な、免許証を返納した、そんな老人や病人や身体の不自由な人たちの移動のためにボクたちは存在するのではないのだろうか。

いつからボクたちは利益だけを追求し、生産性を貴ぶようになったのだろうか。

公共性と生産性が相いれないものだからこそ、規制で保護されていて、「総括原価方式」という方法で運賃設定されていて、そもそも損をしない仕組みになっているのではないのか。

そうしたうえで公正な1日の労働に対する公正な1日の賃金をボクたちは支払われているはずなのだ。企業が損をしない仕組みならば、ボクたちも損をしない賃金であるはずなのに、なぜか公共性は毀損され利益は弱者に還元されず、ボクたちは何年たっても貧しい。そうしてその弱者を守るための業界が、業界を守るために「ライドシェア対策の深度化する項目として『タクシーサービスのさらなる高度化策の検討』」なんてものを施策する。

利用客や弱者、ボクたちのことよりも、業界を守るために「公共」を説く。そうして「公共」という名のもとに「生産性」を追求し、公益ということを忘れ去り、業界の利益だけのために、企業の利己だけのために、哲学なき、思想なき経営を行う。

それが業界の真実だとすれば、業界こそが退場すべきではないかと、思っているんだが。

蓬莱泉 新春初しぼり
蓬莱泉 新春初しぼり2018戊戌
今年も酔って生きているということを実感する。
鬼畜
イブとクリスマスに「鬼畜」を観る。
イブの夜はテレビ朝日で放映されたドラマ版、クリスマスの夜は1978年、野村芳太郎監督の映画版を観た。

ネット上では、クリスマスイブの夜に放映することの是非を問う(そこまで大げさではないけれど)ツイートもあった。なるほど。
原作は読んでないのだけれど、季節な夏、「汗」が繰り返し繰り返し写し出されて低い音程が底から忍び寄るように聴覚化される。汗のもつメタファーの象徴的な出来事が、仕事でありセックスである。その時代と人間の業が「汗」に象徴化される時に、「徒弟制度」や「妾」、あるいは「虐待」や「子殺し」といった物語が質量を持って伝わり流れる。

そういった時代。高度成長という例えば東京オリンピックのために、例えば新幹線開通のために、貧困や差別が際立つ時代の一場面を映画は写し出そうとする。ドラマはその表現の限界を知らせようとする。

一見物足りなさを感じるぼんやりした時代背景やリアリティの希薄さは、実はその物足りなさを感じさせることによって、差別とか貧困、虐待というテーマの輪郭を強調する手段だ。だとすれば、脚本の竹山洋さん、和泉聖治監督の手法は巧い。想像させる、ということにおいて巧妙だということ。

クリスマスに放映するということは、「大変な事態を起こすこともある」という意味の本当の意味、人は喰らう、欲望は果てしなく、そのために、利己のために、なんでもするし出来るということを、イブの日に、終わらない戦争や差別、貧困や格差を続けて考えさせられるドラマだった。その喰らうために大変な事態は起こっている、のだ。

というボクの主観的ドラマ評なんだけれど、まあ、そういう意味もあるのだろうけれど、その「汗」の季節、夏に放映予定だったのだろうけれど、医者役で登場していた橋爪功さんの息子さんの事件があったので延期になったのと、そして「清張がこの衝撃作を書き綴ってから60年」と「没後25年」という年でもあるので、どうしても今年中に放映したかったということも、考えられる・・・。

とにかく、クリスマスイブにピッタリなドラマだったと、ボクも思った。それは、また、クリぼっちな、欲のない、連夜「鬼畜」を見るようなボクたちに、ピッタリなドラマだったとも言えるのだろうね、きっと。


鬼畜

豊橋市民であるのに「陸王」見なくてすまん。一回も見なかったのは「鬼畜」なのかもしれないね ;)
セツナを聴きながら
そういえば、Tくんが好きだったね、サニーデイ・サービス。

あの頃のボクと言えば、音楽なんてものを聴く余裕さえなくしていて・・・。きっと車の中では「枯れ葉」とか「さよなら!街の恋人たち」が、流れていたんだろうと思う。あの頃のTくんのブログには、ボクたちのこととか、そんな曲のことが書かれていて・・・。泣けてくる。

ふとしたことからサニーデイ・サービスを聴くことになったのは、やっぱりネットの中で、やっぱりやっぱり寒いひとりの部屋で夕暮れで・・・。哀しい。

全てを捨てるのは一瞬で、その勢いでボクはこの街に住み着いて、ボク自身さえも捨て去ろうとしていて、その頃にも歌は流れていたのだろうけれど、ボクはコトバを失ってしまっていて、そうして耳を塞いでいて、暗闇の住人になっていた・・・。

それからは捨てる、というよりも、失うもののほうが多くて。Tくんもだけれど、ボクは人間不信なんてビミョウな感触ではなくて、キチンとした人嫌いになっていたのも事実だったんだ・・・。もうそれは病的なほどに、パッカー車の中に押し込まれてゆく生ごみのように、捨て失われていった。

