トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

豊橋女性殺人事件秘話
5年前、豊橋市大村町のアパートで女性が殺害された事件の犯人が逮捕された。

ちょうど5年前、もう5年も前になるのかと、今朝の職場はその話題でもちきりだった。働いていた豊橋駅西駅のスナックを出てタクシーで帰宅後に殺害されたと報道されたものだから、当時ボクたちタクシードライバーの何人かも職務質問されたし、かなり疑われた人もいるようだった。

「ヨシダタクシーに乗ったらしいよ」とか、「大村町なんで豊鉄タクシーが怪しいんじゃね」なんて・・・。

実はボクも疑われたひとりで、そうして今だから話すけれどこのアパートにも愛知県警の人が来て、いろいろと質問をされた。

その理由ってのが、このブログの記事で、日本の警察の検索力はすごいと感じた。だって、ここを探し当てるんだから・・・。

その記事の一部・・・

生活保護(という国家の脅迫)から、水商売(という努力)によって、結果的に死んだとすれば、やっぱりこの国の保護なんてのはどこか冷たくてどこか間抜けな感じがするのだ。

勇気があるやつは首を吊り、やる気があるやつはヤクザになる。なんにもできないやつは人に小突かれ叩かれて「すみません、すみません」と頭を下げるだけ。図太さもないものだから生活保護なんてもらっても「働きなさい」という役人のひと言にやりたくもない客商売。最後にゃ縛られ殺されて、それでも「すみません」とキチンとたたんだ下着が言っている。

豊橋女性変死事件で考えたこと | トヨタ期間従業員に行こう

最後の一行の『最後にゃ縛られ殺されて、それでも「すみません」とキチンとたたんだ下着が言っている』がどうも犯行現場と一致しているらしくて、「どうして『キチンとたたんでいた」なんて書いたのですか」とか、「生活保護なんて報道にはないですけれど、どうして知っているのですか」なんて、2時間ぐらい職質された。事件から半年ぐらいすぎた頃だっただろうか。

そうしてキチンと指紋まで取られて、なんだか嫌なカンジだったので、玄関を出た刑事の背中に「ファック」なんて呪いの言葉をかけてやった。

「『キチンと』ってよく使うんですよ」なんて言った。「もう少し若ければ街娼にでもなれたのでしょうけれど」なんてボクの想像を話した。そして「ボクももう少し若ければヤクザになったかもしれませんが」なんて言った。

そうしてボクは「きっとキチンと捜査しないで迷宮入りになるんだろうなあ」なんて、殺された女性が死後も国家から差別されるだろうことを考えていた。

犯人逮捕の報道に、なんとなく、ボクはホッとした。
でも、身寄りのない女性が、そうして世の中の底で生きている女性が、もしも本当に、キチンと下着をたたんで亡くなっていたとしたら、本当は、本当は、その犯人である恋人が最後まで捕まらないでいてほしいと願って、そうして少し笑って亡くなったかもしれない、そう考えると、なんとこの世の哀しいことかと思えてくる。

死んだほうがシアワセなことだってかなりある。世の中の底の夜の底で蠢いている人たちのシアワセなんてのは、せいぜい酒を飲んで哀しみを紛らわすだけなのかもしれないと思う。もう夢も希望も、そうしてそんな言葉も失って、ただ食べて飲んで寝るだけの生活が、文化的な生活とはほど遠い生活が、それがシアワセだと思い込もうとしている人たちが、この豊かな国にもかなりいるってことを、知っているのだけれど、それを自助努力なんてコトバひとつで片づけようとする人も多い。

だって、もうどうしようもないことだってあるのに、だって、努力し続けても世間というものにハジカレルことだってあるのに、だって、ココロの病だってことだってあるのに・・・。どうしようもないことばかりなのに・・・。

どうしようもなくて、ボクもこうしてまだ世も夜もその底が見えないところで酔っぱらっていて、死んだように生きている。いやもう死んでいるのかもしれないと、思ったら、なんとなく身体が軽くなった。

彼氏が捕まったことは良かったのかい?
それはあんたにとってシアワセなことなのかい?

