トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

ソフトバンクの米ウーバー出資 ライドシェアはやっぱり有望なのだ
交通機関の利用方法は、孫ソフトバンク会長が言うよりも早く、5年とか10年後にはまったく違うものになる。孫会長が「交通機関の利用方法や生活様式は、今日と30年、50年後ではまったく違うものになる」と言う理由は、5年後なんて言うと業界が混乱して、そうして業界を敵にまわし、反ソフトバンク勢力が増えると考えるからだろう。

業界が業界を残したい理由はなんだろうか。ボクたちの「雇用」と、ライドシェアの文脈で言われる「安全の担保」だろうか。いや、そんなことよりも業界が残したいのは、自己利益なのだろうし、法人タクシーは企業そのものだろう。(業界とはいったい誰なんだろうか? | トヨタ期間従業員に行こう

残さなければならないものはただひとつ公共の足なのだ。いつでもどこでも誰でもタクシーを利用できる便利さと公共性だけが残れば、タクシー会社なんてものは必要ないのだ。というか、そのタクシー会社の存在が国民の利便性と公共性を強奪しているとすると、排除されなければならないのはタクシーのほうで、業界はすでに公共性なんてものを捨てようとしている。(公共ですか? | トヨタ期間従業員に行こう

あと5年後、10年後には、交通機関の利用方法は変わってしまっているだろう。改正地域公共交通活性化・再生法の中にはライドシェアなんて考えはない。タクシーが既存のバスのように動くイメージでしかない。本当に必要なのは、タクシー事業ではなくて、配車事業だということ、そうして配車事業こそがタクシーの公共性を担保する重要かつ不可欠な要素だということを、「安全性の担保」ばかり一つ覚えのように唱えている業界の人たちは、もう少し考えるべきなのだ。

ソフトバンクの米ウーバー出資 ライドシェア有望、自動運転普及見据え5社目(1/2ページ) - 産経ニュース

龍潭寺

龍潭寺にて

インスタ映えしない毎日

正論は時として人を傷つける。 正義もまた人を殺す。

そんなことを考えながら相撲を見ている。

洗濯をしなければ、ご飯を炊かなければ・・・休日の午後は昨夜の夢ほどの質量で過ぎてゆく。お昼はバナナとシリアルとパン、これまた色彩に欠けた食事だったり。

ギャンブル依存症率、喫煙率、独身率、持病率、貧困率なんて高いのがタクシー業界の人たちで、自己中心的、他罰的、無責任、なんて人格の人が多いのも加わって、そのダメっぷりの中だから安心出来たりする。「ああ、オレって普通なんだね」なんて、ワークライフバランスなんてものとはほど遠いこんな毎日でも満足したりする。

たまに魚魚丸なんてちょっと高めの廻る寿司屋で酒なんて飲んでいると「もしかして裕福?」なんて思ったりするのだから、人間の適応力はすごい。というか、ギャンブルもタバコも結婚も、それに持ち家やマイカーなんてものを諦めれば、年収200万円〜300万円あたりでも「もしかして裕福?」なんて思えるのも事実なんだけれど。

消費しなければ良いのだ。 消費しない、というか、出来ないというのが実情だったりするのだけれど。そうなると、休日だってなんだって、ヒキコモリの生活になる。まったくインスタ映えしない生活をしている。それもそれで楽しかったりする。だって、こうやって相撲を観ることが出来るのだし、この後ダーウィンが来た、直虎、なんて見ることも出来るのだし。その合間に、というか、夜は本を読むんだし。

どんなことも出来る。まあ、この国にいれば餓死することもないだろうし、働いていればそこそこのことが出来る。そうして一生懸命働けば裕福感も得られる。

 

という結論になったところで高安と嘉風の対決が始まった。さてと・・・。

蝉川襍記

「蝉川襍記」が手に入ったので読み始める。500部限定で、これまたちょっと贅沢な裕福感だったり・・・。

接客〜さらにタクシー暴行事件で考えたこと〜

人間だから間違いだってある。

その間違いでトラブルが起きて、暴行事件にまでなる。今回の札幌タクシー暴行事件も「聞き間違い」が原因で起きた。そうだとすると、やっぱり人を介しない配車システムとか運行システムのほうが安心安全なのかもしれないのだけれど、それも100%とは言い切れない。人間が介在すると必ず間違いが起きる。だから、接客技術なんてものが重要視されるのだ。

