トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 弘前タクシー破産で考えたこと | main | 命日 >>
秘境食堂
買物に行くのも面倒なので、冷蔵庫の残り物で鍋をした。豆腐とモヤシとネギと鶏肉、あと大根。餅が冷凍室で眠っていたので、これも追加した。

少し前に職場で話したことを思い出して笑った。

その話とは、このアパートで居酒屋を開くというもので、その日のボクの夕食がメニューで、せいぜい三人ぐらいまでで、営業時間は2時間とか3時間。

「ええ、それって、一緒にご飯を食べるだけですよね」
「まあ、そうなるかなあ」
「営業許可おりますか?」
「う〜ん、六畳一間のアパートだからなあ・・・」
「・・・・・・」
「料金なんてタダみたいなもんだし」
「でも、密室で、差し向かいなんて、怖くて誰も来ないですよ」
「う〜ん、それもそうだけれど」
「タクシー運転手が来たりして」
「会社の人たちばかりだと、なんだかヤダなあ」
「で、普通のご飯だし」
「普通というか、オヤジ飯?」

なんだか楽しそうだと思ったのだけれど・・・。

「お客さん、今日のメニューは冷蔵庫の残り物鍋なんですが」
と、お客と差し向かいで、ボクもその鍋をつつく。やっぱダメか。なんて笑った。

「きっと、怖がって誰も来ないですよ」
「そんなことないよ、ネットなんかで宣伝して、秘境食堂、とか」
「遭難しそうですね」
「そんなことないって、もう食べログとかに流しまくる」
「若い女性とか来ますかね?」
「間違って来る場合もあるだろう」
「ええ〜、間違ってって」
「遭難食堂」
「さらに恐怖ですよ」

寒い夜に、ひとりで、そんなことを思い出して笑っている。ガラス窓曇りさらに夜を閉じ込める。

秘境食堂
タクシードライバーという映画は観ましたか?

カッコいいですね、漢の中の漢。

憧れの職業です。
ロバートデニーロ | 2017/02/05 13:07
デニーロのタクシードライバー、何度か見ましたよ。まあ、たしかに、カッコいいかなあ。
田原笠山 | 2017/02/20 07:23
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2385
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...