トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

タクシー業界(1)
「獅子身中の虫」
業界内でそう言われているその三ヶ森タクシーの社長のもとで働きたいと思っている。雇ってくれないだろうか?

タクシー業界に欠けているのは、公共という観点。労働者不足と交通弱者の増加という少子高齢化の問題を棚上げして、自己利益のために自動運転は良いけれどライドシェアは反対する。

「1.5種免許」さえも、どちらかといえば業界のため社会のためになるはずなのに、経営側というよりも全自交労連などの組合側の反発なのか獅子身中の虫にされてしまう。

笑止。

「ライドシェア」とか「交通空白地」とか「社会的責任」とか「公共性」なんて言葉で、接続詞として「危機」とか「未来」とか「利益」なんてものを使い、「一致団結」を導き出す。もちろん主語は「我々」だ。
業界とはいったい誰なんだろうか? | トヨタ期間従業員に行こう
残さなければならないものはただひとつ公共の足なのだ。いつでもどこでも誰でもタクシーを利用できる便利さと公共性だけが残れば、タクシー会社なんてものは必要ないのだ。というか、そのタクシー会社の存在が国民の利便性と公共性を強奪しているとすると、排除されなければならないのはタクシーのほうで、業界はすでに公共性なんてものを捨てようとしている。
タクシーの未来 | トヨタ期間従業員に行こう
最初はUberそのものが敵であり「EVIL(邪悪)」だった。そのために「11項目の取り組み」なんてものを行ってきた。そのうちそれは「大嫌い」なんて私怨にも思える感情論になって「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんて海外企業を排除しナショナリズムを煽るような強弁で自社独占を言い出すしまつ。
オレたちに未来はない | トヨタ期間従業員に行こう
タクシー、というかモビリティ、移動には、白も黒もなくなったほうが良い。業界はいつも「安全性」を盾に独占しようとするのだけれど、業界の中にいるボクはその業界の「安全性」とか「公共性」なんてものに対して疑問を持っているし、「利益」が優先されていて、例えばタクシーがあるために他の公共交通機関が育たない交通空白地域なんてものも存在するという事実も目の当たりにしては、利用者に選択させろ、そして業界はもうすこし「公共」というものに立ち返れ、そう思うのだ。
合従連衡 | トヨタ期間従業員に行こう

業界こそ、国家に対しての獅子身中の虫だということに気づくべきなのだ。

誰が国民の足を奪っているのか。よく考えれば分かるはずだ。安全性なんて呪文を唱えながら「地獄へ堕ちますよ」と・・・業界というよりななにか奇妙な新興宗教のように思えるのだが・・・。


豊橋市で停車中のタクシーに車突っ込む
組織論(3)
人手不足だからといって誰でも採用してしまうと結果的に組織が腐ってしまう方向になる事はあるでしょう。 会社の信用が下がり他の従業員の士気も下がってしまい勿論顧客からも見放されてしまいます。

さといも | 2018/06/01 22:56
まさにタクシー業界がその通りで、人手不足で誰でも採用、労働集約産業なのでとにかく採用、なにをしても処分が甘く、運転者登録制度なんてザル制度が悪質運転手を退場させられることもできず、流しや待機場での乗車スタイルが顧客の商品選択肢をなくしてしまって信用という意識がない/薄い業界になってしまっている。

というのがタクシー業界という組織の状況。

士気が下がるのを、歩合制賃金や違法な累進歩合制賃金で煽る。誰でも採用しているもんだから、その歩合制こそ自縄自縛しているというも分からない。

誰でも採用している理由もそこにあり、腐ったリンゴを廉価販売しているのが業界だということさえも分からない。だって採用される前から腐っているんだから・・・。

せめて、腐っていると分かったらその時点で退場してもらわないと、いよいよ腐敗がすすむわけで、その組織さえも腐ってしまっては「会社の信用が下がり・・・顧客からも見放されて」しまうのだということを、ただただ白タク反対なんて言ってないで考えるべきなんだが・・・。

まあ、老害が多い業界、明日のことや未来のことなんてのは考えることが出来ないか。
組織論(1) | トヨタ期間従業員に行こう
組織論(2) | トヨタ期間従業員に行こう

