トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

期間従業員の食事
トヨタの工場は重労働ということもあり、身体のコンディション作りに気を使っている人も多いようです。朝食を抜くという人は少ないようですし、朝食のおかわり自由のご飯を二杯三杯と食べている人もいます。

ボクは一直の時は朝食は工場の食堂で食べるようにしています。昼食も工場で帰ってからの夕食は寮でとっています。二直では起床後の昼食が寮、20時の夕食が工場で、就労後帰って寮で朝食(?)です。

パスタ、パン、納豆、コーンフレーク
3月21日の夕食

ちなみにボクの今週の献立。
3月20日
朝(工場食堂)ごはん、味噌汁、生卵
昼(工場食堂)そば、サラダ
夜( 寮  )カレーライス、インスタントラーメン
3月21日
朝(工場食堂)ごはん、味噌汁、生卵
昼(工場食堂)玄米ご飯、あじひらき、ポテトサラダ
夜( 寮  )パスタ(ママー・バジルソース)、コーンフレーク牛乳、納豆、パン
3月22日
朝(工場食堂)ごはん、味噌汁、生卵
昼(工場食堂)麦ご飯、まこかれいのあんかけ、冷やっこ
夜( 寮  )パスタ(トップバリュー・ナポリタン)食パン2枚
3月23日
朝(工場食堂)ごはん、味噌汁、生卵
昼(工場食堂)ごはんM、そば、山芋サラダ
夜( 寮  )牛たま丼(マルハ金のどんぶり)、インスタントラーメン、納豆
3月24日
朝(工場食堂)ごはん、味噌汁、生卵
昼(工場食堂)玄米ごはん、赤魚の煮付け、高野豆腐の煮物
夜( 寮  )パスタ(S&Bからし明太子)納豆、食パン3枚
夜( 寮  )焼きそば(一平ちゃん夜店の焼きそば)、あんぱん(ヨシノパン)

でした。朝食はご飯が食べ放題で126円、味噌汁63円、生卵21円、他におかずが一皿136円やパンなどがあります。ですから毎日200円の朝食と言うわけです。ご飯が食べ放題で、ふりかけや梅干も食べ放題になっていますから、ご飯だけと無料のふりかけ梅干で二杯三杯食べている猛者もいます。先月の従業員証での食事(工場と寮)は7000円ほどでした。

出費に占める食費が多く感じるでしょうが、バランスよく食べることとサプリやスポーツ飲料や野菜ジュースなどを意識して摂ることが大切かと考えています。
名古屋のウイロウは美味いのか?
田原寮5階から見える風景

あるブログを読んでいたら「名古屋のウイロウは美味くない」だったか「山口のウイロウのほうが美味い」だったかのコメントがあって、実は少々混乱している。

ウイロウ、外郎と書くそうだけれど、これは名古屋の特産品で、例えば味噌煮込みうどんのように名古屋の人が発明して名古屋地域で特に食べられるものだとばかり思っていたのだけれど、他の地域でも作っていたのですね。ま、作っているとしても、それは「四国香川の味噌煮込みうどんのほうが美味い」という程度のものなのか、それとも「素麺は揖保の糸よりも三輪素麺のほうが美味い」というようなことなのかが分からない。

で、調べてみると「名古屋、京都、山口、小田原、徳島、宮崎の名物」だそうで、「へ〜」と思った次第なんです。

米粉に砂糖を入れて蒸したものだそうですが、山口の外郎は蕨を使っているのだそうで、それなら山口のものは他のものとは風味が違うのだろうと思ったんです。じゃあ、「蕨餅みたいなもんか」なんて思っているのですが、あ、そうそう、そういえば「わらび餅〜、わらび餅〜、おいしいわらび餅はいかがですかあ〜」なんて言いながら焼芋屋のように移動販売する蕨餅屋が名古屋にはあるそうで、名古屋は蕨餅の名産地なんだろうかと調べてみると、静岡にも移動販売はあるそうで、お菓子自体で言うならば京都にもあるそうで…。

わらびというのはあの、山菜のわらびでそのわらびの地下茎(根でしょうね、駄洒落ではなくて)を粉にしたものらしいですね。あのわらびの根を粉にするなんて言うと途方もないことのように思うし、それを思いつくこと自体すごいことのようにも感じます。

なんて外郎の疑問に端を発し気が付けば19時…。ま、でも結果としては「山口の外郎のほうが美味そう」ということになったのは、原料の差なんですが、やはり「大内氏なんかが京文化として山口に持ち込んだなのかなあ」なんて考えています。

あ、そうか、名古屋圏は戦国大名を多く輩出した土地ですし、山口は首相が一番多く出た土地ですから、英雄外郎を好む…なのでしょうか。

外郎という名前は元からの帰化人の陳外郎に由来するとかで……。

長くなるのでここで終わりますが、果たして(果たしてというのも大げさではありますが)外郎は美味いのでしょうか?
ビタミンB1誘導体
ビタミンB1誘導体と机の上の様子

曇り時々雨。今週は何時間太陽が顔をのぞかせたのだろうか。朝8時起床。風呂、洗濯、そしてまた寝る。一日中ゴロゴロ。夕方ミマスに買い物。少しお酒も飲む(日本酒一合ほどで酔っ払いました。)。そしてまた寝る。起きて風呂。こうしてパソコンに向っている間も睡魔が襲う。疲れているんでしょうね。

食事に気を使っているとはいえ、どうしても野菜不足になります。そうなるとビタミンも足りてないだろうということで、サプリを飲んでます。いろいろな種類のビタミン剤が市販されていますが、値段が安いのでDHCの「マルチビタミン」を愛用しています。ひと月分で数百円ですから安いです。

どうも関節痛・筋肉痛が良くならないので、先週からビタミンB1誘導体配合の「ビタチアン」というのも服用しています。これもDHCの商品ですね。武田製薬のアリナミンとかの製品もあるのですが、やはり値段で決めました。15日分60錠で1150円だったかな。田原市大坪のスギ薬局でも扱っていますが、今回はDHCのネット通販を利用しました。

で、ま、効果なんですが、どうなんでしょうか。今週はアキレス腱周辺の痛みは少なかったです。ただ、関節痛や筋肉痛は完全になくなるということはないものと考えています。痛くてどうしようもないというほどの痛みでもないので、それはうまく付き合っていかなければならないものと思っています。

明日も午前中は天気は悪いとか。サンテパルクたはらではチューリップが見ごろだとか。豊橋には愛地球博で話題になったマンモスが展示されているとか。桜のあとはつつじの蕾が大きくなり始めました。でもボクは明日もゴロゴロしているんだろうと思っています。
雨降ってミマス儲かる、のか?
ヴィトンのシガレットケースとサングラス

朝から雨でした。朝風呂に入って洗濯して寝たのは8時を過ぎていました。お昼過ぎに起きて、布団の上をゴロゴロ…そしてまたゴロゴロ…。お腹も空いてきたので、雨の中スーパーミマスに買い物に行きました。雨の日はバスに乗って田原市内まで行くのも億劫なのでしょうか、ミマスは寮生で賑わっていました。

部屋に帰って男子ゴルフ日本プロを見ながら、ゴロゴロもきついので酒を一杯。こんなマッタリした日には、昔だったら煙草も吸って、狭い部屋の中は、退屈な匂いが充満していたのだろうと。

煙草をやめて3年を過ぎて、そろそろ4年になります。吸っていた頃は一日に50〜60本吸っていました。吸うというか手に持っていれば落ち着いたということもありました。ヘビースモーカー、所謂ニコ中ですね。

ですから、お金がない頃は「煙草を買うか飯を食うか」という究極の選択を迫られたこともありました。究極の選択と言っても、いつも煙草を買っていたのですが…。煙草を吸っていて一番やっかいなのが、切れることへの恐怖みたいなものですね。飯よりも煙草ですし、寝る前なんぞはやはり起きたときの煙草がないと落ち着かないし、雨の日も雪の日もなくなったら買いに行く、中毒です。

酒や煙草といった麻薬は、ま、時として必要だと思います。トヨタの工場でも喫煙者の割合は高いのではないかと思います。休憩中に煙草を吸っているのを見ると、ボクもついつい「吸いたい」なんて思うことがあります。なんでも来年度からは全工場で分煙化になるとか。そうなるとわざわざ喫煙場所まで行くのも面倒なので禁煙する人も出てくるのでしょうか。というか、工場内には溶接の煙とか、有機溶剤の匂いとかがしていますので、煙草の煙ぐらいどうだって良いようにも思います。

喫煙率が高いのも結局は労働環境があまり良くないので、どうしても麻薬としての煙草を身体が要求するのだろうと思います。綺麗なそして無臭な事務所なんかで働いていたら、煙草の煙そして匂いも気になるでしょうが、工場内だと、いまさら煙草の煙ぐらいと思っていることもあるかもしれません。

禁煙外来に保険が適応されるようになったとか。禁煙バッチや禁煙ガムなんてのに保険が利くようになったのですよね。ボクも禁煙ガムで止めることが出来ました。商品名「ニコレット」です。確か2〜3万円分のニコレットを2ヶ月ほどで消費しました。はじめの頃は、寝ている間も口の中にガムを入れていました。禁煙中は高いと感じたのですが、今思うと安いと思います。毎年20万円ほどが煙になっていたのですからね。

