トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 祈り | main | 言葉に乗る >>
渡世
さて、休日もお昼を回ってしまって、そうして洗濯物の向こうにぶら下がっている喪失感なんてものをうらめしく眺めている。

「お誕生日おめでとう」なんて順からの贈り物が届いた。
いつものようにメールで「ありがとう」。電話があるとしても、もうそれはその機能を捨ててしまっては、メール機になってしまっている。

朝起きて、そうしてお昼になって、お腹が空いて、ご飯を食べる。きっとお酒も少し飲んで、昼寝をして、夕方起きて、スーパーに買い物に行って・・・。そうして歳を重ねて・・・。

この春は、そうやってとにかく時間が過ぎてしまった。そうそう、パソコンも新しくなって、カメラのレンズも新調して、華やかなジャケットも買って、気合は十分だったのだけれど、もともとヒキコモリの性質なもんだから、時間の隙間にもぐりこんでしまう。

不規則な生活が、ボクをいっそうヒキコモリにしてしまっているのかもしれない。というか、もう規則正しい生活なんてものは出来ないように思う。朝起きて、夜寝る、そんな当たり前のことが難しい。難しいからといって、それは哀しいことではなくて、ボクのような性質にはタクシー業界がむいていると思う。

いろいろな性質の人がいて、いろいろな仕事や職場があって、それぞれが「むいている」と思うことが出来ることこそが、「働き方」ってことなのだ。夜に働きたい人もいるだろうし、長時間働きたい人もいるだろうし、「一日3時間が限界だよ」なんていう人もいるだろうし、「とにかく人と話したくないんだが」なんて人もいるだろうし。

就業場所や時間だけの問題だけではなくて、定年や離職転職についても、働く人が不利にならないような、働き方の改革が必要なのかなあ、なんて思うと、タクシーとか運送業なんてものはそんな柔軟性のある業界なのだろうと思う。

そうしてボクたちは、そんな業界を残していかなければならないのかな、なんてボンヤリと考えている。

さてと「ひよっこ」見るか。
#「花子とアン」以来の朝ドラなのだ。


ヌーベル月桂冠 
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2396
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...