トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

健康格差 労働組合論(1)
NHKスペシャル「健康格差」を見た。
低所得者の人の死亡率は高所得者の人のおよそ3倍も高いそうだ。そして非正規労働者の人は正社員よりも糖尿病を悪化させる割合が1.5倍高いそうだ。

ボクの住むタクシー界隈はその低所得者が多く、そうしてボクのように非正規からの入職者も多いのだけれど、確かにそういった感じはする。(顕著な低所得者グループかもしれないね)

低所得だから健康的な生活ができないで、低所得がゆえに長時間労働や激務になってしまう。そもそも1日13時間なんて長時間、タクシーの中にいることが健康的であるはずがなく、肉体にも精神にも良いわけがない。

長時間労働が生活の質を落としてしまう。健康のためにジョギングなんて考えられない。長時間労働の隙間(高所得者が余暇と言う時間)は、ボクのように終日独居なんてことになってしまう。外に出たとしてもパチンコにギャンブル、なんて健康とはほど遠い趣味の人が多い。

低所得者の負のスパイラルだ。ボクたちがやっていることは、働けば働くほど死に近づく「疎外された労働」なのだ。

働けば働くほど、ボクたちが自分の向こうがわにつくりだす疎遠な対象世界がそれだけ強大になり、ボクたち自身つまりボクたちの内的世界はいっそうまずしくなり、ボクたちに属するものがいっそう乏しくなる、のだ。

では、ボクたちはいったい誰から搾取されているのだろうか。もちろんそれは経営者であろう。それはもうハッキリとマルクスが「資本論」を書いた時代からの明白な事実だ。

今はというと、労働者を守るために結成されたはずの、相互扶助のために立ち上がったはすの労働組合までもが、同じ労働者から搾取するthemに加わってしまった。その裏切りこそが、格差を生んだ最大の原因ではないのか。

期間従業員という労働者が使い捨てられ、派遣社員が打ち捨てられていた時代に、労働組合はなにひとつ、だれひとり声をあげボクたちを救おうとしなかったではないのか。同胞を見殺しにしてきたのだ。

その役立たずの労働組合が、利己的な労働組合が、経営側に何も言わずに、隣の同じ職場の人間を見殺しにしてきたことが、今の格差問題ではないのか。同胞を隣人を同じ仲間を見殺しにした、そのツケが回って来ただけではないのか。

そうそのツケこそが、現在この国の諸問題なのだ。高齢化社会、少子化、医療費、犯罪の狂暴化、年金、貧困、格差・・・・・・。

労働組合に将来を考える能力があって、仲間を守ろうとする愛があって、国家を愛するスピリッツがあれば、そうして労働組合とはなにかを、その根本原理を、分かっていれば、この惨事は起こっていない。そうして3倍もの死亡率なんてものが生じることもなった。

そう考えると、多くの無能な労働組合は殺人組合であって、万死に値すると思う、思うのだけれど、もう一度、原点に立ち返って、全ての労働者のために、そして国家のために、血と汗を流せ、それが多くの殺人を犯したしょく罪なのだ。

健康格差 NHKスペシャル

【NHKスペシャル】 私たちのこれから Our Future|NHK
ファブタク タクシーがクサいたったひとつの理由
人は確かに匂いに弱い・・・。

2010年に「タクシー臭」なんて記事を書いた。あれから、業界をとりまく環境はかなり変化をみせているのだけれど、「脱ニオイ」とか「卒ニオイ」なんて動きは感じられない。そしてボクが予想した「臭いOK」なんてステッカーをバンパーに貼ったタクシーを見ることもない。相変わらず「カードOK」なんて陳腐なステッカーは貼られているとしてもだ。

森羅万象、全ての物にはにおいがある。なさそうな物まであったりする。例えば「事件のにおい」だとか「貧乏臭い」だとか…。

花には花のにおいがあり、動物には動物のにおいがある。その特有のにおいで仲間を識別したり個体を特定したりする。そして異性を誘きよせるために匂いを出したり、香水なんてのを身に纏う。「あまい言葉」に騙されたりするように、人は匂いに弱い。

タクシーにもタクシー臭がある。無臭というタクシーは、ない、と思う。たぶん。

そのにおいのほとんどは、自動車のにおいというよりも、それに乗っている運転手のにおいの場合がほとんどで、それを誤魔化すための自動車用芳香剤、消臭剤の入り交ざったにおい、そんな複雑なものなのだ…。
タクシー臭 | トヨタ期間従業員に行こう

日本交通が「ファブタク」(ファブリーズタクシーだろうね)というクサくないタクシーの運行を始めたらしい。(だから、「クサくない」ものはないんだってば)

きっと川鍋社長がホリエモンのあの一言に刺激された、というよりも、激高したのだろう。タクシー王子も匂いに弱かったってことだ。(「ちきしょーホリエモンの野郎、なめやがって」なんて夜も眠れなかったに違いない・・・てなことはないか)