豊川稲荷
組織論(2)
モラルのない業界でモラルを説く愚かさ・・・。

昔々、ある町に旅人がたどり着きました。
旅人はその町で4軒ある宿の一番きれいでセキュリティのしっかりしてそうな宿屋に泊まることにしました。
その夜のこと・・・。

旅人は町の散策にでかけました。
宿に戻り、部屋の鍵を開けてベッドに座ったとたん、旅人はなにか違和感を覚えました。

「ん?なんだか変だな」
「誰かが入ったような・・・」

そう思った旅人はすぐにトランクを開けて中の荷物を確認しました。

「あれ、カメラがない」
「あれ、いくつかの服もないぞ」

不審に思った旅人はすぐに近くにあった電話でフロントに連絡をしました。「すみません、泥棒が入ったみたいなんです」「警察を呼んでください」

それを聞いたフロントの男性は「え?泥棒ですか?」「警察ですか?」
つづけてフロントが言いました。「泥棒って、それはいったいどういうことなんですか?」

旅人は「とにかく警察を呼んでください」と叫びました。

しばらくしてふたり連れの警察官が部屋にやってきました。そうして「泥棒って?なにか盗まれたってことですか?」「この町はみんな泥棒なので、泥棒をしても逮捕できないんですよ」

「どういうことですか?」と旅人はもう少し大きい声で叫びました。

「みんな泥棒なので、泥棒を捕まえたらこの町がなくなるんですよ。それにわたし達も、ここに来る前にコンビニで万引きしたし」

「ええっ!それってどういうことですか」さらにさらに大きな声で言いました。

警官は落ち着いた声で「この町ではみんな泥棒をするので、泥棒は犯罪ではないのですよ」

旅人は、なんとなくだけれど、納得しました。そんな町に来た自分が悪かったと思いました。そうして、部屋に荷物を置いて出かけた自分が悪かったと深く思いました。

その夜、旅人は少し緊張しながら眠りました。
次の朝目覚めた旅人はチェックアウトの準備をしてフロントへ行きました。

フロントで少し待っていましたし、声もかけたのですが、誰も出てきませんでした。

旅人は考えました。「荷物も盗まれたし、泥棒の町だからこのまま宿代を払わずに逃げるか」

そうして旅人は支払いをせずに外にでました。
歩いて20分ぐらいの駅まで、少しだけ速足で行きました。

駅に着いた旅人に声をかける人がいました。

振り返ると、昨夜部屋に来た警官ふたりでした。

警官は言いました。

「宿代を払っていませんよね?逮捕します」

旅人は20年の禁固刑を言い渡されました。

腐ったリンゴは腐らない・・・。

伊良湖崎
鷹一つ見つけてうれし伊良湖崎(芭蕉)
組織論(1)
腐ったリンゴを取り除かないから、その腐敗した環境が組織や企業の風土となる。

腐っている、ということに気が付かないから、例えば泥棒をしたとしても「盗人にも三分の理」なんてことを言って、またそこから腐敗が始まる。あとはすべての倫理観が麻痺してしまい、組織自体が腐敗してしまう。

組織の中の愚か者を上司が放置したり、甘やかしたり、大目に見たりすることほど、企業に害をなすことはありません。そうした甘やかしは組織の信頼や士気を損ないます。信頼と士気がなければ、競争力の要である協働や迅速な対応は当然難しくなります。

組織から愚か者をなくす真の決め手は、現在いる愚か者を辞めさせることです。そして、その理由を全社員に明らかにすることです。価値を守らないからクビにしたのに、「ジョーは家族と過ごす時間を増やすために退職した」というようなつくり話でごまかすのはまったくの誤りです。


腐ったリンゴを取り除く努力はやめてはなりません。彼らは企業には腐敗そのものですから。
組織内の「腐ったリンゴ」を取り除きたいのですが | プレジデントオンライン

例えば、タクシー会社は公共という利他的な思想を基盤とする組織だと思う。その利他的な思想を基準とする組織に倫理観や道徳観のない人々が多くいるということが、これまで、そしてこれからもタクシー業界の社会的地位が上がらない要因だと考える。それは歩合給制の賃金制度や、それによる労働条件に原因があるとしても、多くの労働者の意識は「公共」とはかけ離れ過ぎている。

不正、不義、不倫、欲望をコントロールできない人の就職の受け皿になっていたということも、腐ったリンゴを増やし腐った組織にした理由のひとつだとしても、それもこれも、やっぱり利己的な個人と経営者、要するに利益優先、超資本主義的経営観念のせいだ。腐った業界に未来はないのかと思う・・・。いや、業界には「未来」なんてコトバさえないのかもしれない。

モラルのない業界でモラルを説く愚かさ・・・。

森道市場
森道市場にて
倫理観がない人を表現するのに、よく「欲望を上手くコントロールできない」人ということがあります。 たとえば、犯罪や不倫がそうでしょう。 このタイプの倫理観がない人は、説得も通用しないことが多いので、適当に距離を置いて、付き合うのがいいかも知れません。

