トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

サービス品質の日米比較で考えたタクシー業界のこと
Made in Japanは、自動車や電化製品などの工業製品だけではなくて、サービスの品質でも優秀だということは、海外旅行をしなくても多くの日本人が分かっているはずだ。

「スマイル0円」なんてのは当たり前のことになっているて、トイレを使ったとしても、立ち読みをしたとしても、「いらっしゃいませ」で「ありがとうございます」なんて言ってくれるのだから、それは驚きでもある(時には不気味だったりもするけれど)。それにレジ袋だとか箸やおしぼりのサービスなどの、コストが生じているものに対しても「サービス」してくれるのだから、驚きを通り越して過剰とさえ感じることがある。

タクシー業界でも、例えば綺麗なシーツに安全運転、接遇の言葉や態度、ドアサービスなどのサービスの質は、例えばボクが旅をした海外の国よりはかなり高品質だ。値段交渉なんてしなくていいし、ぼったくりなんてことはないだろうし。まして乗車拒否や「ここで降りてくれ」なんて理不尽な扱いなんかされることもない、はずだ。

それを証明するデータが生産性本部より発表された。日本のサービス産業の品質は、アメリカより10%〜20%程度高いという結果がでた。
公益財団法人日本生産性本部 - サービス品質の日米比較

日本のサービス業の高品質が証明されたということなのだろうが、それが例えばボクたちの地位とか収入に反映されているかというと、そうでもなくて、「サービス」という外来語がいつのまにか「無料」に誤変換されてボクたちの生活に、そして文化に浸透したこの国において、そしてそういう精神風土になってしまった国家で、サービス業がGDPの7割を超した現在でも、そのサービスが不当に廉売されている。ボクたちはサービスの虜になってしまっているのだ。(「スマイル0円だし」)

そのタクシーに対する「サービス品質を評価する上で重視するポイント」として、日本人は「接客が丁寧」(51%)「正確で信頼できるサービス」(55%)を上位にあげ、アメリカ人は「設備の性能・見栄え」(47%)を評価する上で重要なポイントとしている。

アメリカ人が29%しか「接客が丁寧」を重視しないということが、国民性の違い、だけではなくて、サービス業の基本的な考え方の違い(上記の「サービス」の誤変換による当然なこととしての、不当な廉売と不当な強制)なのだろうと思う。そのことが、過剰なサービス傾向だったり、クレームの多さになったりするのだろうと考える。

タクシーに対してサービス品質を評価する上で重視するポイントをグラフ化してみた。

サービス品質を評価する上で重視するポイント
日本人がタクシーに対してサービス品質を評価する上で重視するポイント

サービス品質を評価する上で重視するポイント2
アメリカ人がタクシーに対してサービス品質を評価する上で重視するポイント

自動車がそうであったように、サービス産業のmade in Japanの品質が認められたということは、サービスの輸出が始まるかもしれない。日本のタクシー運転手の質の高さが海外で要求されるかもしれない。そういった専門家がJICAで派遣されるかもしれない。

なにはともあれ「サービス」に対して正当な価値、とか、正当な評価をすることが、さらなるMade in Japanの品質向上につながるのだろうし、そのことがGDP7割というサービス業の生産性向上につながるのだろう。ということで「日本工業規格の法律の対象をサービス業にも広げる方向で法律の見直しを」経済産業省が進めていて、JIS規格が「日本産業規格」と名称を変え、ボクたちもその規格の対象になるはずだ。

その前に、ボクたちがタクシー運転手としての自負を持つこと、そうして「接客が丁寧」なこと「性格で信頼できるサービス」であることを、さらに希求することが、ボクたちの地位改善となる、そう思うのだけれど・・・。

