トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 風の街 | main | 雨の一日 >>
出稼ぎと期間従業員
笠山から蔵王山
笠山から見た蔵王山

出稼ぎとは「所得の低い地域や就職先の少ない地域に在住する者が、単身で所得が高く就職先も多い地域で就労すること。」(Wikipedia)、「家を離れて一定期間他の地方や国で働くこと。多く農業従事者の季節労働をいう。」(大辞林)だそうです。

Wikipediaではさらに「かつては、東北地方や北陸地方などの寒冷地方の農民が、冬季などの農閑期に首都圏の建設現場などに働き口を求めて出稼ぎして来ることが多かった」と概要を記しています。

かつてはそういう人が多かったのでしょうね。ボクの生まれた地方も出稼ぎに行く人がかなりいて、親子で土木の飯場に行っている人もいましたし、ボクの父は作業員として母は炊事婦として同じ飯場に暮らしていたそうです。そういった「貧しい地方」というのは存在しました。父は貧しさのために学業を諦めて家族のために中学を卒業すると出稼ぎに行くということをしていたそうです。そしてそれは美談として子供たちに語られました。

九州の塵肺訴訟なんてのは、ほとんどがトンネル工事の土木作業員として出稼ぎに行っていた人々の問題からみても、なにも寒冷地方だけのことではなく、全国的に出稼ぎというものが存在したのです。

「格差」ということが取り上げられています。それが拡大されていることが問題だといわれています。貧乏な地域があってそこにいる人びとは国が認めた出稼ぎ手帳を持って出稼ぎに行ってました。格差は地域という広範囲にあったのではないでしょうか。ボクは今さら何をという感じなのです。農業や漁業といった一次産業従事者は、もともと格差を感じていたのではないでしょうか。それがゆえに出稼ぎに行かざるをえなかった。

「かつて」と昔話のように出稼ぎを語る。これは統計的なもので、出稼ぎ手帳の発行部数が減っているだけのことではないのでしょうか?トヨタの期間従業員でも出稼ぎ手帳を所持しているのは数パーセントだと思います。しかしそれ以上の期間従業員が出稼ぎという意味合いを持って働いているのだろうと思います。出稼ぎ手帳を持つという意味が雇用保険受給だけのことしかないと受け取られていますから、実質的な出稼ぎは把握できないと思います。

集団就職と言うものもありました。中学校を卒業するとそのまま寮に住んで工場へ働きに行きました。そんなに昔の話でもありません。名古屋や豊橋にも集団就職でその貧しい地方から来た人がいました。その人たちがそのまま住み着いたりもしています。それほど昔のことでもないのに「格差が拡大している」と言うのは、その頃はみんな貧乏だったということなのでしょうか。貧しさが平等だったのでしょうか。

その頃のほうが「格差」はあって、出稼ぎ手帳なんてものを持っていないと保護されなかったように思います。

現在は、トヨタが唯一全国規模で出稼ぎを受け入れてくれる企業だと思ったりもします。そういう意味では出稼ぎ労働者にとってのトヨタはありがたい存在かもしれませんね。

今日は16時のぐるりんバスに乗ってジャスコに行こうと思ったのですが、バス停の行列を見て引き返しました。花冷えのする4月1日です。
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/23
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...