トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

UDタクシー論(3)トヨタVS日産
トヨタ自動車のJPNタクシーばかりが話題になっていて、ニュースサイトや個人のツイッターやブログでもUDタクシー=JPNタクシーのような記事が、意図的にか誤ってか発信されている。中には『乗れる日が待ちきれない 今年一番の注目車「JPNタクシー』(今年一番の注目車?トヨタのタクシー専用車「JPNタクシー」とは - ライブドアニュース)なんてのもあって、なんだか気持ち悪い。そんなにか?

すでに日産から2010年12月に「NV200バネットタクシー」(ユニバーサルデザイン仕様)が販売されていた。そしてニューヨークのタクシーはNV200が使われている。NV200だけではなくて、日産セレナのUD仕様車もあって、2016年2月から東京都の導入助成金の対象車両になっている。(ハイタク情報電子版|ハイタクニュース詳細

政治的な力、とか、地域的なもの(トヨタ車以外での不都合さ)があって、JPNタクシーこそがJAPANのタクシーのような情報操作が行われていて、例の「次世代タクシー河村名古屋市長試乗」なんてニュースもテレビ新聞雑誌で紹介される。

そういうトヨタ第一主義的な情報操作が意図的に行われるから、現場はしらけてしまう。どちらが扱いやすく、ユニバーサルなのかという検証も行われないまま、盲目的にトヨタ買いしてしまうのも、仕方ないことなのか?

なんて考えていたら、例のリコール。これもなんだか見えない力を感じてしまう。

さて、そんなトヨタと日産のUDタクシーの比較で絶対的で圧倒的な違いといえば、1点、車いすの乗降方法だ。JPNタクシーは側面のスライドドアに車いす用の板を置いて、運転手の力で車いすを押して、そして車内で回転させて固定する、というなんとも熟練を要する、そして体力を要する方式を採っている。

NV200やセレナは、後方ハッチドアからスライド式のスロープを降ろし、そしてウインチを利用して、そのまま固定する方式だ。

トヨタは相変わらず従業員(運転手)には厳しい。河村市長の試乗式を見ても、かなり急なスロープで、女性運転手には大変かもしれない、と、思ってしまう。というよりも、乗降時に事故が起きそうなリスクを孕んでいる。

「ニューヨークのイエローキャブやロンドンタクシーにも近年日産のミニバン(NV200)が使われるようになったが、トヨタは写真のようにロンドタクシー型を選択した」というように、結局ロンドンタクシー方式を採用したということなのだ。

「車椅子で乗り込み、市役所の敷地内を一周した河村市長は「目線が高くて気持ちいい。タクシーは家の前まで来てくれて利便性が高い。お年寄りにもぴったりだ」と話した」(ユニバーサルデザイン:次世代タクシー河村名古屋市長試乗 - 毎日新聞

なんて市長の「目線が高くて気持ちいい」とか「家の前まで来てくれて」なんて感想は、UDタクシーとしての感想にもなにもなっていなくて、それって普通のことなんですけど、なんてこれまた気持ち悪くなってくる。

とにかく、現場としては、というか、一運転手としては、車いすの取り扱いに関して、JPNタクシーは危険で、それも含めてセットするまでの時間がいったいどれぐらいかかるのか、なんて、やっぱりトヨタの大好きなカンコツとか、愚直さみたいなものを、ユーザー側にも求めるのかねえ、なんて、ユニバーサルもだけれど、ユーザビリティなんてことも、ちょっとは考えろよ、なんて突っ込みたくなる、ってことを、盲信的にトヨタ主義を貫く人たちに言いたいんだが。

日産セレナ
日産セレナ
Biz NISSAN(商用車、社用車選びは日産で):NV200タクシー

もうひとつ言わせてもらえば、サイド式だと道路を塞いでしまわないかね?後方式だと車の入っていけるスペースでの乗降車が出来るんだが。というわけで、河村市長の言う「家の前まで」行けないケースもJPNタクシーでは出てくるってことなんだが・・・。
最低賃金と初乗り運賃とタクシー運転手と
希望の党・・・
バベルの塔・・・