森羅万象、全ての物はクサいのだ。もちろんボクもクサい。クサい文章も書くし、クサい芝居もする。ニオイをまとっている。王子もインテリクサいしインチキクサい(失礼)。ついでにそのうちお互い加齢臭でクサくなるに決まっている。

ファブタクも結局はファブリーズクサいだけなのだ。そんなボクたちのクサさを違うニオイでごまかすだけのことで、結局、タクシーはクサくなる一方なのだ。

どうしてその根本的な原因を取り除く努力をしないのだろうか。

企業は今回のファブタクのように、ニオイをニオイでごまかすことしかしない。要するに原因をごまかすことで、自らの利益を追求する、といういつもの手を使う。

そうして労働組合は、すでに無力化し、労働者の人権に関わる案件までも経営側の言いなりになってしまっている。どうしてタクシーがクサいのか、という本質を質そうとしない。

タクシーがクサいたったひとつの理由、それは、一日10時間以上もあの密室にいて、食事もその中で摂らなければ生活できない、そんなボクたちの質の悪い労働環境のせいなのだ。川鍋社長でもホリエモンでも、一日十数時間いれば川鍋臭、堀江臭がタクシーに染みつく。

だから、そんなファブタクなんてものをありがたがらないで、称賛しないで、そうして協力なんてしないで、密室での長時間労働の是正や車両清掃の分業化、3か月点検時の車内消臭、なんてことを労働者側から要求しなければ、次はサウナスーツのようなファブスーツなんてことを強要されるに決まっている。(あるいはファブシャワーとかね)

経営者ってのは常に胡散クサいので、そこを消臭し元から断たないとダメだということだ。ファブリーズのノズルをどちらが握るか、どちらが消臭作業をするか、ということだ。それを労働組合がストライキをするぐらいの意気で、勇気で、漢気で、闘争しないで、どうする、そう思う。

ファブリーズ タクシー
要するにドライバーの負担が増えるということですよ。
で、会社はファブリーズを買い置きするだけ、ってことなんだね。

日本交通とP&G、“クサくないタクシー”に乗れる「ファブタク」サービスを全国1万3500台で展開 8月30日〜9月29日の期間実施 - トラベル Watch
アイシテルかい?
やがて降り始める雨がボクたちの痛みも悔もすっかりと流してしまえばいいんだが・・・・・・

秋雨の頃。

ボクたちは遠くアフリカの人たちの辛苦には涙を流す。駅前のやせ細ったホームレスにはなんの興味ももたないのに。

ボクたちは東北や熊本の人たちの哀しみには募金をする。隣に痛み苦しむ人がいたとしても、それはまったく別の問題として簡単に片づけてしまう。

ボクたちはテレビの向こうで苦しんでいる人には励ましの言葉を送る。歩道で立ち止まっている白杖の人には知らん顔で通り過ぎるのに。

なんと残酷なことか。

その涙をその言葉をその手をその愛を、どうしていまそこでそうして苦しんでいる隣人に向けることができないのだろうか?

面倒くさいから、それだけの理由なのだろうね。
向こう側が好きなんだろうね。

愛のなんと利己的なことか。愛のなんと独善的なことか。愛のなんと欲望的なことか。


ボクがキミを傷つけたことも、きっと愛なんてことよりは欲望のせいなんだろうね。きっと「ずるい」ことなんだろうと思う。

いつのまにか彼岸の入り。
やがて降り始める雨がボクたちの苦しみも哀しみもすっかりと流してしまえばいいんだが・・・・・・

9月14日に
秋の空
漬物桶に塩ふれと母は産んだか(放哉)

母親から新米が届く。
年に何度かの荷物がボクたちを繋ぎ止めているようでもある。繋ぎ止めているというか、そうでもしないと電話一本もかけられない息子へ対しての「きっかけ」を送ってくれているのだろうと思うと、なんだか哀しくもなる。

電話をしないのは、いつもそれが涙にかわるからなのだ。その涙は自分を責めているように聞こえる。母親というものいつも「わたしが悪かった」と感じるものなのだろう。

その新米を炊いていただいた。
故郷の水や土や太陽の味や香りはしなかったのだけれど、潮騒や秋の空が想い出された。そうしてあの頃のボクたちのことを想い出した。

新米や塩打って焼く魚の味(井月)

何も悪いことはない。ボクがこうして生きていて、こうして父の言いつけ通り「義」に生きているということは、正しいことなのだ。

ただ、少しだけ、少しだけなんだけれど、相変わらずいまを、この身を、疑問に思っている自分の心が悲しいだけなのだ。

漬物桶に塩ふると、そう決めた以上は、それはそれで正しいことのように思う。そうしてそれがボクの生き方なのだろうと思う。

新米 平成28年 故郷より
格安sim考
就職に有利なんてことで固定電話が、ここに引っ越してきて一年ぐらいはあったのだけれど、就職して、そうしてほとんど使うことがなかったので利用休止にした。

それが平成20年だったので・・・今その「お知らせ」を見たら・・・休止にも満了日があってそれが平成25年5月7日になっていて過ぎていた。そこから5年を経過してなんの申し込みもなかった場合は「この契約は解除」されるそうだ。

