トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< おらが春 | main | 成人の日に >>
NO WAY!
トランプ氏のトヨタ批評は正しい。

メキシコ工場の建設は、豊田社長の「工場建設をひとたび決めた以上は、雇用と地域への責任がある」という責任論よりも、「アメリカで販売するカローラを人件費の安いメキシコで製造する」という、いつものトヨタ式のコストと利益優先主義からのものだからだ。

豊田社長のその「雇用と地域への責任がある」という発言は「メキシコ政府との約束がある」とも受け取れる。雇用と地域への責任と引換えに、メキシコ政府からずいぶんと優遇があったに違いない。

「NO WAY!(とんでもない!)だって、もう約束したんだから、それに土地だってタダみたいなもんで譲り受けたんだから、今さらなに言い出すんだよ、トランプ」

「日本の雇用と国家への責任」があったなら、この国の非正規問題はこれほど深刻になっていないだろうし、この国の少子化や格差なんてものも、もう少し軽症ですんでいたはずなのだ。主犯格トヨタ自動車。同じ社長の口から「責任」なんて無責任なコトバが出る。

社会的責任なんてものを果たしていない企業が多い。この国の消費者も未熟なものだから、そういった企業の商品を何も考えずに買ってしまう。悪が蔓延る社会。それを見過ごす人々。

人件費の問題を「雇用と地域への責任」の問題にすり替えたりしないで、それならばTOYOTA車はすべてMade in Japanにして、この国の「雇用と地域への責任」、それに「ブランド」への責任をキチンと取るのが正しいのではないかと思うのだが・・・。

トランプ氏、トヨタのメキシコ新工場批判「米に建てろ」:朝日新聞デジタル

ヒラメ
ヒラメのあらは焼いて食べた。
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2374
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...