『実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」という』
バベルの塔 - Wikipedia

最低賃金が上がった。愛知県は871円になった。これまでの845円から3.1%程度の上昇だ。ボクたちの生活もその3.1%程度良くなるはずだ。月給20万円の人は6200円程度の昇給になるはずだ。どんな職業の人でも1日8時間の労働に対して6968円が支払われるはずだ。きっと。ブラック企業でない限り・・・。

最賃が上がるたびにボクたちは喜ぶ。実りの秋だ。賃金に対して無関心な労使のかわりに国家はキチンとボクたちに希望を与えてくれる。希望の秋だ。

希望の秋なのだけれど、あいかわらず、スーパーの見切り品に並び、発泡酒を飲む。ワーキングプアなんて言わないけれど、ワークライフバランスなんてすでにアンバランスで崩壊寸前だ。最低の賃金、なのだ。

最賃もだけれど、国家や業界がボクたちの生活のために決めてくれている運賃も、とにかく「賃」と付くものには裏切られ、失望し絶望している。結局は、最賃も運賃も国家のため企業のための欺瞞。「暮らしが良くなったね」「これで老後も安心だね」「やっと普通の生活が出来るよ」なんて声は、聞こえない。

ボクたちに貯えられるものはといえば、脂肪と病気と借金ぐらいなもの。健康的で文化的な生活とはほど遠い。まあ、とにかく実りの秋だ。喜べ。

雨だったので、ちょっとグラフ化してみた。

タクシー運賃改定と年収推移
最賃が改定されようが、運賃が改定されようが、運転手の年収には反映されないようだ。やっぱりね。

カナさんが辞めた理由 | トヨタ期間従業員に行こう

最低賃金額改定で考えたこと | トヨタ期間従業員に行こう

データーは統計局のサイトから抜き出しました。
統計局ホームページ
UDタクシー論(2)神とトヨタ
「ブームからは決して『希望』は生まれないのです」
安倍首相の演説は言い得て妙だ。

「移動等円滑化の促進に関する基本方針」が平成18年に施行され、平成23年に基本方針が改正され「平成32年度までに福祉タクシー(UDタクシー含む)約28,000台とする」7整備目標が設定されてから11年過ぎた。

そして「平成23年度より『標準仕様ユニバーサルデザインタクシー認定制度』が導入され、同認定レベル1に適合したUDタクシー車両が一般に販売されるなど、更なるUDタクシーの普及が望まれ」てから、6年経っている。

もうすでにボクが業界に入職した時には福祉タクシーというUDタクシーが走っていたし、市役所は「福祉タクシー券」を配布していた。(額面1200円で、タクシー福祉券と間違ってもらったことが何度かあった)

「世の中の趨勢」と昨日の記事で表現したUDタクシーブームが、11年過ぎ、6年経った今起きている。業界が企業がそしてボクたち運転手がUberや運転自動化で抱いた「絶望」を払拭するように、UDという「希望」が突如として輝き始めた。

ボクたちも消費者である。経済という神の創り出した「ブーム」に踊らされる。それが仕組みなのだ。

その仕組みの中でボクたちは生かされている。

東京オリンピックが目前に迫ったからでも、「パーフェクト・レボリューション」が公開されたからでもなくて、神の使徒であるトヨタ自動車がタクシー仕様車であった「コンフォート」の生産を中止したことが、この騒動の主因で、その神様の使徒、トヨタ様に動かされ、生かされている。

業界も企業もボクたちも、何も言えないまま、従うしかないのだ。

JPNタクシーという、いかにも国家を代表するようなネーミングをもって、万能で全世界的で普遍的な真理を、神は創造した。すべてを破壊したあとの混沌に秩序をもたらす、という、またあの傲慢なやり方で、トヨタがボクたちを支配しようとしている。

そうして国家も、助成金という制度で「やさしさ」を強要する。「愛」は踏み絵となった。あのエコカー減税でプリウスを売った時のように、いつも神はトヨタという使徒を重用する。

