トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< サービス品質の日米比較で考えたタクシー業界のこと | main | マーラの死 >>
JIS規格サービス分野に拡大
改正タクシー業務適正化特別措置法が施行され、運転手登録制度が始まってから一年超。なにが適正化され、なにが改善されたか分からない。相変わらず利己の洞窟の闇の中で蠢いている、というのが業界の姿、のように思える。

「良質の運転者を確保するとともに、サービス改善等の諸施策を総合的に推進することによってタクシーの社会的評価の向上を図り、もって利用者の利便を確保しようとする」目的だったはずだが、その萌芽さえ感じられない。

それでも昨日書いた通り、この国のサービスは日米で比較すると良質らしいのだが、ひと晩たち再考するに、アメリカのタクシー運転手の質との比較、五十歩百歩、なんて綺麗な表現ではなくて、目くそ鼻くそ、という話。

そんな業界主導の制度は、ただ天下り先を増やす方便にすり替わったり、新たなる既得権益の種蒔で、結局は岩盤の洞窟をさらに要塞化したいだけの話かと、疑ってしまう。

これまでJISは鉱工業製品だけが対象だったが、国際的な標準規格の範囲はサービス分野などにも広がっている。モノとサービスの一体化が進み、個人の遊休資産を活用する「シェアリング・エコノミー」などの新業態が登場してきたことなどもあり、対象を拡大する必要があると判断した。


東京五輪をひかえ、「おもてなし」の重要性が説かれ、サービス業の生産性が、衰退一途のこの国の経済の宿願となっている現在、サービス業にも規格化が肝要であることは自明の理。

とんでもない運転手や、とんでもない会社は規格外商品として赤箱行きになる。

あるいは規格外の人々は、それなりの価格でサービスを提供するようになる。それとて自明の理、経済の法則、商法の掟、なのだ。

マナーの悪い客はタクシー運賃が高くなります | トヨタ期間従業員に行こう

いやいや、それもだけれど、マナーの悪い運転手はタクシー運賃が安くなるのだ。それがみんなの大好きな市場原理というものだ。

JPN TAXI Japan quality taxi
Japan Quality Taxi

運転者登録について - 愛知県タクシー協会
TOYOTA、次世代タクシーの概要を公表 | TOYOTA Global Newsroom
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2418
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...