JIS、サービス分野に拡大=70年ぶり見直し―経産省 (時事通信) - Yahoo!ニュース


HeartRails Graph | キュートな円グラフ簡単作成サービス
夏だ、トリスだ、ハイボール。へ〜。
ボクたちが夏と呼んでいた夏はもうどこにもないのかと思っていたら、朝、ゴミ集積場へ向かう道に、セミの抜け殻のような生活の澱の上に、なにもかもを熔かして依然貪欲な夏が光っていた。

血の滴るようなスイカ、なんて思ったところで、スイカを買うのをあきらめたのは昨日のスーパーでのことなのだけれど、16分の1ほどの大きさで398円は高いのか安いのか・・・。スイカをあきらめたボクはキュウリをたくさん買い込んで一本はぬか漬けにして、一本は酢の物にして、残りを冷蔵庫にキチンとならべて、スイカへの郷愁を振り払った。

もうしばらくすれば、朝には子供の声が街にあふれる。ボクたちは取り残された孤児のように、その夏とは無関係な(春とか秋とか冬なんてものにも無関係なのだが)時間を、今朝と同じように、ただ集積場へ向かうためだけに、生き延びる。

不規則な生活をしていると、なにもかもが面倒くさくなってくる。
時間とか季節の感覚をなくしてしまう。
喜びとか哀しみ感情が希薄になる。
目標とか目的とか時系列に物事を考えられなくなる。
どんな季節もどんな日もどんな時間も晴酔雨酔・・・。
密閉された部屋は世界と隔離されている。

そのゴミ集積場で見ず知らずのお姉さんが「おはようございます、暑いですね」と言った。不意を突かれてボクは会釈しかできなかったのだけれど、きっと誰かと間違ったのだろうと、その近くの一軒家の旦那と間違えたのだろうと、そう思ったら、安心した。

そんな夏の始まり・・・。

吉高 トリス

吉高さんが「おうちがいいね」なんて言うもんだから
トリス サントリー

太郎でトリス
トリスハイボールを飲んだ。
改正労働契約法とタクシー運転手について考えたこと
60歳を超えてから入職する人も多いタクシー業界、労働者の平均年齢は59歳。高齢者の働く意欲を支え、この国の雇用を支える、奇跡の業界なのだ。

いろいろな人がいる。そのことはすなわち雇用のセイフティネットとしての業界の存在意義を証明している。公共交通機関、だけではなくて、公共雇用機関、ということ、それだけでも社会的貢献度は高い。もう少し業界の評価が高くても良い、そう思う。

そんな高齢者集団の最大の悩みは、「いつまで仕事が出来るのだろうか」ということ。それは「いつまで健康で社会貢献が出来るだろうか」ということと同意語でもあるし、「いつまで社会から必要とされるのだろうか」と同義語でもある。

超高齢化社会、このような大義を持った老人が必要とされ望まれている。国家も高齢者雇用安定法などで応援はしてくれている。

ただ、「地位に恋々としがみつく」(菅義偉官房長官ではないが)人も多く、後進に道を譲ることを忘れて、私利私欲だけのために働こうとする老害がいるのも事実。高齢者が働かなくても、女性が活躍しなくてもよい社会なんて価値観はいつのまにかすり替えられて、転覆寸前の国家は、消費者と納税者を増やすことで、転覆を避けようとしている。

そもそも、年金制度と高齢者雇用安定法というのは表裏一体で、定年(年金受給)という極楽浄土の入口を喪失した社会で、その入り口を探す期間を国家が苦役(雇用安定)として与えてくれた、なんて読み方も出来る。

あ、いや、隠居できない高齢者や子育ても出来ない主婦の話は別の機会にするとして、ボクたちの業界では、とにかく働きたい人が多いのだ。

「無期転換ルールって知ってるか」
「ええ、知ってますよ」
「じゃあ、オレたちも無期転換できるのかね」
「ええっ、無理ですよ」
「だって繰り返し契約更新してるし」
「もう隠居したほうが良いですよ」
「まだまだあと5年は」
「って、75歳まで・・・」
「できればハンドルを枕に」
「ええっ、それは禁句ですよ」
「で、出来るのか?」
「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法ってのがあって、特例として『定年後に、同一の事業主または「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」における「特殊関係事業主」に引き続き雇用される有期雇用労働者』は除外される、つまり定年後の契約更新なのでダメなんですよ」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「じゃあ、違うタクシー会社に移る。なら良いんだろ」
「ええっと、たぶん、それなら良いと思いますが、5年ルールですよ」
「・・・・・・」
「70歳になって無期転換、ちょっと難しいかもしれないですよ」

ボクは心の中で、無期転換が難しいのではなくて65歳を超えての転職が難しいかも、そう思ったのだけれど、なんせセイフティネット、公共雇用機関、もしかするかもと、思った。

そんな話をしながら、65歳を過ぎたら、働かなくても安心して消費できる社会制度の構築こそが必要だと思った。消費者であるボクたちが、安心して消費できる社会の仕組みとか、年金加入者のボクたちが安心して年金受給者になれる社会の仕組みなんてもののほうが、高齢者の雇用を安定するということよりも、大切なことなのだろうと、思ったんだけれど。

高度専門職・継続雇用の高齢者に関する 無期転換ルールの特例について
高度専門職・継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について
海の日三連休かあ
ゲリラ豪雨のニュースを除けば、空梅雨だったのか?

休日に机に置きっぱなしになっている本を読もうと思っていたのだけれど、結局は「豊橋市都市交通計画」しか読めなかったってのは、もう病気としか言いようがない:)

豊橋市役所が早く「自転車等の貸付及び購入補助」を普通自転車購入にも適応してくれたら自転車を買い替えるのに・・・。電動自転車購入補助は、すでに行っているのだけれど、「電動」だけというのに、役所の闇を感じているんだけれど、電動よりは人力のほうがエコだろう・・・。やっぱりエコロジーよりエコノミーか。某企業に対する忖度か。はたまた「市長のご意向」なのか、「天下り問題」なのか、「夜の街での貧困女子の実地調査」のためなのか、市井の人々には謎が多すぎる。

海の日、来週はうなぎの日に花火大会、夏なんだけれど、冬眠したくなるような気分なんだんだけれど・・・。それもエコで、地球にも財布にも優しいってこと、なんだろう。

海の日なんで、布団に潜り込むか。

エコカー

変なホテル と 変なタクシー
ラグーナテンボスに変なホテルが8月1日にオープンするらしい。
なにが「変」かというと、ロボットによるチェックインとか、・・・あとなんなんだろう?

ロボットによるチェックインだけならそれほど「変」でもないと思うのだけれど、きっと変な食べ物を提供されたり、変な音楽が流れたり、変なオジサンがいたり、なんてことではないのだろうけれど・・・。

あの埋立地にラグーナが出来て、そうして海陽学園やトヨタ自動車の研修施設、マンションにヨットハーバーが出来たのだけれど、一番のネックは埋立地という立地条件で、公共交通空白地になっているということだと思う。

最寄りの三河大塚駅からの路線バスは日に4便、蒲郡駅からシャトルバスがあるにしても、三谷温泉や大塚周辺の旅館ホテルへは通過しないので、イベントの日には決まってラグーナ難民が現れる。20分とか30分かけて駅や周辺の宿泊施設まで歩かなければならないし、その無料シャトルバスとて22時ぐらいで終わってしまう。

変なところに出来てしまったことが、当初の経営不振の原因だったかもしれないと思ったりするのだけれど、その変な立地をまでも売りにしてしまったハウステンボスやH.I.Sの変なところ、もとい、凄いところ・・・。

きっと、次は、そんな公共交通空白地というマイナスをプラスに変えるに決まっている。例えば、その公共交通空白地というデメリットを国家戦略特区を利用してUberなんてライドシェアを導入するとか、それこそロボットタクシーで三河大塚駅まで自動運転化するなんてことを考えているに違いない。

