トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

生産性と公共性
仕事初めだそうだ。

とは言っても、街にはまだ除夜の鐘の余韻が残っている。冷えた空気がくるぶし辺りの厚さで地の底を這っている。学生たちがいないもんだから、その冷気は攪拌され太陽と混ざることなくお昼を過ぎた今も同じ厚さで地面を覆いつくしている。

ボクたちの仕事、タクシーが公共交通機関という公共性のあるものならば、生産性とは相反するのではないだろうか。それにサービス業というものと生産性なんてものは相いれないものではないかと考えている。

UD元年、ボクたちはなにもライドシェア対策のためにユニバーサルデザイン(UD)タクシーを導入し、まるで地デジの時のように強制的にJapan Taxiに乗り換えるのではないと思うのだ。

ボクたちの仕事は、交通弱者を救うことにある。健康で動ける人は、徒歩で、バスで、電車で、自らが運転して移動できる。歩くことができない、バス停まで行くのが難しい、電車に乗るのが危険な、免許証を返納した、そんな老人や病人や身体の不自由な人たちの移動のためにボクたちは存在するのではないのだろうか。

いつからボクたちは利益だけを追求し、生産性を貴ぶようになったのだろうか。

公共性と生産性が相いれないものだからこそ、規制で保護されていて、「総括原価方式」という方法で運賃設定されていて、そもそも損をしない仕組みになっているのではないのか。

そうしたうえで公正な1日の労働に対する公正な1日の賃金をボクたちは支払われているはずなのだ。企業が損をしない仕組みならば、ボクたちも損をしない賃金であるはずなのに、なぜか公共性は毀損され利益は弱者に還元されず、ボクたちは何年たっても貧しい。そうしてその弱者を守るための業界が、業界を守るために「ライドシェア対策の深度化する項目として『タクシーサービスのさらなる高度化策の検討』」なんてものを施策する。

利用客や弱者、ボクたちのことよりも、業界を守るために「公共」を説く。そうして「公共」という名のもとに「生産性」を追求し、公益ということを忘れ去り、業界の利益だけのために、企業の利己だけのために、哲学なき、思想なき経営を行う。

それが業界の真実だとすれば、業界こそが退場すべきではないかと、思っているんだが。

蓬莱泉 新春初しぼり
蓬莱泉 新春初しぼり2018戊戌
今年も酔って生きているということを実感する。
南相馬ひばりエフエムの閉局で考えたこと
柳美里さんがきっかけだった。

そしてボクは忘れかけていたあの東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のことを思い出した。

南相馬ひばりFMという南相馬市の臨時災害放送局のことだ。豊橋市に住んでいるボクが、その放送局の番組を聴いている。そのことが現在の情報の在り方、というか、情報とボクたちの接し方だろうし、こうした方法こそが巨大化し分散化する情報、そうして価値へのアプローチのしかたなのだろうと思う。

ボクたちは、ふとしたきっかけで、繋がってしまう。テレビから垂れ流される巨大な宣伝からではないもう少し血の通った人の温もりのする生の声を信じるようになっている。信じるようになっている、というよりも、そのほうを重要視するようになっている。

その南相馬ひばりエフエムが閉局するそうだ。
お疲れさま...「災害FM」閉局へ 地元密着放送局に大きな転機:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

おそらく「運営には復興庁の復興交付金を活用しているが、年間約2500万円がかかる」ことにたいしての効果の問題なのだろう。その地域に住む人たちにとっては、それは重大な問題であるのだろうし、ボクが軽々に「反対」なんて言うことも出来ない問題だと思うのだけれど、テレビから垂れ流される奇妙な番組の制作費のことと比較するときにそれって安いんじゃないと思うんだけれど・・・。(必要度とか重要度なんてのは人それぞれ違うので、その価値や製作費の多寡はなんともなんだけれど、個人的には奇妙なテレビ番組を作るより、とか、モリカケ問題で使われた税金に比べると、なんて考えている)

その効果の問題に関して言えば、「臨時災害放送局」という役割よりも、現在はボクのような南相馬を知りたい人たちや、そうして何か出来ないかと願う人たち、そうして柳美里さんのファンの人たちにとっては必要なラジオ局になっていて、違った意味を、派生した意味をすでに持っている。ということを気づいているのだろうか?

ゆるキャラよりも、どこかの自治体の奇妙な宣伝動画やCMよりは効果があるのではないのかと思っている。

それに今後、放送をきっかけに移住する人たちが出てきたり、フルハウスプロジェクトが起点となって、そのプロジェクトをきっかけに移住する人も、そうして「世界一美しい場所」が多くの人の手によって創られると思う。
フルハウスプロジェクト(@odaka_fullhouse)さん | Twitter

そんな現状を考えると、放送局が閉局されることの損害や弊害は計り知れない。「臨時災害放送局」というよりも地域振興、少子高齢化、雇用問題、なんてものとすでに深くリンクしている、と思うのだ。

また効果のことを考えると、企業はこうした放送局のスポンサーになるということで社会貢献するという経営思想も必要なのではないかと、それも企業の社会的責任ではないのかと、思う。

いろいろな方法がある。実はそれもボクたちは南相馬市から学んだのだけれど・・・。




こんな情報も南相馬エフエムのTwitterで知り、そうしてタクシー運転手としてボクたちの可能性を知ることになったりするんだが。

福島 | トヨタ期間従業員に行こう

除染作業員募集 | トヨタ期間従業員に行こう

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...