豊橋女性殺害事件秘話
水に落ちた犬は打て
隣国の騒動を見ていて、ふと「打落水狗」なんてことを思った。

とことん打ちのめさないと気のすまない精神構造は、ボクたちにはどうも異様に見える。「武士の情け」で赦すのがこの国の人たちのようでもある。

なんて書きだしたところで、同じことを昔に書いたことを想い出す・・・

「水に落ちた犬を打つ」なんてことはなかなか出来ないもんで、やはり日本人は「武士の情け」なんていう、どこかで相手をゆるすというような精神構造を持っていると思います。いえ、あの崖っぷち犬、リンリンの話ではなくて。

日本が戦争に負けた理由というのは、情報不足や科学精神の欠如、軍部の分裂などが挙げられているようですが、ボクはどうも日本人は勝負事が苦手な民族で、もともと相手を完膚なきまでに打ちのめすということが出来ない、だから原爆投下などの大量破壊や虐殺、無差別殺人なんてことを作戦として実行できなかったからだと、考えています。水に落ちた犬を打てないということです。

そしてそのような絶対的勝利やひとり勝ちということに対して、どこか後ろめたさがあり、それは卑しいことだとする精神がボクたちにあるのではないかと、思っています。「もう勘弁してやれよ」というようなことが、毎日のようにボクたちの回りには起きているように思うのですが。

打落水狗 | トヨタ期間従業員に行こう


なんて今から10年近く前の記事を読み返している。

しかし、「もう勘弁してやれよ」と赦した相手が、やがて息を吹き返し牙をむいて仕返しをする、ということもよくある話。そうなったら今度は容赦なしで打たれてしまうに決まっている。

なんてことを考えると、やはり打落水狗、水に落ちた犬はとことん打ちのめさないといけないのかもしれないが、そこはまた違う国の諺で「目には目を歯に歯を」程度のやりかたが正しいようにも思ったりする。

隣国の話、だけではなくて、ボクたちは「フルボッコ」しなければ気が済まない、とか、それが快感になっているように、そういう精神風土に傾斜しているように思うのだけれど。

100%フォー・ザ・プラネット
パタゴニア:100%フォー・ザ・プラネット
ほっこり芋ごはん
縁あってさつま芋が手に入る。
たまに芋焼酎が手に入ることはあるんだけれど・・・。

川越の芋、飯村の芋

で、さつま芋レシピを考えて考えて、そしてさらに考えて、さつま芋づくしの「ほっこり芋ごはん」を作ってみた。

まずは、

サツマイモサラダ

カリカリさつま芋のサツマイモサラダ。
さいきんハマっているゴルゴンゾーラチーズをのせて。

大根蓮根薩摩芋煮

大根蓮根薩摩芋蒟蒻のあわせ煮。地下系植物は胃腸に良いからね。なんてことにかけて、いちょうの実(銀杏)を入れそこなった・・・。

芋天

普通に芋天。塩でいただきます。

焼き芋のトマトソース、マッシュドスウィートポテトとろけるチーズ

で、メインプレート。

焼き芋のトマトソース。
トマトソースを作るのは得意だからね。

マッシュドスウィートポテト。
これはけっこう面倒というか、ちょうどのかたさにレンジアップしてすり潰して、あと塩コショウとオリーブオイル、マヨネーズで味付けして、とろけるチーズでトーズト(トースターがないのでレンチンだけれど)

芋ぜんざい

デザートは、芋ぜんざい。

これだけ芋ばかり食べたら、胸焼けした。
スープものを作らなかったのも後悔した。
冬の訪れを感じた。
そうして芋畑を想い出した。
ポケモンGO交通事故死について考えたこと
きっと無料だからここまで流行したんだろうね。

一宮市でポケモンGOを運転中にしていたポケモンハンターの車にはねられ死亡した小学生は、その無料ゲームの被害者だ。ボクたちはそのゲームのために取り返しのつかない損失を被ったことになる。どれほどそのゲームが有効に利用されようと、亡くなった小学生は戻ってはこない。

ひとりの命より大切なものってのはなんなんだろう?人を殺してまでも他人の利益ってのは優先されるべきなんだろうか?

こうなることは初めからわかっていて、人々はその有用性とか有効性ばかりを強調する。例えば経済効果のこととか・・・。でも、だれもその損失は考えない。いや、それが経済優先主義の病理でありジレンマだと解かっていても目を背けてしまう。

任天堂やマクドナルドの株価が上がったとしても、靴が売れ飲料水が売れたとしても、ポケモンスポットに多くの人が集まったとしても、それがどれほどボクたちの生活を潤してくれるのですか?

逆にこの国の将来を危うくするのではないでしょうか?国家的損失、企業の生産性の低下、事件事故、それに勝るほどの効果があるのでしょうか?
Pokemon GO の経済損失は考えませんか? | トヨタ期間従業員に行こう


経済 > 子供の命

無料のゲームアプリを、これまた無料の道路で展開する。

この「無料アプリ」の利得性とか利便性、とか、「おまけ」のそれ、みたいなものは、例えば同じく使用料無料の公共道路を利用するUberなんてオンデマンドシステムにも共通する危険性を孕んでいて、やはり「タダより怖いものはなし」でどこかで規制しなければならないのではないのだろうか。みんながハンターになる危険性。

ボクたちはすでに経済という絶対神の、国家とか企業という宣教師によって、「消費者」というホーリーネームを与えられ、嬉々として罪を犯している。ひとりの命よりは経済のほうが大切だと洗脳されている。

それを象徴するのが今回の愚かなポケモンGO事故と一宮市への脅迫状なのだ。

サウザンド・サニー号
サウザンド・サニー号でGOのほうが気持ちいいに決まっているのにね。

ポケモンGO規制:要請の愛知・一宮市に脅迫メール - 毎日新聞
希望
いいえ、ボクたちに必要なのは希望なのです。
そうして、この国が失くしてしまったものも希望なのです。

豊かさとは、どれほど希望がポケットに入っているか、あるいは、入るか、ということなのです。その希望には、根拠なんてものは全く必要ないのです。

ボクたちは、確かに貧しかったのです。駄菓子を買うこともなく、少年ジャンプを買ってもらうことも出来ずに、仮面ライダーを同級生の家に見に行き、近くのおじさんはもらい風呂に来ていて、洋服は盆と正月しか買ってもらえないほど、今考えると、途方もなく貧しかったのです。

それでも、ボクたちには、根拠なき希望がたっぷりとあって、シアワセな日々を送っていました。ボクたちの未来は、それは手の届くほどの位置にあるものでさえ、カガヤイていました。努力が報われるセカイがボクたちの明日を担保していました。それは暗闇の向こうの隙間に光が差し込んでいるような感じで、そこに行けば、そうしてその扉を開けることが出来さえすれば、たっぷりと浴びることのできるものだと、確信していた時代でした。

その希望があったからこそ、長姉は集団就職で紡績工場に行って、その給料で仕送りをして、ボクたちを支えることができたのです。働くとはそういうことだったのです。その先に希望があって、その先に夢があって、その先にシアワセが待ち受けている、ということ。

活躍とか活用とか、生産性なんて耳ざわりの良いコトバの必要のない労働、希望こそがボクたちの原動力だったのだし、この国を発展させた根本原理だったのです。そうしてその希望という原理の下に平等とか公平が与えられていたのです。

今は、いったいこの国はどうしたことなんでしょうか。夢も希望もない国家になってしまいました。ボクたちのポケットには、というか、ボクたちには希望を入れるポケットさえ失くしてしまった。夢や将来なんてことを考えることが出来なくなってしまっている。だって18歳の春にボクたちは選別され、その春や4年後の春に、その時の経済状況で、ある人は氷河期の中に閉じ込められ、ある人はパワハラやセクハラに集団不適応になり、ある人は非正規という烙印をおされ隔離される、そうしてすべり台社会の中で這い上がれなくなる。這い上がれなくなるどころか、自死、過労死する若者も多いのです。

いくら努力しても報われることがない。それがこの国の現状ではないのですか?