そう「変なタクシー」の登場だ。
もう既存の傲慢な法人タクシー(かねいちタクシーとか豊鉄タクシーがそうだとは言わないけれど)を捨てて、『「変なタクシー」は先進技術を導入し、ワクワクと心地よさを追求したロボットタクシーです』なんて、輸送方法を考えるに、そしてそのほうがハウステンボスの経営方針にマッチしている。

ボクたち業界の人たちが、岩盤のように固い頭では考えられないようなことを、「常識を超えた先にある、かつてない感動と快適性」なんてコンセプトで、あの立地条件を活かして、実行するだろう。

そうなってから、ボクたちは「えへへ」なんて薄笑いを浮かべて指をくわえて見ているしかないのだ。それだけならまだしも「タクシー業界なんて変な人たちは出入り禁止です」なんて、あの出島への入場を禁止される。

長崎の出島でこの国の「変化」が起きたように、きっと蒲郡の出島で、長崎出身のテンボスによって「変化」が起きる。それはボクたちを感動させるものになり、未来へ誘ってくれるものだと思う。

【公式】変なホテル ラグーナテンボス

【7月10日】 「変なホテル舞浜 東京ベイ」を石井大臣が視察 | 2017年 | トピックス | 報道・会見 | 観光庁

変なホテル
九州豪雨と江藤愛さんの気丈
福岡県東峰村は小石原焼と高取焼、大分県日田市は小鹿田焼などの多くの窯元がある地域で、今回の九州豪雨で大きな被害を受けたのだろうと心配しています。

九州には有田焼や伊万里焼、波佐見焼、唐津焼という有名な窯元も多く、小石原や小鹿田を知らない人もいるのではないかと思っています。磁器と陶器という違いはあるにしても、素朴な味わいや工業化されていない温もりなんてものは、小石原や小鹿田のほうが圧倒的にあって、ボクには郷愁を感じさせられ、故郷の風景の感触を受けるもののひとつです。

テレビや新聞雑誌で、例えば故郷の風景を見たとしても、そこには手触りはなく、いろいろな距離が感覚の中で増幅するだけなんですが、農産物や加工品にはボクたち動物に備わっている帰巣本能と、その記憶のスイッチを強制的に押す力があると思います。

というか、ボクたちも、「帰る」動物なのだろうと。輪廻なんて世界観ではなくて、ただ単に生まれたところにいたいという願望を常に持ち続けている、のだろうと思っています。

TBSアナウンサーの江藤愛さんは、今回の豪雨被害のあった大分県日田市の出身で、なんとなく小鹿田焼のような素朴さを感じさせる女性だと、(まあ、この表現が適切かどうかは別として好意的に、ボクもファンなので)思っています。彼女の出演する「ひるおび!」をいつも見ているのですが、豪雨のさなかに被災されている家族の住む地元を、そのニュースを伝えなければならない、その辛さとか哀しみみたいなものを、どうしても考えてしまうのです。

「がんばれ、がんばれ」なんてボクが独り言を言ったとしても、それはどうしようもないことで、ただただ雨が止むことと、早い復旧を願うだけしかないのだけれど・・・。でも、きっと、そう思っている人はボクだけではなくて、江藤さんのその素朴さとか気丈さに心を打たれて、小石原や小鹿田の里を訪れる人が増え、その素朴な器を買う人も増えるのだろうと思っています。

そうして、あの風景に日本の原風景を感じ、経済とか発展なんてものとは違う、江藤愛的な感じの古き良き日本を考えることが大切なのかもなあ、なんて、なんとなくいつものように思いながら、今日も「ひるおび!」を見ているのですが。

祈ります。 | 江藤愛の愛ことば | TBSブログ
「雨は降りすぎませんように。」
この言葉が泣けてくる。普通なら「降りませんように」だろうにね。

年魚市と小鹿田焼
年魚市(幡豆、山崎合資会社)と小鹿田焼

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...