トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< そして帰省ラッシュ | main | イオン豊橋南店で買い物難民について考えたこと >>
小寒、餅の件
七草もスーパーの棚で萎れている。独り分には多い量に躊躇っていた。「せりなずな、ごぎょうはこべら仏の座・・・」、義兄が自慢気に諳んじていたことが想い出される小寒の夜に、雑煮を食べる。結局、七輪も火鉢も買わずにフライパンで焼いた餅は、姉が送ってくれたもので、キチンとあの頃と同じ味と香りがした。

「七草セット」は買わずに、大根葉だけの雑煮を作った。記憶の中では、ネギしか入れないのが母親の雑煮だった。父がそれを好んだのか、代々そういう風にしていたのか、極めてシンプルだった。雑煮というよりも餅のおすましのようなものだった。

餅を喉に詰まらせて亡くなる人が毎年でるのだけれど、機械で、それも究極なほどにきめ細かく搗いてしまう市販の餅のせいではないのだろうかと思った。喉にマトワリつく。しかし臼と杵で、人の手によって搗いた餅だと、もっちりはしているのだけれどキレがあるので、喉に詰まらせるようなことも少ないと思うのだ。

今日や明日から仕事の人も多いのだろうね。街はまだ正月の気だるさの中にあっては重い時間が流れている。人はまだ酔いざめの気恥ずかしにゆっくりと歩を進めている。空は鉛色。街路樹のイチョウもやっと散り終えた。全くの冬。そうして冬色。

雑煮


COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2246
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...