解除されても今後使う予定もないので「ま、いっか」なんて考えているんだけれど・・・。

固定電話を休止して以来、携帯電話とWi-Fi環境で生きている。自宅にいる時間が短いボクのような独居中年には、有線のネット回線なんてのは無駄かもしれないね。外でネットにつながる環境を作ったほうが便利だし安上がりだと思う。公園で酒を飲みながらプライムビデオを見ながらお昼寝なんてことも出来るしさ。

そんなこんなで、昔のように通話することも少なくなって、スマホも電話よりはSNSとかネットなんてことが主体になって来たので、1年ぐらい前に格安simに換えた。

OCN モバイルone

現在は全部で6000円ぐらいが、ボクのネットとスマホと電話代だ。もう少し削れそうなんだけれど、そうすると今度はストレスの量が増えそうなので、ここいらが妥協点ということになっている。

OCN モバイル ONEの「音声対応 110MB/日」という月に1728円のコースだけれど、Wi-Fi併用なので容量が足らなくなって速度が落ちたということもなく、電話が途中で途切れたなんてことももちろんない。これにセキュリティソフトに月250円で別途加入しているので、1978円がスマホの基本使用料となる。

OCN モバイル ONE | OCN プロバイダ(インターネット接続)

音声対応OCN モバイル ONEはIP電話アプリ050Plusの基本料が無料になるので、たまにこれを使う。それにたまにLINE電話を使う。その結果毎月の支払いは2100円から2400円程度になる。これが全部で、貧乏人でもスマホを贅沢に使えるということなる。

OCN モバイル ONE 料金

もう少し安い通信会社もあるようだけれど、それでも500円なんて差だろうと思うし、結局、通話と通信速度の品質と、通話時間と料金の組み合わせなんてことになるので、もうそうなると複雑になりすぎて、知名度で選択になってしまった、とういうのがOCNを選んだ理由なんだ。

1年使ってみて、困ったことはなかったし、というよりも、もう少し早く替えとけばよかったと、毎月スマホ代に6000円とか7000円払っていたことを後悔している。

なんて書くとまるで宣伝みたいになるんだけれど、そうではなくて、なんていうか、安いもの自慢、なんだろうね。

まあ、いずれ隠居した時には、スマホとネットは公共のWi-Fiで、なんてことになるのだろうと、年金制度が崩壊することを視野に入れて、月額6万円生活を目指していたりする。



でも、安いほうが美味しいってこともあったりするもの事実で、このサントリー「秋の旬味」のほうが、なんとかスーパードライよりは美味しいと思うのだけれど・・・。

なんて話がバラけたところで、散歩に行こうっと。
観覧車
雨の降り始めた観覧車でボクたちは霞む景色を見ているだけでゆっくりと流れる時間とは反対に閉園の時間と見つからないコトバに胸の鼓動を早めていた16時の誰もいない遊園地に夏の終焉を知る9月初めののんほいパークにいた。デキゴトは過去を上書きするし想い出を覆いつくす。ココロの哀しみや痛みはそうしてゆっくりと癒される。ちょうど傷の上に瘡蓋ができるのに似ている。痛みはまだその下でたとえばジュクジュクと膿んでいたとしてもこうしてまた新しい例えそれが果てしなく哀しい別の痛みだとしてもとりあえずは隠れてしまう。それをボクたちは知っていてそうして新しいデキゴトを求める。新しい傷を求める・・・。

「人は自傷する生き物なんだ・・・」
ボクはそこにあるだろう蔵王山を見ながらつぶやいたんだろうけれど、たぶん聞こえなかったよね。

観覧車が頂点に届いたころほんとうはキミの手を握りしめてそうしてテとココロとコトバを繋げたかったんだけれどそれもできないほどボクたちは大人だった。そうボクたちは大人だった。

雨の降り始めた観覧車でボクたちは混じり合った景色を見ているだけで霞む時間と反対に戻れない時間と見つからない未来に圧倒されていた16時のゆっくりと動くキリンが秋の憂いを知らせる9月初めののんほいパークにいた。

「きっと観覧車を見るたびに今日の日を思い出すね・・・」
ボクはこんどはキチンと聞こえるように言った。

観覧車が終点に近づいたころ「もう一周」なんて思ったのだけれど、ボクたちにはなにしろ時間がなくて、もう閉園間近で、そしてなによりも大人だったから「係の人に悪いよ」なんて言って東門までゆっくりと歩き始めた。

ボクは、観覧車の想い出が、哀しみや痛みにならないように祈っていた。もうボクもキミもそうして誰も傷つけることはしないほうが良いと思った。でも、それはきっと臆病になったということなんだろうと思ったりもした。

雨の日の観覧車の想い出・・・。
観覧車を見るたび。


台風きそうだね。雨も降りそうな16時45分あたりなんだけれど、そろそろ買物行くかなあ・・・。

のんほいパーク 観覧車
Check

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...