ま、それでも、休憩中やこんな雨の日は紫煙をくゆらせて物思いに耽るというのも人類に与えられた特権のようにも思います。
キャンプのすすめ
田原寮やほとんどのトヨタの寮では自炊は禁止されていて、退社退寮処分の対象になります。ですから、これからボクの紹介する道具は、あくまでもキャンプや登山においての使用を目的にしてますので、これらを使用して寮での自炊等は行わないで下さい。

登山やバックパッキングで使用する道具の進化と軽量化には目を見張るものがあります。道具や食料などを全てバックパックの中に入れて、それを背負い歩くのですから、道具は軽ければ軽いに越したことはないのでしょう。歯ブラシの柄の部分を切り短くして、その分を軽くするなんてこともしています。ですから、登山用品はグラム単位で重さを表示していますし、僅かな差によって販売に影響してくるようです。ウェアなども例外ではありません。

今回は食事の道具について紹介したいと思います。

まずはストーブ、コンロですね。ストーブもガス式やガソリン式、アルコール式などがありますが、扱いが簡単で危険性も少ないガス式がお勧めです。ガス式で思い浮かぶのがカセットフーという商品名でお馴染みイワタニ産業のカセットガス式コンロです。

このような商品がもっともポピュラーで、どこででも入手可能かと思います。値段も千円台からあります。

同じカセットガスを利用したもので、イワタニのカセットガスジュニアバーナーです。

これはかなりコンパクトになり、持ち運びに便利ですね。紹介したイワタニ産業のものを代表とするカセットガス式のものは、燃料のカセットガスがどこででも入手可能ですので便利です。

さらに軽量コンパクトなものを紹介します。バーナーヘッド(火口)が100グラムを切っていて、手のひらに収まるサイズです。ひとつはスノーピーク「ギガパワーストーブ・地」です。

小さいながら2500kal/hの出力と四千円程度の経済的な値段です。

もうひとつはEPI(イーピーアイ)「REVO-3500ストーブ」です。これは小さいながら3500kal/hというギガパワーの更に上をいく高出力を誇ります。風にも強く立ち消えし難いという評判です。


このようなガス式のガスボンベはアウトドア専門店に行かないと入手できないし、カセットガスよりは割高になるということがあります。ま、そこで、考える人は考えるんですね。ガスカートリッジのガスをガスボンベに詰め替えて使うという方法があります。その名も「つめかえ君」という器具を使って簡単に詰め替えられます。
詳しくはこちらへ。http://www.alva.ne.jp/

以上ストーブについて書きましたが、ガス式で比較的安全だとは言っても爆発の危険もありますので、十分気をつけて使ってください。

自炊は禁止されている寮なのですが、なかには炊飯ジャーや電子レンジを使っている人もいるようです。調理器具も電気式のほうが安全といえば安全なのでしょうが…。
睡眠不足
夕焼け

一直の時は5時30分のバスで工場に向かいますので、4時30分起床です。この時間から逆算して20時30分に寝ると睡眠時間8時間なのですが、帰って風呂に入ってご飯を食べるとどうしても眠くなって、早く寝てしまいます。そうしたら今頃目が覚め、それからが眠れない。昨日も一時間ほど寝た後、0時を回っても眠れなくて、結局1時ごろに眠りました。睡眠時間4時間と少し。日曜日の夜もそんな感じだったので、この2日間、そして多分今晩も寝不足です。

夕食はパスタを食べました。たらこソースでした。麺を茹でてザルに上げて、パスタソースを絡めるだけですから、簡単と言えば簡単です。いろいろなパスタソースが販売されていますが、「たらこ」や「明太子」「ツナ醤油」などの和風ソースが好きです。パスタはミマスで売られているイタリア産のものです。500グラムで105円。安いですね。商品名は「IL CASALE DORATE」と書かれています。日本製麻株式会社が輸入していると表記されています。

この会社、ボルカノ食品事業部というのを持っていて、スパゲッチハウスというパスタ専門店を展開しているのですね。もともとは紡績会社だそうで、当初は綿紡績だったのですが、後に麻紡績に転換して社名も製麻としたそうです。海外との貿易をする中で、食品の輸入などにも関わりを持つようになったのでしょうか。綿と麺のつながりというが事業開始の要因だったりして?ボルカノという名称からして、当初からパスタやイタリア食材の輸入を考えていたのでしょうが。

パスタと言えばディ・チェコが有名ですよね。これだと4倍ほどの値段がするので、たまには良いでしょうが、今のように腹いっぱい食べるのにはもったいないと思いまして…。

さてさて、そろそろ寝る準備をしなければ。お腹も少し空いたのですが…。
使わないのに金が減る
「お金を盗まれた」とか「落とした」なんて話ではなくて、なんだかそんな感じがするということなんです。かなり節約生活をしているつもりなんです。今もお腹が空いたのでラーメンを作っています。それも2個。ついでにパンも食べるつもりなんです。昨日は寮に帰って、焼きそばと納豆を食べましたから、胃の中は即席めんばかり…。ま、想像するとちと気持悪いですね。

田原まつり会館横の八百屋
田原まつり会館横の八百屋。バナナ一皿100円也。

財布の中身は2000円。凧祭りの時に8000円をATMで下ろしたから、10日で6000円を使っている勘定になります。って、日曜日が2回も入っているので、それほどの額でも…なんて考えているのはいるのですが、これが形に残っているのならば、例えば本を買ったとか、洋服を買ったとかならば、納得するのですが、何に使ったのか分からない、使途不明金というやつばかりですから、タイトルのように感じるのでしょうね。

何に使ったか…9割は食料品、飲料代です。1割はバス代とか電車代…。ま、なんと慎ましい生活。それでも、お菓子とかアイスクリームとか買い食いしているので、それが今考えると「もったいない」とも。

この4ヶ月で、寮工場食堂での食費も含めて10万円も使ってないだろうと思って、通帳を見ました。12万5千円使っていました。ゴールデンウィークの帰省代とかも含まれますが。それプラス、食堂での食費が毎月1万2千円として約5万円。この4ヶ月で17万円ほど使って生きているということですね。月4万円が安いか高いか?月4万円で生きていると思えば、安い?
パンがない
火曜日はミマスの定休日。夕ご飯はカレーライスだったんですが、少し物足りないのと、甘いものが食べたくなったので、寮のロビーにあるパンの自販機に行ったのですが、すでに売り切れ。この自販機は売り切れている時間のほうが長くて、一直の時は帰ってすぐだとありますが、二直の時なんてのは、18時の時点で売り切れですから、補充もしないようなので、もちろん売り切れています。

窓越しに見える笠山に沈む夕陽
今日の夕陽

この自販機の管理は豊橋市にあるヨシノパンというパン屋さんがしているようで、そこのパンとカップ麺が置いています。恐らく、一日に一回補充するだけで、売り切れ御免という、ま、なんとももったいないというか、利用者を無視したというか、そんな自販機なのです。この際だから、このパンの自販機もミマスに管理させたら、近所なので1日2回でも3回でも補充に来るかもしれません。

おにぎりとか惣菜パン、焼きそばなんてのもあるんですが、これまたいつも売り切れていて、たまにあると思うと潰れて中身がグシャっと出ていたりして…。とにかく、お昼過ぎに持ってきて、この時間に売り切れていて、そのまま補充もなしという、顧客無視の自販機が、for the customer と品質第一に良い車つくりをしようとしている会社の寮にあって良いものかと、ボクは思うのです。

新入社員がこの自販機を見て、「な〜んだ、商売ってのはこんなもんか」なんて思わないとも限りません。この自販機にもトヨタカンバン方式を採用して、ひとつ売れるとひとつ補充するといった、きめ細かい管理が望まれるのではないでしょうか。また、市場調査をして、寮生が求めているパンを置き、ま、たまには試乗会でなく、試食会なんてのもあってしかるべきだと思うのですが。

あ〜ちくしょう。パン食いて〜。かわりにコーンフレークをムシャムシャ食っています。
朝食の憂鬱
これから仕事が始まるというのに、みんな沈鬱な表情で、食事を楽しむと言うこととは程遠く、ただ黙々と箸を動かすという動作を繰り返している。朝食を食べる習慣など、期間工としてここで働くまではなかった若者も、ただ黙々と、そしてあたかも義務のように、箸を動かしては口に米粒を押し込むことを繰り返している。

それはこれから始まる儀式の前の習礼のようで、ボクも黙々と口と手を動かしている。あと少し経てば、黙々と全身を動かすことを強いられる。今度は秒刻みでだ。

雨のガラス越しに見える笠山
泣きながら見ると笠山もこんな感じなんでしょうね。

田原工場には食堂が7ヶ所あって、朝食は第2、5、6、8食堂が開店していて、そこで食べています。バスは6時前に工場に着くので、始業前にミーティングが始まる6時25分には余裕がありすぎて、そのまま職場に行くにはまだ早いので、それに早めに職場に行っても、間が持てないということもあってか、多くの人は朝食を食べるという時間つぶしをしているように感じます。

中には、グズグズしている人もいて、NHKの6時のニュースが始まっても「まだまだ」と、動く気配のない人もいます。朝の休憩所もやはり沈黙の空間で、そんな空間はどうも苦手で、それならそれで、ひとりのほうが気楽ってもんだろうと思ったり。

職場体操の音楽が聞こえると、それからはひとりという気楽さもある作業が開始されるので、沈黙ということが、また許可される気楽さもあったり。ようするに人がいて言葉がない空間というのが、苦手な人もいるわけで。逆に「そんなことへっちゃら」なんていう人もいるのでしょうね。黙って携帯電話でメールやゲームをする人、中には読書をする人。煙草を吸う人は、休憩所にいる既得権があるようにも思えます。な〜んにもなく、ただ黙って座っているというのも、なかなか出来ないですよね。

朝食のメニューは、おかわり自由のご飯と無料の梅干と、これまた無料のふりかけ、そして一杯60円ほどの味噌汁。5月までは、これに生卵が加わっていたのですが、6月になってから生卵の販売が中止されると、ご飯、卵、味噌汁の三種の神器が二種だけになって、ま、それでも「食べないとどうなることか」ということもあって、無理してでも食べています。

不思議なのは朝食のメニューに「冷奴」「シーチキンフレーク」なんてのがあること。10種類という品揃えのためなのか、健康のためなのか。

憂鬱なのはこれから始まる仕事のことを思うからではなくて、このような朝食メニューにうんざりしているのかもしれないと…。
そして僕は途方に暮れる
花の写真を撮るのは曇天の日が最も適していて、花の色が綺麗に写るということを、どこかで聞いたことがあります。そのことはどうであれ、紫陽花は雨の日のほうが綺麗だと思いますし、逆に天気の良い乾いた空気の中にあったりすると、どことなく場違いのようにも思ったり。しかし、晴好雨奇、陽に照らされて輝く紫陽花も、また美しいとも思います。

窓に映った夕陽
もちろん窓に映る夕陽も天下一品なのだ。

雨の休日。どこに行くでもなく、朝から部屋の掃除や洗濯などをしていました。15時ごろ、ぐるりんバスで田原市内まで買い物に出ようと思っていましたら、朝から我慢していた雨がとうとう降り出して、その計画を中止して、ミマスでの買い物に変更しました。

ミマスに着くと、ボクを出迎えてくれたのは、いつものお姉ちゃんのいつもの「もう期間工とはも恋に落ちないもんね、もんね」という挨拶と、この曲「そして僕は途方に暮れる」でした。それもあの時(期間従業員の休日)と同じ、女性の歌うものでした。(その女性歌手はボクが考えていた、中村あゆみではないようです。優しい声の持ち主です。中村あゆみってのは、ハスキーな声ですよね)

これは偶然なのか。ボクはすこし途方に暮れて、ヨロヨロと本売り場のほうへ行きました。「もうすぐ雨のハイウェイ♪」このあたりにくると、なぜだか泣きそうな感じに。ヤバイ。「なぜなんだよ〜」なんてボクは、少し混乱してきたのですが、これは有線放送なんかではなくて、従業員のだれかが持っているCDかなんかを流しているんだと考え、少し落ち着きを取り戻しました。きっと、そして、この曲を歌っている女性歌手は、ボクが知らないだけで、今ミマスに来ている人たちは知っているんじゃないかと。

巷間では、木村カエラとかアンジェラ・アキとか、ボクの知らない人たちが、大ヒットしているらしいではないか、と。そうすると、もしかしたら、木村カエラなのかもしれない、と。

そして、途方に暮れているボクを横目で見ながら、「何、この人ヨロヨロしているんだろう」と不思議に思っているのではないかと、ボクの推理というか、それは少し過剰気味の自意識を含んでいながらも、思ったのです。

きっとミマスの店員が、雨の日にはこの曲の入っているCDを流しているのだろうと、思うのです。そしてボクのように、不覚にも涙を流しそうになる期間従業員が何人もいて、「雨の日はミマスよね」と、無意識の内に調教されているのではないかと…パブロフの犬のことを考えながら、フムフム、なるほどね、と思っているところなのです。

そして今回はこの歌のことを少し調べたのです。これほど、ボクの琴線に触れる音楽なのですから。そうするとひとつの発見がありました。作詞は銀色夏生さんだったのですね。伝説の天才詩人だったということで、ボクはまたまた少し感動して、「そんなことも知らなかったのかよ〜」と、途方に暮れそうになったのです。

#まだまだ書けそうなのですが、このへんで。

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...