神の子は皆、踊るのだ。知らぬ間にボクたちは、踊らされている。それが世の中の仕組みなのだ。「希望」も「失望」もアンチノミーとして存在する。「希望」は「失望」なのだ。

UDタクシー論(1)こころのバリアフリー | トヨタ期間従業員に行こう


トヨタの大技 | トヨタ期間従業員に行こう

エコ替え トヨタの大技(2) | トヨタ期間従業員に行こう

自動車業界のマッチポンプ商法 | トヨタ期間従業員に行こう

プリウス開発費は政府が負担? | トヨタ期間従業員に行こう

教えて!UDタクシー

JPN-TAXI
UDタクシー論(1)こころのバリアフリー
「UDタクシーを導入しなければならない理由ってなんですか?」

なんて聞かれた。

「そりゃ、世の中の趨勢だろうねえ」なんて答えた。

確かに最近のタクシー業界の話題はというとUberとUDだ。「観光、子育て、福祉」これが業界が生き残りをかけた三種の神器だとすれば、UDタクシーは必要不可欠なツールだ。

「そうだなあ、実はオレたちに足りないものは『やさしさ』なんだよ。オレたちドラバーも、それに会社も、売上第一主義だから、もちろんそれは重要なことではあるのだけれど、それにオレたちの雇用を守るためには利益は必要だし、オレたちはボランティア活動をしているわけじゃないんだけれど、タクシーってのは、実は、身動きのとれない人たち、交通難民とか移動困窮者とか、そういった弱者のために存在していて、そういった人たちを救うこと、それがさらに重要なことのように思うんだが・・・。」

「要するにボランティア的な職業ってことですかね?」

「まあ、そうだなあ。そういった心構え、というか、スピリッツみたいなものが必携なんだと思う。それをまとめて『やさしさ』ってことなんだけれど。その『やさしさ』を育むためにも、UDタクシーのドライバーとして、社会貢献をしているという意識、というか、自己認識というか、心のバリアフリーをするための啓発ツールでもあるのかなあ。」

「やさしい人も多いですけれどね」

「さらに優しくってことじゃないのかなあ」

「きっと、この先、『UDタクシーも導入していない会社』なんて言う人も出てきますよね」

「そうだね。きっとCRC、社会的貢献度の低い企業だと思われるだろうし。淘汰される要因にもなるだろうね。それも世の趨勢ってことなんだけれど。」

「住みやすい街、とか、高齢者に優しい街、なんてランキングの評価基準にUDタクシー導入率なんてものも・・・」

「きっと、そうなると思うよ。街の顔である豊橋駅に着くとUDタクシーが1台もいない、なんてなると恥だもんね。カーフリーデーをやっているぐらいだから、きっとバリアフリーでユニバーサルな社会を目指しているに決まっているし」

「佐原市長って、JICA経験者ですもんね」

「そうそう」

「でも、イベント好きなだけかも」

「イベントにやさしい街かあ」

「『陸王』で、交通規制ですもんね」

「まあ、カーフリーデーだったんで、ちょうど良かったかも」

「そうそう、陸の王様、車に対して考える日でもあったわけだし」

「陸王って、まさか某企業のことだったりして」

「あるある・・・。まあ、その某大手自動車企業の話も、UDタクシーと関係しているんだけれど・・・」

「そうなんですか」

「そう。あ、お客さんだよ」

そんなこんなで、カーフリーデーの夜も更けていったのだけれど・・・。

陸王ロケ
ドラマ「陸王」ロケで、広小路バリアフルな一日。

バリアフリー:心のバリアフリー - 国土交通省
佐田の海の1勝で考えたこと
北の富士さん、舞の海さん、吉田賢アナウンサー、ボクの大好きなトリオでの中継解説で千秋楽をむかえた大相撲秋場所は、日馬富士の大逆転優勝で終わった。(千秋楽の対豪栄道、2連勝は凄かったね)

番付下位の力士の活躍が目立ったのは、横綱大関が休場したからだろうと思う。個人的には高安と宇良の休場と、嘉風が初日から四連敗したことで、気力(もちろん観戦する気力なんだけれど)が失われて、稽古にも(もちろんこれもテレビ観戦なんだけれど)身が入らなかった序盤だった。ところが嘉風の8連勝とか朝乃山の活躍、豪栄道のあやうさなんてことから、中盤からは仕事中にも取組みが気になるほど、稽古に身が入った。

秋場所一番の取組は、優勝を逃した豪栄道と同じ部屋の佐田の海が13日目に初日をあげた取り組みだ。初日から5日間休場し、6日目から出場したが8連敗、そのあとの1勝だった。

7敗5休、普通はどこかでくじけそうになると思う。いや、また休みたいと思ったに違いない。万全ではない体調、ひとつも勝てないあせり、痛む身体。そういった中、どのような気持ちで土俵に上がり、どのような気持ちで毎日を過ごすのだろうか、なんて考えていた。

13日目の1勝は、ボクたちに生きることの意味とか、ボクたちに働くことの意義なんてことを教えてくれた。それはプロ意識と言っても良いと思う。負けが決まっていたとしても、勝てないとしても、最後まで力を尽くす、そんな生き方を教えてくれた一番だったように思う。

勝った人が称賛されるのが勝負の世界だとしても、その7連敗なんてことも、そうして2勝しかあげられなかった結果も、実は称賛されるべきことなのだろう。

負けもまた美し、そんな秋場所だった。

芋ごはん
芋ごはんできたよ。
甲子園雑感
徳が栄え花が咲く。花咲徳栄高校の優勝で終わった99回夏の甲子園、高校野球をみていると、もうボクが忘れた純粋さとか無垢なんてコトの在処を考えてしまう。

大会11日目、広陵高校との対戦に負けた聖光学院のエース斎藤は泣き崩れ動けないでいた。監督やチームメイトに抱きかかえられてベンチへ戻る姿が痛々しく哀しかった。

4−4で迎えた9回表、ノーアウト一塁で広陵高校中村との対決、2ストライク後の真ん中高めストレート、見逃せばボール。セオリー的にも一球外す、バッテリーもそのつもりだったのだろう。その外したはずのボール球は中村のバットに強く叩かれホームランになりそれが決勝点となった。悔やまれる一球。

その前の6回、救援した直後に満塁にされ中村に同点2点タイムリーを打たれた場面も同じ制球だった。その時は同じく3球目の高めのボール球を怪物は見逃している。見逃した後の低めのボール球を打ったのだけれど・・・。

ボール1個分、あるいは、半分、ストライクゾーンに近かった。それだけのことだった。それだけのことだから悔やまれる。悔しさに涙が流れる。

いや、広陵高校中村は怪物なのだ。同じ時代に中村がいたことは、幸せなのか不幸せなのか。中村でなければ、斎藤は打ち取っていたのではないのか。あの高めの、見逃せばボール。

一人一役全員主役。広陵高校のモットーだ。全ての高校球児の涙の上に決勝戦がある。苦しさや悔しさの上に決勝戦がある。敗れるものが必ずいるのが人生だ。そうして敗れたものしか分からないのも人生だ。

怪物中村の活躍は、その華々しさの陰を際立たせて、そうして中村も泣いた今年の甲子園、決勝戦のあとの感想なのだ。

甲子園の月 | トヨタ期間従業員に行こう
高校野球には敗者の美学がある。いや、高校野球だけではなくて、スポーツとは突き詰めれば負けることが重要なことなのかもしれない。必ず負ける。全国4000校から甲子園に出場できるのが49校、そして優勝できるのは1校だけだ。


負けるために | トヨタ期間従業員に行こう
努力だけではどうしようもないことのほうが多い。奇跡なんてのはそう簡単に起きるものでもない。99.9%の敗者によって世界は成立している。そのことが分かると努力が無駄にならないということが分かるのだろうと思う。


スイカ2017年

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...