 

札幌での暴行事件も、目的地間違いが分かった時の運転手の対応はあれでよかったのだろうか。暴行は悪いことだとしても、それにあってはならないことだとしても、乗客があれほどまでに激高したのには、運転手の対応の悪さも一因ではなかったかと考えている。

 

恐怖によって正常な思考と対応が出来なかったのだろうけれど、目的地を聞き間違えていたとすれば(「北3東5」と乗客は言っている)、運転手側に非があるのだし、それは例えば言った言わない、聞こえた聞こえない、ということよりも、すぐに謝罪し、事情を説明することが第一になされるべきだったし、そのうえで経路を換えるとか、メーターを切るなんてことをするべきだったのだ。

 

「北3東5ですけれど、この道でいいんですか?」と乗客の問いに「北3東7だと・・・すみません」と言っただけで、停車しようともしない、この態度にも問題がある。それに「東7でも通らないですよ、この道は」と、ここまでは穏やかに話している。これも経路確認をしなかった運転手側のミスで、信号が多い大通りを避けるのならば避けるで、その説明をするべきなのだ。 プロの運転手として言わせてもらえば、その二つのミスは大きい。

 

それに「いらっしゃいませ」「はい北5東7、はい」だけの接客に対しても疑問だ。「ご乗車ありがとうございます。どちらまでですか?」「はいかしこまりました、北5東7ですね。大通り避けて川沿いのルートを取らせていただいてもよろしいですか?よろしくお願いします」ぐらい最低でも言ってもらいたい。これに自己紹介もしないのだから、接遇の悪さ、それが原因だと言われてもしかたないと思う。だってプロだから。

 

年末、忘年会シーズンになればこのような事件が増える。それは酔客が増えるということだけではなくて、タクシーの接客の酷さが原因かもしれない。コンビニのアルバイト以下の接客で(というか接客になっていない)、道を間違えても高圧的な謝罪しかしないとしたら、ボクだって怒鳴ってしまうかもしれないと思うのだが。 それでも我慢して利用しなければならないのなら、もう規制や公共なんてことを捨ててほしい。そしてライドシェアを解禁してくれ。

 

人間のクズ、もとい、タクシー運転手のみなさんへ | トヨタ期間従業員に行こう

公共ですか? | トヨタ期間従業員に行こう

 

JPNタクシー

タクシー車両の品質は向上しても運転手も経営者の品質はそのままですが?

JPNタクシーコックピット
札幌タクシー暴行事件で考えたこと
密室。
東名夫婦死亡事故の犯人も、札幌タクシー暴行事件の犯人も、車という密室の中で狂暴性が増幅されたのだろう。

車の中だけではなくて、世の中が密室化している。ムラという村落共同体の崩壊はボクたちの生活自体を密室化してしまい、世間の目という抑止力をもなくしてしまった。犯罪が狂暴化し変態化する理由もそれが原因。クレーマーが増えているのもそれが原因。そうしてその恐怖からさらに世間が密室化する。

弱者に対してクレームは言うが、目の前の悪事には目を背けて知らん顔をする。イジメ社会。産業のサービス化がクレーム社会を生む。ちょうど志の輔師匠の「みどりの窓口」のような世界。

そのクレーム社会の中でも先生はえらいのだ。

どうして先生は嫌われるのだろうか。理由はこれまたやっぱり「えらい」からだ。先生はえらい、だから偉そうにするのは当然なのに、それが分からないボクたち運転手がバカなのかもしれないけれど、車内という密室でもいつものように上から目線で高圧的な態度をとり、自分の父親、あるいは祖父という年齢の運転手に対しても「運ちゃん」なんてちゃん呼ばわりして、中には説教もする先生様もいるらしいのだから、そりゃ嫌われる。酔っ払うとこれに体罰も加わりそうになるから更に性質が悪くなる。

先生はえらい | トヨタ期間従業員に行こう

タクシー運転手の嫌いな客グラフ

タクシー運転手10人に聞いた(久しぶりの微妙なアンケートだね:)タクシー運転手に聞いた嫌いな客は?
時世を反映して、というか、晴れて目出度くダントツで弁護士先生様が一位になりました。