希望なき国家。それで発展が望めるのですか?発展どころか国家と言えるのですか?

「東京や日本に、もっと希望を見いだしてほしい。東京や日本にはいろんなものがあるが、ひとつ足りないのは希望ではないか」

希望の塾の入塾式での小池百合子東京都知事の挨拶文です。

この国にはいろんなものがあり、それはお金で買えたりします。豊かだと言われています。飢えや餓えで死ぬ人もほとんどいません。でも、発展途上国のほうがはるかに豊かな生活を送っていると思います。そうしてボクの少年時代のほうが今よりもかなり豊かだったように思います。

それは「希望」があったからです。そう「ひとつ足りないのは希望」なのです。そうして国家とは希望の在処なのです。

獺祭
獺祭大人買い・・・豊かさや五臓六腑にしみる酒(笠山:)
老後というか、かわいいオレには旅をさせろ
「将来?この先、ちょっと早めにリタイアして元気なうちに四国や西国を巡礼して、東海道とか奥の細道とかを歩いて回るのが目標かなあ」

なんてGさんの質問に答えた。「それも野宿とかでね」なんて付け加えたら、少し驚いたようなため息をついた。そして少しだけボクの野宿論みたいなものを話した。

でも、こんな清潔な生活をしていると、もう土の上では眠れないんじゃないかと思ったら哀しくなった。土の上どころかアジアやアフリカの安ホテルには泊まれないんだろうなあ、歳を取るってことは、そういうことなのかもしれないと、思った。

この部屋の構造にも問題があって、畳がない生活というのは、きっと土から人を遠ざけてしまうのだろうと思う。なんだかヘンテコリンな床とか、車の中とか、椅子の上の生活なんてのは、人の動物としての本能を失わせる。畳とか木なんていう自然の物に触れる生活をしなければ、それはどんどんと加速されて、無菌状態の、そして無臭状態の空間でしか呼吸が出来なくなってしまう。

「ニオイは大切」なんてGさんが言った。

「まあ、確かにね、ニオイで仲間とかをかぎ分ける能力ってのがあれば、『あ、こいつは裏切らないな』なんてわかるんだろうしね」

大麻で捕まったナチュラリストも、たぶん、化学物質で頭痛を和らげるよりは、自然に生えている大麻で、それも綺麗な花の部分でいっぱつ決めたほうが良いに決まっている、なんて考えたんだろうけれど・・・。そしてそれは無農薬野菜なんてものを食べる延長線上にあったのだろうけれど・・・。

「あ、これは私を裏切らないな」なんてきっと覚醒したのだろうね。

早めのリタイヤにしろ、そんな自然な生き方にしろ、必要なのはお金で、そのお金を稼ぎだす力だったり、自給自足で補う力だったりするんだろうね。

「あらかじめ死ぬ年齢が分かっていればいいんだけれど」
「どうして?」
「だって、逆算できるしね」
「なんの?」
「死ぬまでの予算」
「ああ、なるほど。でも思わぬ出費とか急病とかは?」
「保険とか高額医療費とかで・・・」
「・・・・・・」
「まあ、とりあえずは、長生きしないって前提で、早めのリタイヤなんだよ〜」
「ふ〜ん」
「そう、かわいいオレには旅をさせろ、って昔の人も言ってるしさ」
「ふ〜ん、言ってないと思うけれど・・・」
「言ってるの」

11月、秋だね。

栗よりうまい十三里
栗よりうまい十三里。芋ごはんできたよ。

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...