トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< ORBEAの広告がカッコいい件 | main | 血便 >>
豊橋漂流(5)
傘の想い出がない。
子供の頃、どんな傘を持っていたのか想い出せないでいる。きっと青色とか黄色とかだったのだろうけれど、思い出せないでいる。

雨の日の写真もない。雨の日の想い出はどれも同じできまって部屋の中でひとりで遊んでいるボク。

熟れた紫陽花は雨に落とされまいとしがみついていた。しがみついていたのは少し前の過去で日々重くなる己の身体は実は憎しみの対象でもあったし己の哀しみでもあった。過去という想い出は加速しながら劣化あるいは熟成してゆく。そうそう長靴は青色だった。なにかのキャラクターのものだった。部屋の中でひとり遊んでいるボクは本を読むことにもあきて紫陽花を見ていた。父も母もいない薄暗い家の中、姉も兄もまだ戻っていない寂寞とした部屋の中、ボクはだた紫陽花をみていた。そしてボクも雨に落とされまいとしがみついていた。

きっと傘は、ボクだけの傘は、なかったのかもしれない。いや黄色い傘だったのかもしれない。今度母親に聞いてみようと思う。

豊橋漂流(5)
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly