トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

レスサスのリコール
リコールの届出について

詳細は上記国土交通省のサイトに出ていますが、約11000台が対象になりました。ユーザーへの対応はどうだったのでしょうか。平成17年7月から同12月までに製造された6型式4車種なのですが、幸いにも事故が起きていなくて良かったです。

工場では各工程ごとに品質保証をしていて、前にも書きましたが、面検査を一枚一枚行い、ボディにどんな小さな傷や凸凹もないものを後工程に送るというのもそのひとつです。

ボディの検査というのは車体部のプレス課、ボデー課、製造部の塗装課が主に行うと思います。(出荷されるまで、そしてお客様に渡されるまで検査は続けられるのですが)各パーツ毎の検査、溶接されて部品となっての検査、その部品を加工後の検査(例えばドアやフードのヘミング加工後)、そしてそれらが組み付けられて塗装課に行く前の検査、塗装課に行ってからは塗装課の各工程、前処理、下塗り、中塗り、上塗りそれぞれで検査が行われます。

見える部分だけに行われているわけではありません。全ての部分を見て、そして触って不良品はないかと検査しています。それにはやはり人間の目と手が一番の道具だと思います。微妙な凸凹や鉄板の歪、塗装の色むらなどは恐らく機械では不可能ではないかと思います。いえ可能かもしれませんが、ボクたちに与えられた検査時間内(それは僅か数秒なのですが)では無理かもしれません。(セットしたりする時間が必要になりますから)

今回の問題になった箇所は、どういった検査を行っていたのか分かりませんが、もうすでに対策が採られて、全車に対してより慎重な検査が行われていると思います。というかこの部分は外注品だと思いますから、なんだかメーカーさんもかわいそうだと思ったのですが…。


さて、連休になりました。ボクはお昼ごろのぐるりんバスで田原駅に行き、豊橋経由名古屋で帰省します。

田原駅近く、木の枝から見える太陽
プラドのリコール
崋山神社から蔵王山

トヨタ10万7千台リコール 後輪脱落の恐れ

田原工場ではレクサスだけではなくて、ランドクルーザープラドも生産しています。車体部第1ボデー課や、第1製造部はプラド、レスサスGXや4−RUNNERがその部門を担当しているようです。

今回のリコールは、1996年4月−99年1月に生産された10万7767台だそうです。このリコールに関する事故が起こった車両というのが、走行距離22万キロ、13万キロ、9万キロとなっていて、ボクがもし当事者だとしたら「長く乗ったからね〜、金属疲労だろうか、それとも整備不良だったかなあ、そういえば無理な運転もしたからなあ」なんて素人考えをするのだろうと思いました。

そのへんは事故を担当した修理業者かトヨタのメカニックが「ここが壊れるのはおかしい」と言って、問題にしたのでしょうが、ま、考えるとスゴイことですよね。一昔前なら10年10万キロが車の寿命と言われていましたよね。車検も登録10年目からは毎年受けなければならなかったということが、それを物語っているように思います。

前のエントリーにも書きましたが、ボクの愛車も14年目、走行距離11万キロなんですが、どこが一番最初に壊れたかというと、エアコンです。次は窓ガラスが上がらなくなりました。それがやはり10年過ぎてからで、窓ガラスは今年のことでした。しかし、その壊れた部位は命に関わる場所ではなかったので、「こんなもんか」で終わっているのですが、これが、やはり足回りやエンジン部分だと笑い話にもならないのだろうと思います。

10万分の3の確率(0.003%)というのは、日本人が一年間で交通事故に遭う確立が0.7%だそうなので、それよりも低いということになります。その確率に対して責任を持つということが、品質保証であると思います。

なにも小さな傷を見つけることだけが、そして不良品を流さないことだけが品質管理ではなくて、それが10年後にどうなるかと考えることも大切ではないかと思います。その想像力があって仕事というのは100%に近づくのではないかと思います。全員が100%の力でしたとしても、100%完璧なものは出来ないということを知るということ、それがもの造りではないかと…薄っすらと考えています。

と言っても、疲れてきたら集中力も薄っすらとなるんですが…。そんで、ま、ヘルメットの下の髪も薄っすらと…。

気になる人は育毛剤【aga】-抜け毛、薄毛(うす毛)、男性型脱毛症対策
56万台リコール
今度は(今度はと書くぐらい頻繁に起こっているような)カローラ、プリウス、ウィッシュなどの車種、56万台に対してのリコールです。(これらの車種は、高岡工場で製造されているのではなかったかな?)詳細はトヨタのサイトで。toyota.jp > リコール等情報