倫理観と道徳観の違い、 倫理観ない人の特徴も合わせて解説 | マナラボ
森、道、市場で夕暮れの街切り取ってピンクの呪文かける・・・
ふ〜ん、って感じでゴールデンウィークも終わって、それはいつものことで、もう10年ほど同じ感じの春。

もうたぶんあの頃の感じで生きられないのは、それはきっとボクがオジさんになったからなのだろうと、思う。
「・・・そんなこともあったんだね」なんて久しぶりにあった人の話をうわの空で聞いている間にサクラも散った。風景は相変わらず想い出にしがみついていて、魔女たちの季節は少しだけ湿っぽく過ぎていった。

どうだっていいことなんだけれど、ボクのことがそれほど重要事ではないぐらい他人のことにも無関心で、テレビの中の物語なんてのは、なんだか陳腐な呪文のようで、汚れっちまっていることさえ気にならないでいる、魂。

昨日からラグーナテンボスで「森、道、市場」をやっている。あのラグーナ島は公共交通空白地で、島を抜け出すにはシャトルバスと自らの足しか「足」がない。
タクシーを呼んでも、スマホ配車で呼んでも、「1時間待ち」ならいいけれど、「タクシー乗場で並んでお乗りください」なんて言われ、並んだところで結局1時間待ちなんだから、なんのイベントだか分からなくなる始末で、ああ、そういえば「森」を抜けて「道」を歩いて「市場」に行こうってハイキングとイーティングとドリンキングとショッピングとミュージックということか。

その一瞬一瞬を楽しもうってことなのか、刹那。

というボクもきっと明日には島に渡って、サニーデイ・サービスを会場の外で聴いているに違いない。くるり、もまたまた外で聴いているに違いな。そのほうが、潮騒に混じり合い、潮風をたっぷり含んだ歌声のほうが、ボクには感動するに決まっているし、似合っているに決まっている。

海が見えるしね。急がなくてもね。

森、道、市場 2018 |

パシフィックヴィーナスと竹島
蒲郡ふ頭から竹島
前川喜平氏と西尾市と高須院長と一色うなぎ
前川喜平を招いた西尾市、高須院長の逆鱗に触れて数十億円の税収を失う | netgeek

高須クリニックの高須克弥院長の出身地が西尾市だと知らなかった。そしてこれまでずっと西尾市に住民票を置いてホテル住まいだということも驚きだった。さすがだ。

さて、今流行りの「前川喜平講演会」、それも地方自治体や公立学校が主催するということに対して違和感を持つ人が多いのではないのか?夜も眠れないほど「おかしな話だ」と感じているボクのような人もいるはずだ。

「子どもたちの未来のために私たちに今できること」という演題に相応しい人物か、という前に、西尾市や下関市のセンスの悪さ、という前に、バランス感覚を疑ってしまうのは、きっとボクだけではないはずだ。学校や市が「政治の不介入」を理由に政治的なことをしていいわけがない。(政治的意図がなければわざわざ前川氏を呼ぶわけがないし、この国に「子どもたちの未来」について講演できる人物がほかにいないわけでもなかろうし)


ボクが保護者なら考える。「やいやい、どういう了見だ」なんて学校にねじ込むに決まっている。

違和感は政治的思想的に中立ではないからだ。「市や中学校がこんなことしていいの?」ということなのだろう。逆に「この人が天下り問題の人で、貧困問題と言いながら出会い系バーに通っていた人ですよ」と晒しているのだろうか?それはそれで悪質だし、陰湿すぎる。

そういうことを考えると、高須先生の「西尾市の教育委員会が、前文部科学事務次官・前川喜平さんの講演会を後援していたからね。僕の税金をそんなものに使ってほしくないから。」という行動は正しいと思うんだが・・・。そういう抗議のしかたもあるってことも。

西尾市にふるさと納税をしているボクとしても、まあ、微々たるもんだが、なんとなく他人ごとではない、というか、この講演会のために少しだが利用されたかと思うと、また眠れなくなったり。

プレミアムフライデーとふるさと納税一色町うなぎ旅 | トヨタ期間従業員に行こう

それに「一色うなぎ」「西尾茶」「尊皇」なんてブランドが風評被害を受けるかもしれないと思うと、西尾市は、というか、地方自治体はもう少し民間企業並みの中立性を保たないと、困るのは市民だもんなあ。まあ、公務員も教師も天下り先があるから安泰かもしれないのだが・・・。

ということで、寝るか。


当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...