トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 栗ごはん、できたよ。 | main | 公共ですか? >>
歩合給 労働組合論(4)
どうしてボクたちは歩合給で働かなければならないのでしょうか?

歩合給という制度がボクたちにより多くの利益をもたらすのであれば良いのだけれど、どうも経営側に有利なようです。なぜならば、労働集約型産業であるタクシー業界では経費の75%が人件費で、その人件費が歩合制なので、ボクたちの売り上げの減少は、そのままコストの減少となり、経営側はそれほど大きく損をしないという仕組みだからです。

経営側にそれほど大きな損失がないとしても、働くボクたちには、例えば、体調不良でいつもの月の半分しか売り上げがなかったとしても、最低賃金を下回らない限り、その半分になった売上に対する賃金しかもらえないということです。

極端な話、ボクたちの収入が0になったとしても、会社は困ることはないのです。空いたタクシーに違う人が乗って売上を運んで来ればいいだけのことなのです。鵜飼いの鵜がボクたちなのです。

それに、そもそもタクシー業界自体がセイフティネットであり、競争資源に恵まれていない労働者が入職しているののですから、歩合制という市場競争の原理にそぐわないものです。

それを解かっていながら、なぜボクたちのみかたである労働組合が歩合制に反対しないのでしょうか?競争を煽り、労働者を荒波へ投げ込むような制度に対して黙っているのでしょうか?

そうして「公共」なんてわけの分からないものを押し付けられ、「幅広いニーズに的確に応えることや、創意工夫を凝らしてサービスの高度化や高質化に積極的に取り組むこと」(特措法付帯決議)を決められ、仕事は多様化し複雑化する一方なのに、それなのに歩合制賃金で働かなければならないのでしょうか?

それが労働組合の正義ですか?

ボクたちは経営側に騙されているように思えて仕方がない。その歩合制こそが、あなたたち労働組合の政策にかかげる「年収改善」とか「労働条件改善」の足かせになっているのではないのですか?

歩合制賃金を捨て、今すぐにでも固定給にすれば、すぐにでも全産業労働者の平均年収になるのではないのですか?簡単なことなのですよ。それをあえて、そう、あえてしないのは、「企業経営健全・労使関係溶解・労働組合無力化」そのままではないのですか?

解かりきったことに手を付けないで、組合費だけをむしり取る。そうしてわが身の出世だけを考える。これが労働組合の姿としたら、もうこの国に未来はない、そう思うのです。

豊橋市 西八町交差点
こんばんは。

歩合制のよい点としては実力がきちんと給料に反映される、その際上司による恣意的な評価にならず成果に対し客観的であるといったところではないでしょうか。
努力が報われるという意味ではプラスではないかと思いますし一般的な労働者より遥かに高額な収入を得られる場合もあります。
完全に固定給にしてしまうと今まで成績が高かった方にとってはマイナスになりやる気を失ってしまうといった面は否定できません。
そう考えると歩合の要素を完全に排除するのは難しいのではないかと考えた事はあります。

またタクシーでそうするためには
・一切の流しや客待ちでの営業を禁止
・特定の乗務員の指名も一切禁止
にして全て会社側で管理しないと個々の売上や稼働をほぼ同一にできないのではないのでしょうか。
もしくは一定の金額で定期契約する形での法人向けに特化するか。

あと歩合制にも大きく分けると
・原則最低賃金またはそれに近い分は保障されているもの
・100%歩合で一切の保障がないもの
と2つありそれによって考え方は変わってくるかもしれません。

労働組合についてですが労働組合の幹部になるのが出世コースとなっている、事実上強制的に加入させられるユニオンショップ制、核や原発反対など労働者の地位向上とはあまり関係のない運動やそういったものに金が使われる、一定の役職以上は組合員でなくなる(組合からみれば敵になる)、複数の組合がある場合全ての組合を経営側が公平に扱っていないといったあたりもおかしいのではないかと思います。
あとかつてはあまりに過激な行動を行ってきて世間から支持されなかった反省からか近年は活動自体比較的穏健なところが多いでしょうか。ストなんかもそれほど聞かなくなりましたし。


さといも | 2016/10/08 21:29
どうも。

労働組合は、強者側で考えるか、弱者側で考えるか、そこが問題なんだろうと・・・。

そうして複雑化する業務と、サービスということを考えると、歩合給だと運転者負担が増大するということ、それに、Uberや自動運転のこともさらに考えると、もう固定給で、それなりの給料を支払える会社運営が求められている時代なんだろうと、思っています。

それに新卒者や若い人の雇用促進も考えると、固定給でしっかりと生活設計できるためには。

現状の平均年齢56歳なんて人たちを基準にすると、ちょっと話がぶれてくるのだろうと考えています。

労働組合は、例えば、宗教的であるべきだろうと、思っています。
田原笠山 | 2016/10/09 23:04
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly