トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

期間従業員が増えているたったひとつの理由
「あの〜、田原のトヨタ寮まで」
「はい、どちらの寮ですか?」
「えっと、イオンの近くなんですが」
「吉胡?滝頭?」
「あ、そうそう、滝頭です」

そんな感じでタクシーを利用するまだ慣れない新人期間従業員と思われる人が増えたのは、忘年会シーズンということだけではいようだ。

レクサスLSがフルモデルチェンジして、その売行きが良いということらしいのだけれど、それも、期間従業員が増えた理由なのだろう。
レクサス、新型「LS」発売1カ月で約9500台を受注。月販目標台数600台の15倍以上に - Car Watch

また、1月からの増産期に備えての「調整弁」としての労働力を増やす時期だというのもひとつの理由なのだろう。
相変わらず「特別手当10万円」「初回更新手当10万円」なんて餌で非正規労働者を使い捨て、利益の最大化を図ろうと(コスト削減を図ろうと)している。
トヨタ自動車 期間従業員のご案内

期間従業員が増えているのは、そんな増産に対応しての人員確保、ということではなくて、実は「2018年問題」によるものだと、ボクは思っている。平成25年4月1日に改正労働契約法が施行され、無期転換ルールが規定された。無期転換ルールとは「同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みによって無期労働契約に転換されるルールのこと」だ。
労働契約法の改正について〜有期労働契約の新しいルールができました〜 |厚生労働省

トヨタをはじめとする大量に非正規雇用を続けている企業は、これまで通りこの国の若者を使い捨てる「カイゼン」を続けるだろう。そのためには労働力のバッファ機能は残しておく必要がある。「カイゼン」とかカッコいいこと言っているが、多くの若者が人柱になったからこそ企業は成長できたというのも事実なのだ。

そうして気が付けば少子高齢化、格差、貧困という問題を引き起こし、車を買えない若者たちを製造した。

5年という約束の歳月。それは約束ではなくて、それも若者を、この国の若者を、長期間非正規として使い続けるカイゼン策だったのかもしれない。6か月間の空白期間、いわゆるクーリングオフ、そのためにまた多くの若者が雇止めされる。そしてあらたな若者が「特別手当10万円」とか「年収400万円」なんて甘いコトバに誘われ蟻地獄へおびき寄せられている。

その「5年ルール」と「クーリングオフ」、「若者を使い捨てる」というカイゼンのために、街には期間従業員が増えている、ということなのだ。

トヨタ期間従業員募集

10年たっても、なにもカイゼンされていないってのが、この国の雇用問題なんだ。
旭酒造の意見広告で考えたこと
日本の企業が、今回のような「買わないで」なんていうネガティブ広告を出すことは珍しいのかもしれない。

2011年の patagoniaの「Don't Buy This Jacket」という新聞一面の意見広告を思い出した。それは「経済」という阿片窟のなかで「消費者」という名誉ある称号を与えられたボクたちが嬉々となって「消費」することだけに夢中になっている、その中毒症状に対しての警鐘だった。
「Don't Buy This Jacket(このジャケットを買わないで)」:ブラックフライデーとニューヨーク・タイムス紙 - パタゴニアのブログ「クリーネストライン」

今回の旭酒造の「お願いです。高く買わないで下さい。」という広告も、同じように狂ってしまったボクたちの「経済」と「消費」の中毒症状に対して、疑問を呈し、警告をしているのだろう。

経済とか流通なんて仕組みの中で、3078円で買える「純米大吟醸50 1800ml」が、一瞬にして二倍三倍の値段になってしまう。造った人たちの意図とか意思なんてものとは無関係に、価値を大きく変えて消費されてしまうということは、正しいことではないのだろう。

経済が、企業に利益の追求を強いる。大量生産大量消費の需給というバランスゲームの虜になったボクたちは、重力や引力なんて旧来の神の手から逃れ離れ、均衡点を人為的に強引に動かそうとする。適正価格なんてものは、とうの昔になくなってしまって、消費量だけが価格を決定する。そうして消費という廃棄活動をするようになっては、全てのモノはその本質を喪ってしまう。人もまた生きる本当の意味をなくし、ただ経済という歯車の中で、労働という廃棄活動のために、ただただ消費する。成長しなければならないからだ。

獺祭は美味しいと思う。

3000円は安いと思う。でも逆に3000円で出来るという蔵元の自負なり矜持なりがあるのだろう。10000円なら「普通にできる」のかもしれない。3000円だから美味しいのかもしれない。そのボクたちの感覚が、いつかは獺祭という酒の価値を下げる。

獺祭の意見広告は、流行や宣伝に踊らされ盲信してしまっている、そういったボクたちの、この国の、この国の政治に対しての警鐘なのかもしれないと考えると、安倍首相や昭恵夫人がトップセールスをしていたことも、なにか奇遇だなあ、なんて思っているんだが・・・。

獺祭

というか獺祭を定価で買えるってことを知らない人も多いかも?
Twitterやってます
インスタはやってませんが。
2009年に登録して、あまりつぶやいたこともなかったのですが、それにどうなんだろうね、なんて思っていたもんだから、そのまま放置状態になっていて。ただ、このブログと連携されているので、ここが更新されればTwitterに反映される仕組みになっていて、なんとなく繋がってはいたのだけれど・・・。

そんなこんなで、なにかの拍子で、Twitterを検索していたら、面白くなって、というか情報の速さとか質なんてものに少し感動して、やってます。

田原笠山(@taha_ra)さん | Twitter

ということで、昨日今日と忘年会の人も多いと思いますが、タクシーの中で吐いたり、路上で眠って轢死とか、喧嘩したり、財布を落としたり、ぼったくりバーに連れ込まれるとか・・・しないように、されないように。

ということで、忙しいなう。

News Up あなたの飲酒はアルハラ? | NHKニュース

紅葉
蓬莱泉 純米大吟醸 摩訶
これはボクにはもったいない。
生涯で2番目に美味しいお酒。

関谷酒造が自家栽培米「夢山水」を30%精米して造った「純米大吟醸 摩訶」をいただいた。華やかな香りとふくよかな味・・・美味しい。

創業150年の節目に、私たちは関谷醸造の今を表すお酒を造りたいと考えました。 奥三河の風土にはぐくまれた、米の旨味を丁寧に引き出した高品質の酒です。 原料米に自社で栽培した酒造好適米「夢山水」を使用し、米作りから始まるすべての工程に最高の成果を求めて取り組んだお酒が「摩訶」です。
純米大吟醸 摩訶

栓を開けたとたん、部屋中に甘い香りが漂う。よく表現されるフルーティな香り、とか、メロンの香、ってやつだ。同じ関谷酒造の大吟醸「空」よりもやさしく喉を通り過ぎる。その後に鼻腔を通じて脳に甘い香りが突き抜ける、感じ。

ありがたい。

なによりも、般若心経が化粧箱とラベルに刷られている。「摩訶」とは、大きい、多い、優れているという意味。摩訶般若波羅蜜多心経。

故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経

般若心経の深重で重厚な軽快さが思い出された。お香の甘く切ない香りが漂った。冬枯れた霊場から聞こえる心経の響きが聞こえた。そうしてそんなお酒だと感じた。

なにはともあれ、ありがたい。

蓬莱泉 摩訶

貴乃花が嫌いなんですがなにか?
日馬富士暴力事件が起きた原因、いったい誰が悪いのだろうか?

ということで、微妙なアンケートシリーズ・・・
タクシー運転手16人に聞いた(相変わらず微妙やなあ)「日馬富士暴力事件、誰が悪いのか」。

日馬富士暴力事件アンケート

1位(6人)・貴乃花親方
2位(3人)・貴ノ岩
2位(3人)・日馬富士
4位(2人)・相撲協会
4位(2人)・白鵬

主な理由

・そもそも、貴乃花親方は人を不幸にする疫病神だ。
・若乃花がかわいそうだ。
・貴ノ岩なんて相撲バカの常識知らずだろ。
・貴乃花なんてののが正義感だけを振りかざし
・暴力はダメだ
・相撲協会がちゃんとしていないからだ
・あの場にいた全員になんらかの責任がある

なんていう意見があって、結局、今回の騒動でボクの周りでは、貴乃花親方と貴ノ岩が悪い、という意見が多かった。暴力を肯定するわけではないのだけれど、各界とかモンゴル人社会なんてボクたちの分からないことを、ボクたちが立ち入ることのできない社会のことを、ボクたちの基準だけで判断するのもどうなのかななんて思っている人も、「角界は角界という異界なんだからそれぐらいのことはあってもしかたないんだよ〜」なんて思っているボクのような人も多いはずだ。

そう考えながら、伝え聞く内容から、貴ノ岩の態度はないだろ、そして貴乃花親方の行動もいかがなものか、なんてことから「被害者が悪者」になったのではなくて、被害者の行動に問題があるから悪者になっているんだと思ったりしているんだが・・・。

ということで、微妙なアンケート、相変わらず無責任で微妙で悪いね。

微妙なアンケートシリーズ
Dance Like Nobody's Watchingを聴きながら
昨日の湯豆腐の残りにうどんを入れて食べた。
それが正当な値段なのか分からないのだけれど、ひと袋28円。もやし38円。卵は10個入りで160円ほど・・・。

それから街を少し歩いた。

黄金色の街路樹の代わりにイルミネーションがあくまでも冷酷な光を放っている。それがシアワセの正体だったりする。

行き場をなくした夜とその残滓がコンビニの前にうずくまっている。それもシアワセの正体だったりする。

ボクはイヤフォンでしっかりと耳を塞ぎまだ残っているはずの秋を探していた。

あった。あった。やっぱりまだ残っていた。なんて小躍りしながらそのイチョウ並木の中にいた。

それも人工的に植林されたものだとしても妙な光よりは美しい、はずだ。ボクが間違っていなければ、きっと。

このイチョウ並木の中にテントを張って寝てみたいものだと思った。テントに落ちる葉音を聞きながら熱燗でいっぱい、なんてきっと気持ち良いに決まっている、そう思った。忘年会もこんなシチュエーションですれば良いのにと思った。

しばらく写真を撮ってから、そうしてアパートに戻ってきた。夜仕事なので眠らなければならない。「あ〜あ、面倒くさいなあ」なんて思っている。その間中Dance Like Nobody's Watchingが繰り返し繰り返し流れている。

豊橋公園のイチョウ並木
豊橋公園、東三河県庁前のイチョウ並木。

Donavon Frankenreiter - Dance Like Nobody's Watching - YouTube

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...