「洗った髪濡らしたまま ひとりぽつんと お茶でも入れようかと考えている」

もうあれから11年が過ぎ、来年は12年が過ぎる。親も兄妹も、そうして故郷も捨てたはずなんだけれど、なにかの拍子に、ちょうど「セツナ」が聴こえてきたように、思い出し、そうして次の曲がユーチューブから流れてくるように、思い出す。

そうしてやっと「ああ、Tくんの共感できずにいたんだなあ、悪かったなあ」なんて考えると、また泣けてくる。

それからボクが得たものといえば・・・・・・、この年齢になってまでも、後悔とかで。

今日もまた沈黙の夜がやってきて、ガラス窓をカタカタ鳴らしながら、ボクの刹那が忍び込んで、隣に座る。「ねえねえ」なんて話しかけてくる。ボクはまた黙ってしまっていて、その音を振り払おうとしている・・・。



うたうやからにきくやから。
獺祭×3
メリークリスマス!

には早いのだけれど、近くのスーパーではもうクリスマスチキンにサンタが付いて販売されいた。レジで、精算が終わった後に「あ、ちょっと待って」と売り場に戻ってトイレットペーパーを追加で買ったお嬢さん(推定年齢32歳)に少しイラッときたけれど、我慢我慢。我慢することは慣れている。世の中、変な人がいるのも確か。変なホテルだってあるんだし・・・。

クリスマスプレゼントがおじさんにもやって来た。うひょひょひょ。(そのプレゼントのためにスーパーに行ったのだけれど)
と言っても、少し前に注文していた獺祭。もちろん定価だ。2割3分なんてスペシャルもあるけれど、等外なので安い。それで十分というか、それが美味しい。

三本来た。

獺祭

で、最初に封を切って飲み始めたのが「獺祭等外」。
うみゃ〜。
アテはサンヨネ(近くのスーパー)で買った長崎産鯵の刺身。これまた398円とは・・・。青物に対しての価値観の違いか、鯵にしろ鯖にしろ三河は安すぎる。これが「長崎」じゃなくあて「津アジ」とか「関アジ」になると数倍の値段に跳ね上がる。獺祭と同じ。

人も同じ。同じ仕事をしながら「非」正規とか「期間」工なんて、少しの違いで待遇も処遇も変わってくる。

等外美味し。
それを正しく売る人も美し。

獺祭等外

旭酒造の意見広告で考えたこと | トヨタ期間従業員に行こう
kollektives Betteln
kollektives Bettelnとは「集団的物乞い」と訳せるドイツ語だ。

「今日の授業は自習です」。あれが4.11全日ストだったのかどうなのか分からないが、春、先生たちのストライキによる思わぬ自習にボクたちは喜んでいた。日教組の組織率の高い地域だったからか(今でもそうだけれれど)、たまに自習の時間があったように記憶している。

電車やバスのストは風物詩となっていて、迷惑というよりは、なんだかワクワクし血が騒ぐように感じた。そういう時代だったのか、そういう地域性だったのか、ボクの周辺ではストに反対する人もいなかったように憶えている。

もうこの国ではストライキなんてのは死語になっている。思想をなくし労使溶解し、非正規問題や格差、貧困問題の犯人であるにも関わらず、なんの反省もなく、なんの改善もなく、そうしてなんの行動もできなくて、ただ組合費だけを搾取し、自らの利益や出世の道具にする集団に成り下がっているのが、この国の労働組合の実態だ。

そうして問題が表面化したその後に、期間従業員を組合員化するどこかの大手自動車会社の御用組合のように、主犯であることを隠し、その罪も責任も放棄し、今度は組合費欲しさに善人面しすり寄ってくる。なんの組だか分からないしまつ。

確かに集団物乞いだ。

それどころか、組合費まで取り立てているのだから(それも給料からの天引きだから性質が悪い)泥棒だ。

kollektives Dieb.

三重県の三交タクシーの労組組合員らが「三重一般労働組合(ユニオンみえ)」に加わって結成した「三交タクシーユニオン」が来年1月4日にストライキを決行するというニュースを聞いたときに、「やっぱり自社組合では無理か」と思った。だって御用組合だし、どっちかというと会社寄りの思想で、kollektives Diebなのだから。

そして全自交とかの交通労連という産業別労働組合がいったいどういう了見なのか、労働者側につかないで沈黙しているというのも不思議な風景だ。三交タクシー労組がそういった産別組合に加入していなかったのかもしれないが、それでもそういう話を聞いたならば介入するなりの力を発揮しないと、やっぱり役立たずのkollektives Diebの謗りを免れない。

「ストライキ権を伴わない労働協約交渉は集団的な物乞い(kollektives Betteln)にすぎない」というドイツ連邦裁判所の判決こそ、ボクたちが待望している、そしてボクたちが忘れてしまった、労働組合の姿なのかもしれないと思うと、ただ組合費だけを徴収するだけして物乞いも出来ない労働組合は猛省すべきだと思うのだが・・・。

三交ユニオン、ストライキ
全国一般労働組合東京南部(@NUGWNambu)さん | Twitter

三交タクシー労組 来月4日スト決行 津・伊勢で賃金交渉決裂 三重 (伊勢新聞社) - Yahoo!ニュース

神戸大学学術成果リポジトリKernel詳細画面

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...