今回のリコール説明書

今日届け出、明日からリコール開始だそうです。こういった問題が起きると、「期間工や派遣を増やしたから」などとよく言われます。例えば今回の問題も、すでに取り上げられています。http://blog.so-net.ne.jp/sherry07/2006-05-30早いですね。

ま、今回のリコール箇所は、強度の問題であり、設計ミスということだと思いますので、期間工や派遣などの非正規雇用従業員を減らして正社員だけにしたところで、起こり得る問題だろうというのが、ボクの考えです。「コスト削減のために起きた」というのが、最近のトヨタや三菱のリコール問題も原因だろうと思います。

コストと聞くと人件費や材料費などを想像します。人件費削減もさし当たって思い浮かぶのは、期間工や派遣を使うということなのでしょう。ライン作業のみで言うと、ラインタクトは、あまり余裕がない時間が組まれていますので、それを誰がやろうとそれほど品質に差はでてこないように思います。(期間従業員だけが、不良品を流すかというとそうではありませんから)

それよりか品質向上のためには、余裕のあるタクトにするということが必要だと思います。人件費をどう使うかということが重要だと思います。ギリギリ1分で出来る仕事を1分10秒にすると、今よりも更に踏み込んだ品質管理ができるのではないかと思います。

ま、1分で出来ることを2分にしたところで、不良品発見率がニ倍になるとは考え難いですし、そうなると眠くなるかもしれませんが…。

これから暑い夏に向って、「作業中に水分補給できるぐらいの余裕のあるタクトにしてくれよ〜」という、ボクの切なる願いなのですが、水分不足というのは判断力低下につながりますので、ま、夏場の製品にリコールが多いかどうか分かりませんが、きっと因果関係はあると…、てか、もうその関係は解き明かされているのでしょうが。

え?冬場の製品に多い?冬場は乾燥によっる水分不足なのでしょうね。きっと。
サマーフェスタ、そしてまたリコール
トヨタ田原工場のサマーフェスタが9日日曜日、田原市白谷海浜公園で行われるそうです。競技や無料のビュッフェなんてのがあるそうです。

このサマーフェスタのように、これから夏祭りや花火大会の季節になりますね。豊田市内ですと、おいでん祭りとか豊田の花火大会とかあるそうです。それにトヨタのかなり大規模な催し物があるそうです。

花火大会はさすがトヨタのお膝元ですから、とにかくスゴイらしいです。(岡崎の花火大会もスゴイとか。これは三菱?)おいでん祭りについては、元町工場から応援に来ていた社員の人が「おいでん祭りにはトヨタからも出るので、ボクも何度か出たことあります」と言ってましたから、やはりこの時期は社員の人は仕事以外にも、忙しい時期なんでしょうね。

「おいでん」(三河弁?名古屋弁?)は、確か「お出で」とか「来て」とか言う意味ですから、「来て祭り」「お出で祭り」ということになるんでしょうね。

田原市も歴史のある町ですから、盆踊りなども伝統的に古式ゆかしく行われたりするのかもしれないですね。

そんな楽しい雰囲気を覆すような発表がありました。toyota.jp > リコール等情報またまたリコールです。ほんとうに「またまた」という感じですね。今度はハイエース、レジアスエース 4WD車のリコールだそうです。

リコール部分と説明書

「またまた」とか「今度は」とかいう言葉が普通に使われるようになったこと自体、「トヨタのアキレス腱」は、実はもう「トヨタの癌」になってしまっているのではないかと思ってしまいます。

消費者が「トヨタの車は危ない」なんて言い出した時には、すでに手遅れで…というか、巷ではもう囁かれていたり…。明日からまたGLやCLの顔つきが厳しくなるかもしれないと思うと、少し憂鬱です。

#北朝鮮がテポドンを発射して日本海に着弾したとか。ニュース速報が出てました。
トヨタ、リコール放置?
asahi.com:トヨタ、リコール放置したとして品質保証部長ら3人を熊本県警が書類送検 - ロイターニュース - ビジネス