とにかく、先生はえらくて、なんでもありなのだ。

微妙なアンケートシリーズ | トヨタ期間従業員に行こう

札幌タクシー暴行犯人の弁護士の名前や顔写真が判明!経歴や事務所も! | 3分で分かる!役に立つかもしれない情報サイト!
衆院選、投票に行きながら考えたこと
自民党圧勝、希望の党地方で惨敗、共産微増、立憲民主党勝利、という選挙結果になるのだろう、と思いながら傘をさして、近くの投票所へ歩いていったのがお昼前で、雨なのにけっこうな人が来ていて、エアコンの効いてない部屋は人いきれでむっとしていた。

選挙になると父親は忙しくなった。仕事よりも選挙が優先されていたし、ボクたちも応援員として選挙カーに乗ったり、夜回りした。実弾は夜動く、なんて言われて、たぶんそんなことはないのだろうけれど、選挙スタッフの結束力のために、あるいは他の立候補者を敵対視させ戦闘意識の高揚をはかるために(それは今になって考えることなんだけれど)、夜回りという見張りなんてことをした。

あの頃のボクは実際にそんなことへの猜疑心なんてものはまったくなく、ただただ盲信的に選挙運動をするぐらい、父親に対して、そうして政治に対して純粋だった。政治こそがボクたちの将来を変えられる、そう考えていたし、地方政治は具体的にその結果を出してくれていた。露骨なぐらいに。

選挙から得られるものを、体験を、みんな知らないのかもしれない。そういった体験というのは地方の選挙運動をしないと分からないのかもしれない。良い、悪い、ではなくて、投票するということは、その果実があるってことだ。地方選挙では露骨にその果実が実るということ。

役所に就職できた、とか、家の前の道路が綺麗になった、とか、家業が繁盛しだした、とか、地方選挙的な、そんな利己的な自己的な果実ではなくて、就職率が上がった、とか、社会インフラが豊かになった、とか、景気が良くなった、なんてもの。

それが選挙だってことは、学校が教える、というよりも、親が教えるものだと思ったりする。学校では教えられない具体的なこと、それはかなり贈収賄のニオイがするからなんだけれど、でも、実は投票するということと、信任するということは、そういうことなんだ。その候補者のマニュフェストという具体的な政策を「どうぞやってください」と信任することなんだから、家の前に原発が出来ることもあるし、徴兵制が始まるってこともあるってこと、授業料が無料になり、年金が増えるってこともあるってことも。

仕事なんかしているよりも、選挙運動していたほうが未来のためには大切だ、子供たちのためには重要だ、そう父親は考えていたに違いない。それは正しいと思う。

投票を終わって雨足が強くなっていた。サンダルの足が冷たかった。

世間は好景気らしい。ボクたちの生活は相変わらずのままだ。株価が上がろうと、ボクたちの生活にはほとんど変わりない。将来に、老後に、希望なんて持っている人なんていない。消費税が上がろうと、運賃が上がろうと、最賃が上がろうと、毎日毎日十数時間運転し続けなければ、そして長時間労働、残業を増やすことでしか、ボクたちの生活を維持することができない。

もうあの頃のように夢を希望をみることは出来ない。ただ、努力が報われ、正義が有効になり、不当に搾取されることなく、格差の中にあっても普通に生きられる、そうなってもらいたいと考えているんだが・・・。

労働組合と政治活動 | トヨタ期間従業員に行こう

選挙に行かなかった理由 | トヨタ期間従業員に行こう

コスモス新城
豊橋まつり
台風の影響で明日22日の行事はすべて中止のようだけれど、それはそれで哀しい人も、あるいは嬉しい人もいるんだろうね。

祭りに参加することもないんだろうと、遠く故郷のことを思い出しながら、雨の街を歩くのは、遠くから聞こえてきた祭囃子に誘われたから。だとしても、冷たい雨は心の奥底まで染み入って、ただただその祭りの光景を、人々の喧騒を、ボンヤリと他人事のように眺めるのは、もう慣れてしまったし、それが似合っているようにも思う。

逃げるように広小路を避け、その一瞬の裏側に存在する侘しい花園町の寺の境内にいる。屋台の灯も届くことなく、永遠のそうして漆黒の闇と雨音が、過去を弔う。

雨の中にいる。もうたっぷりと水を吸ったベンチに座る。凍える手で冷え切ったカップ酒のフタを開ける。一気に飲んだ。祭りの夜だ。

2017豊橋まつり

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...