トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

豊橋漂流(1)
高度成長期という時代には夢や希望もあったのだけれど、哀しみもたっぷりとその背景にはあったと思う。今年来年と還暦を迎える人たちは、ちょうど豊かさと貧しさの間、残酷な時代に大切な青春という時間を過ごさなければならなかった。

紡績が盛んだった豊橋市にも、東北や九州から中学を出たばかりの女の子がやってきた。定時制の豊橋高校はそんな地方出身者の受け皿として必要不可欠な場所だったし、彼女/彼らの救いの場所だった。

同じ年代でも都市部と地方ではずいぶんと状況は違っていた。戦後からそう遠くない場所として、都市部とは感覚的に10年は違っていた。それが高校進学率にも現れている。昭和45年東京では94.4%、青森では66.3%、28.1%もの差があったものが、5年後の昭和50年には9%の差までに接近したことを考えてみても、都市部と地方の格差は今では考えられないぐらい大きかったはずだ。

高校進学率は昭和45年(1970年)大阪万博を境に上昇した。それは集団就職の終わり、哀しい時代の終焉でもあった。

その頃、いったい15歳の子供が遠く故郷を離れ、親元や兄弟と離れて暮らすなんてことはどういうことだったのだろうか?それも労働をするということはいったいどういうことだったのだろうか。まだ労働環境も今ほど整っていない職場で、命を削りながら、例えばその給料から親元へ送金するということは、どういうことだったのだろうか?

そうしてやって来た、彼女/彼らの豊橋とはいったいどういうものなのだろうか?

海辺で生まれた少女は、きっと、故郷を想いながら豊川の堤防を歩いたのだろうと思う。そして海が見えるところまで来ると、泣いていたのだろう。

豊橋は海には近い。近いのだけれど海を感じさせない街だ。海の匂いもしない。どうしてなんだろうかと考える。少女たちの故郷の、例えば九州や東北なんて海とはまるで違う。それは豊川の続きだからかももしれない。海に関わる匂いがなかったからかもしれない。工場という匂いはあったとしても。

あるいは、少女たちの涙をたっぷりと吸い尽くした海は、その気配を消してしまったのかもしれないと、思った。

その哀しい海に夕陽が沈む。ボクはふとそんな昔のこと、そう遠くはない昔のことなんかを考えながら、やっぱり海の匂いのしない街を漂っていた。

三ツ相町 船溜まり
三ツ相町 船溜まり 秋

盆帰り | トヨタ期間従業員に行こう

大きな地図で見る

「我が国の教育水準」(昭和50年度)[第1章 3 (1) b]
豊橋漂流(2)
こんな風に季節は変わるのかなあ、なんて思っている。だって水不足で暑かった夏の痕跡がそこいらにあって、例えばボクの日焼けした二の腕にも夏は残っている。いきなりの冬で、まだ準備もできてなくて、海に行けば海水浴客がいそうなぐらいの、それぐらいの時間しか過ぎていないはずだ。

冬が来た、というよりも、また一年が終わる、ということのほうが気持ちを冷たくさせる。

吉田大橋から石巻山遥拝

豊橋公園から国道一号線、吉田大橋を渡る。橋脚の点検補修を行っていて、そのための橋が架けられている。広重の東海道五十三次に描かれている(場所にある)のは現在の「豊橋(とよばし)」で、明治になって架け替えた時に「吉田大橋」から名称も変えた。昭和になりその豊橋(旧吉田大橋)の上流、関屋町から下地に新たに橋を架けた時に「吉田大橋」の名称を再度使うことになった。それが現在の吉田大橋。ややこしい。遷宮ではなくて遷橋のようでもある。

また一年が終わる、というよりも、もうほとんどこの数年間というものは、同じような日々が同じように終わってゆく。それはボクにとっては苦痛ということではなくて、そして幸せということでもなくて、ゴールに向かってたんたんと進んでいるようでもある。相変わらずそのゴール、消えてなくなるという願望も強くて、というかもうほとんど世間の欲みたいなものとは無縁のところにあって、老人のような暮らしをしている。ただ生きるために月に十数万円を稼いでいるという、なんとも効率のよい生き方をしている。