トヨタ・ハイラックスのリコール部分

2004年10月にリコールの届出は出していますが、それ以前に「平成4年ごろから不具合が断続的に発生」していて、トヨタ側が「ハイラックスの危険性を知りリコールの必要性を認識していたにもかかわらず、改善措置をとらなかった」として、熊本県警が書類送検に踏み切ったそうだ。

toyota.jp > リコール等情報

田原工場でもハイラックスを造っているけれど、田原ではハイラックスサーフだけなのかなあ?サーフはリコール対象外なんでしょうね。しかし「認識」という問題は、結局本人がどう思ったからだろうから…。本当だとしても「危険だと知ってました」とか「分かってました」とか言わない限り、立証するのは難しいかもしれないですね?

しかし「80件の相談があった」ということが分かっているらしいので、警察もかなり確信があるのかもしれなから、どうなるんだろう。

こんなニュースが出ること自体、イメージダウンなんでしょうが、これで生産台数が減るとか、発売されるレクサスLSの予約キャンセルが相次ぐとか…

どうなるトヨタ。
とりあえずリコールにしとけ
またリコールが出ましたね。ヴィッツ、カローラなど12車種と、ダイナ、トヨエース4WD車の一部が19日よりリコールを開始しました。詳細はトヨタのウェブサイトで。http://toyota.jp/recall/index.html

また日付が変わった今日入った情報では、アメリカでは、プリウスなど4車種40万台のリコールだとか。
トヨタ、40万台リコール 米国でプリウスなど4車種 [CHUNICHI WEB PRESS]

ダイナ、トヨエース4WD車
ヴィッツ、カローラなど12車種


「またまた」という感じですが、タイトルの通り「とりあえずリコールにしとけ」という感じがもします。先日の熊本でのハイラックスのリコール隠し問題もありりますから、事故や故障の原因になりそうなものはリコールするということなのでしょう。

「最悪の場合、コネクタの接続がずれて導通不良となり、エンジンが停止し再始動できなくなるおそれがあります。」とありますが、こうなった事例があったわけではないのかもしれませんし、このような最悪の可能性というのも、かなり可能性が低いようにも思います。

最悪の場合を考えて、その可能性がある限り、そしてそれを認識した時点ですぐにリコールをするのが企業倫理なのでしょうが、それが出来ていなかった企業が20人もの死者を出して、やっと親子揃って謝罪会見しました。

トヨタの経営陣にはとって、パロマの謝罪会見は、自社の将来とだぶって見えたのかもしれません。近い将来(現渡辺社長の後と言われていますが)、トヨタ自動車も創業家の豊田章男副社長が社長に就任して大政奉還が行なわれるということです。

そしてこの悲願の日に、造反するものが現れて、「あの不具合に関しては認識していました」と言うかもしれません。そして豊田章一郎名誉会長・章男社長揃って謝罪会見するということにでもなれば……。

そのことはどんな手を使ってでも避けたいのでしょう。いかに巨額が必要になろうとも。それが今回のリコールなのかもしれません。今回の、そして、次の。まだまだリコールは出るのだろうと思っています。「またまた」ではなくて、これは来る日に備えての、浄血なのでしょう。

そして新社長就任後にはリコールはなくなり、経営は上昇を続けます。そのためには、今、最悪を作り出す必要があると思います。結果がすべてですから、その結果によって反対勢力は沈黙しますし、新社長の地位も固まってくるということになるのでしょう。
雨に打たれて
九州での豪雨が伝えられていますけれど、こちらもこの一週間は雨ばかり。昨夜も仕事が終わった頃には激しい雨足で、ロッカーからバス停まで行く間にずぶ濡れになってしまいました。

熊本では床下浸水の被害もあったとかで、今後被害が拡がらなければ良いのですが。その熊本県警が立件したトヨタのリコール隠し問題ですが、「(大きな力のかかる)限られた条件で起きており、リコールが必要との判断ではない」と主張し、県警に反論したそうですね。
asahi.com:トヨタ、「リコール必要と判断せず」 熊本県警に反論 - 社会

その「(大きな力のかかる)限られた条件」とは、2004年のリコール情報によると「ハンドルの据え切り操作等の操舵力が高くなる使用を頻繁に長期間続けると亀裂が生じるものがあります。」にある据え切りのことで、停車したままハンドルを廻すことを言うようです。


雷電神社の鬼瓦には「鳴」の文字が


しかし、ハイラックスが4WDのオフロード車であるということを考慮すれば、その「限られた条件」の頻度は、カローラなどの乗用車と比較して頻度が高くなるのではないかと思うのです。それに据え切りという運転操作は特に限られた条件でもないように思われます。昔ですと、少し動かしながらハンドル操作をしなければ重くて動かないということもありましたが、現在のようにほぼ全車にパワーステアリングが装備されている状況では、据え切りは簡単に出来ますし、「頻繁に長時間続ける」ことも予想できたはずだと思います。それによって2004年にリコールをしたのですが、そして当時(96年)当該部品の強度を上げるということを行なっているのですから、認識できなかったというのも、どうも消費者としては納得のいかない反論のようにも感じられます。

雨降って地固まるのか。トヨタにとって正念場のようにも思われます。

雨が降ると涼しくて良いのですが、各地での被害を考えると、喜んでもいられないですね。
made in Japan
アメリカ産牛肉が輸入再開されるとかで、「そんな肉食べないもんね」と他人事のように思っていたボクなのですが、トヨタの工場や寮で食べさせられたらどうしようかと、少し心配になりましたが、ま、危うきに近寄らずで、牛肉が入っていそうな物は食べないようにしようと思ったものの、そうなると「カレーも食べられないのかよ〜」と、いかにこの問題がボクたち期間従業員にとっても深刻なものかと思い知らされる結果になったのです。


西浦バス停、ミマス、その先に姫島、そして夕陽は沈む

「不具合品だぞ」と、ま、半分開き直って売りつけられたものを、「危険だけれど、立場上は食べる」と言うこの国の大臣を見ていると、リコール隠しなんてカワイイもので、国家がらみでリコール品の購買促進運動しているようで、なんだか「この国を、なぜ、愛せないのか」というのが見えてくるようにも思ったり…。せめて熊本県警ぐらいの意気込みを見せてほしいものだと、「カレーも食べられないんだぞ」と思っているんです。

made in Japan 国外でトヨタが売れたというよりも、ボクは日本製であるという品質が売れたのだろうと思っています。まず日本製ありきで、それがトヨタだったり日産、ホンダ、ソニーやキャノンだったのではないかと考えています。

アパレル業界ではmade in Japan というタグを見ることは難しくなっていて、中国製や台湾製やインド製、ベトナム製なんてのもあって、それはなにも日本のメーカーだけではなくて、先日記事にしたpatagoniaなどの海外メーカーにも言えるようです。

ボクだけではなくて、多くの人がブランド品を買ったのだけれども中国製だった、なんて少し残念に思った経験があると思います。実はボクたちのほうが日本製品の品質を一番信頼している国民なのでしょうね。品質の日本製、安さの中国製なんて言われてきたのも事実ですからね。

北米トヨタのセクハラ問題があったときも、それほど販売数に影響を及ぼすことが少なかったというのも(実際はどう影響したか、するのかというデータはないのですが)、アメリカ人にはトヨタというブランドを買うという意識がなくて、日本製の車を買うという意識のほうが強いのだろうと思うのです。(問題が大きく報道されなかったということもあるでしょうが)

日本の技術が外国に十分移植できたとしても、やはりmade in Japan 日本製であることが消費者にとっては安心なのでしょう。レクサスやプラドが売れるのも、日本国内で作っているからというのが大きいのではないかと思っています。(日本で、それもトヨタ田原工場で)

そういう意味で、いままでは「日本の物造り」が海外で売れたわけで、トヨタなどのメーカーはそれに属するブランドだけであったように思います。トヨタが進めているような海外増産計画は、どうも驕りのような気がして、日本人というのを抜きにしていかにもトヨタがひとりで成長したような考え方になっているのだろうと思えてなりません。

トヨタはけっして「安さの中国」と言われるようなことがないように、そしてmade in Japan の誇りを忘れないようにしてもらいたいと思っています。

ま、そんなことよりも、危険部位を取り除くことの出来ない国のおかげで、カレーも食べることのできない身の不幸を嘆いているのですが…。
ヴィッツ、イストなど 2WD車・6車種のリコール
「またリコール」という記事とともに、「あれ〜、前にどこかで見たことがある記事だなあ〜」なんて思っていたのですが、7月にリコールした車種とほとんど同じものですね。
toyota.jp > ヴィッツ、イストなど 2WD車・6車種のリコール
toyota.jp > ヴィッツ、カローラなど 12車種 のリコール

型式が同じものもあって、ヴィッツのオーナーは「またかよ〜」なんて思ったかもしれませんね。製造期間が違ったの救いで、そうでなかったら「二度も三度もリコールのあるような車に乗れるかよ〜」と怒り狂った人が販売店に押し寄せて「金返せ〜」なんて騒動になっていたかもしれないと思うと、販売店の人は寿命が何年か縮まったのではないでしょうか。


この問題も期間工や派遣社員の責任にされたんじゃ、たまったもんじゃないよ、まったく。

ま、「顧客第一主義」なんて言っても、工場はリコールが出たとしても、その顧客が大挙押し寄せるなんてこともないし、販売店のような恐怖もなくて、一応品質会議なんてのを開いて、今後の対策を決めて…といったことなのでしょうね。現場では品質に関する仕事がひとつふたつ増えてたのでしょう。今後はリコールが出た車を造ったGL以上の人の顔写真入りで新聞広告での謝罪ぐらいしないと、喉元過ぎればなんとやらかもしれませんね:-P

とあるブログに「期間工や派遣の増加など、技能伝承がすでに過去のものになりつつあるのではという指摘です、素人がクルマを作っていることになるのでしょうか。」とありますが、ま、正社員ばかりで車造ってもリコールが無くなるということでもないだろうとは思いますが、そういうことにしたいのですね:-P

「前輪駆動用のドライブシャフトにおいて、車輪側ジョイント部に使用している潤滑用グリスの水分量が多いものがあります。」という問題に対して、どうして期間工や派遣の話が出てくるのでしょうか?トヨタの期間工や派遣社員が潤滑用グリスを作っているのでしょうか:(

また、1分1台というタクトタイムで、技能云々という前に考えることがあると思うのだけれどね。げんにこのリコール台数なんてのを考えると、ライン作業者が不良品を流したとか、発見できなかったといった問題とは違うものでしょうに。木を見て森を見ず、でしょうか?
トヨタのCM費1000億円
トヨタの広告宣伝費、1000億円の大台乗せ | Response.

2005年度のトヨタ自動車の宣伝広告費は前年度比26.1%増の1029億円だったそうで、11年連続首位をキープしたそうですね。「2位の松下電器産業(792億円、同8.5%増)、3位のホンダ(751億円、同23.7%増)と続く」ということですが、松下電器は例のファンヒーター回収のCMを大量に流した割には増加率が少なかったのは、CM自体を自粛したのだろうと思いますが、トヨタ、ホンダといった自動車会社は20%台の増加率というのは、すごいですね。


「ほほえむプレミアム」微笑むのは企業なのか消費者なのか?

【決算】トヨタ自動車,2005年度連結売上高は21兆369億円 - 産業動向オブザーバ - Tech-On!
 トヨタ自動車は,2005年度の連結業績を発表した。売上高は21兆369億円(前年度比13.4%増),営業利益は1兆8783億円(同12.3%増),当期純利益は1兆3721億円(同17.2%増)と,いずれも前年度を上回り,増収増益となった。


増益増収分の割合で広告費も増加しているのでしょうし、売上高の0.5%がその費用だと考えると、ま、安いもんかもしれないですね。

今週の本棚・『トヨタの正体』を読んで
 ところで、本書が伝えたかったのは、トヨタの負の部分以上に、トヨタに対するメディアの姿勢なのではないか、と強く感じた。現に、新聞も雑誌もテレビも、巨大スポンサーであるトヨタの陰の部分は知っているハズなのに、一向に伝えていない。そのことこそが問題なのではないか。


CMの売上に対する効果がどれほどあるかというのは、ボクのようにCMを見ない人間には分かりませんし、企業側としても実測するということも難しいように思います。ただ、巨大スポンサーとしての効果はかなりあると、やはり考えています。

ま、それでも、なにもトヨタだけではなくて、自動車のCM量ってのは多いですよね。CM見て車を選ぶという人が多いのでしょうか。それほど簡単に選べる商品でもなさそうなのですが、やはり「お、レクサス、カッコイイねえ、週末は販売店に行ってみるか」なんて人も多いのでしょうね。

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...