トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 改正労働契約法とタクシー運転手について考えたこと | main | サービス品質の日米比較で考えたタクシー業界のこと >>
夏だ、トリスだ、ハイボール。へ〜。
ボクたちが夏と呼んでいた夏はもうどこにもないのかと思っていたら、朝、ゴミ集積場へ向かう道に、セミの抜け殻のような生活の澱の上に、なにもかもを熔かして依然貪欲な夏が光っていた。

血の滴るようなスイカ、なんて思ったところで、スイカを買うのをあきらめたのは昨日のスーパーでのことなのだけれど、16分の1ほどの大きさで398円は高いのか安いのか・・・。スイカをあきらめたボクはキュウリをたくさん買い込んで一本はぬか漬けにして、一本は酢の物にして、残りを冷蔵庫にキチンとならべて、スイカへの郷愁を振り払った。

もうしばらくすれば、朝には子供の声が街にあふれる。ボクたちは取り残された孤児のように、その夏とは無関係な(春とか秋とか冬なんてものにも無関係なのだが)時間を、今朝と同じように、ただ集積場へ向かうためだけに、生き延びる。

不規則な生活をしていると、なにもかもが面倒くさくなってくる。
時間とか季節の感覚をなくしてしまう。
喜びとか哀しみ感情が希薄になる。
目標とか目的とか時系列に物事を考えられなくなる。
どんな季節もどんな日もどんな時間も晴酔雨酔・・・。
密閉された部屋は世界と隔離されている。

そのゴミ集積場で見ず知らずのお姉さんが「おはようございます、暑いですね」と言った。不意を突かれてボクは会釈しかできなかったのだけれど、きっと誰かと間違ったのだろうと、その近くの一軒家の旦那と間違えたのだろうと、そう思ったら、安心した。

そんな夏の始まり・・・。

吉高 トリス

吉高さんが「おうちがいいね」なんて言うもんだから
トリス サントリー

太郎でトリス
トリスハイボールを飲んだ。
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2416
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...