橋の上からの石巻山は神々しくその美しい山容を遠くに見せる。ボクは歩いていた。泥のように眠れるまで歩るくと、またなにか見えるかもしれないと思った。あの四国遍路の時のように。それは幻覚でしかないとしてもだ。

結局、なにも体得できないままボクは高松自動車道鳴門パーキングエリアにいた。そこに立つと風景、風も光もそれまでのものとは全く違って見えた。文明の中にいるといことが実感できたし、それは確実にボクを涅槃ではなくて、混沌へと運び去る大河のように感じた。

本線に合流するとすこしして眠くなってしまった。そして眠った。目が覚めた時には明石海峡大橋を渡っているところだった。神戸の街が見えた。

文明の匂いがした。
欲望の香りがした。

ボクは少しの間、その風景をまるで外国へ行ったときにランディングする飛行機の窓からの景色のように眺めていた。ずいぶんと見慣れぬ風景だった。同じ国だとは思えなかった。とつぜん自由の女神が見えるのではないかと思った。

生々死々去々来々転々(44日の3) | 四国遍路・野宿編


大きな地図で見る
豊橋漂流(3)
冬だ、冬だ、何処もかも冬だ
……

豊橋駅ペディストリアンデッキのベンチ。
三人のホームレス。
沈潜した過去に北風が吹きつける。
どこからやって来たのか、そしてどこへ行くのか、彫像となってしまった今となっては誰が知る。

視線の方向には自動車工場があって、例えば出稼ぎとしてその街にやって来て、そして生きる意味を失って、そこで夜と朝の来るの、冬と夏が来るのを、ただ待つのが彼らの意味になってしまっては、動くことも忘れてしまった。いや動かないことへの執着。毎日繰り返される過去への旅。駅、永遠のレール、一瞬の未来、ベンチという胎内。

生きることの不自由。

……
冬だ、冬だ、何処もかも冬だ

豊橋駅 ホームレス

豊橋漂流(4)
わかれうた……
道に倒れて名前を呼び続ける誰かがいる中島みゆきさんは幸せかもしれない。

飲んでも飲んでも酒に酔えないのは、酒が強いわけではなくて、この街でいつもなにかに警戒しながら生きているせいだろうと思う。どこかでブレーキをかけてしまう。安全装置が作動する。ひとりで歩いている。誰もいない部屋が恋しくなる。書きかけのメールがまたひとつ増える。

ひとり上手……
あなたの声のする街角に帰る家がある中島みゆきさんは、きっと、それでも幸せなんだろうと思う。

豊橋漂流、どこにも声がする街角がない。どうしてボクはここにいるんだろう。

豊橋漂流(4)
豊橋漂流(5)
傘の想い出がない。
子供の頃、どんな傘を持っていたのか想い出せないでいる。きっと青色とか黄色とかだったのだろうけれど、思い出せないでいる。

雨の日の写真もない。雨の日の想い出はどれも同じできまって部屋の中でひとりで遊んでいるボク。

熟れた紫陽花は雨に落とされまいとしがみついていた。しがみついていたのは少し前の過去で日々重くなる己の身体は実は憎しみの対象でもあったし己の哀しみでもあった。過去という想い出は加速しながら劣化あるいは熟成してゆく。そうそう長靴は青色だった。なにかのキャラクターのものだった。部屋の中でひとり遊んでいるボクは本を読むことにもあきて紫陽花を見ていた。父も母もいない薄暗い家の中、姉も兄もまだ戻っていない寂寞とした部屋の中、ボクはだた紫陽花をみていた。そしてボクも雨に落とされまいとしがみついていた。

きっと傘は、ボクだけの傘は、なかったのかもしれない。いや黄色い傘だったのかもしれない。今度母親に聞いてみようと思う。

豊橋漂流(5)
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly