トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 佐田の海の1勝で考えたこと | main | UDタクシー論(2)神とトヨタ >>
UDタクシー論(1)こころのバリアフリー
「UDタクシーを導入しなければならない理由ってなんですか?」

なんて聞かれた。

「そりゃ、世の中の趨勢だろうねえ」なんて答えた。

確かに最近のタクシー業界の話題はというとUberとUDだ。「観光、子育て、福祉」これが業界が生き残りをかけた三種の神器だとすれば、UDタクシーは必要不可欠なツールだ。

「そうだなあ、実はオレたちに足りないものは『やさしさ』なんだよ。オレたちドラバーも、それに会社も、売上第一主義だから、もちろんそれは重要なことではあるのだけれど、それにオレたちの雇用を守るためには利益は必要だし、オレたちはボランティア活動をしているわけじゃないんだけれど、タクシーってのは、実は、身動きのとれない人たち、交通難民とか移動困窮者とか、そういった弱者のために存在していて、そういった人たちを救うこと、それがさらに重要なことのように思うんだが・・・。」

「要するにボランティア的な職業ってことですかね?」

「まあ、そうだなあ。そういった心構え、というか、スピリッツみたいなものが必携なんだと思う。それをまとめて『やさしさ』ってことなんだけれど。その『やさしさ』を育むためにも、UDタクシーのドライバーとして、社会貢献をしているという意識、というか、自己認識というか、心のバリアフリーをするための啓発ツールでもあるのかなあ。」

「やさしい人も多いですけれどね」

「さらに優しくってことじゃないのかなあ」

「きっと、この先、『UDタクシーも導入していない会社』なんて言う人も出てきますよね」

「そうだね。きっとCRC、社会的貢献度の低い企業だと思われるだろうし。淘汰される要因にもなるだろうね。それも世の趨勢ってことなんだけれど。」

「住みやすい街、とか、高齢者に優しい街、なんてランキングの評価基準にUDタクシー導入率なんてものも・・・」

「きっと、そうなると思うよ。街の顔である豊橋駅に着くとUDタクシーが1台もいない、なんてなると恥だもんね。カーフリーデーをやっているぐらいだから、きっとバリアフリーでユニバーサルな社会を目指しているに決まっているし」

「佐原市長って、JICA経験者ですもんね」

「そうそう」

「でも、イベント好きなだけかも」

「イベントにやさしい街かあ」

「『陸王』で、交通規制ですもんね」

「まあ、カーフリーデーだったんで、ちょうど良かったかも」

「そうそう、陸の王様、車に対して考える日でもあったわけだし」

「陸王って、まさか某企業のことだったりして」

「あるある・・・。まあ、その某大手自動車企業の話も、UDタクシーと関係しているんだけれど・・・」

「そうなんですか」

「そう。あ、お客さんだよ」

そんなこんなで、カーフリーデーの夜も更けていったのだけれど・・・。

陸王ロケ
ドラマ「陸王」ロケで、広小路バリアフルな一日。

バリアフリー:心のバリアフリー - 国土交通省
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2423
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...