トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 鬼畜 | main | 南相馬ひばりエフエムの閉局で考えたこと >>
生産性と公共性
仕事初めだそうだ。

とは言っても、街にはまだ除夜の鐘の余韻が残っている。冷えた空気がくるぶし辺りの厚さで地の底を這っている。学生たちがいないもんだから、その冷気は攪拌され太陽と混ざることなくお昼を過ぎた今も同じ厚さで地面を覆いつくしている。

ボクたちの仕事、タクシーが公共交通機関という公共性のあるものならば、生産性とは相反するのではないだろうか。それにサービス業というものと生産性なんてものは相いれないものではないかと考えている。

UD元年、ボクたちはなにもライドシェア対策のためにユニバーサルデザイン(UD)タクシーを導入し、まるで地デジの時のように強制的にJapan Taxiに乗り換えるのではないと思うのだ。

ボクたちの仕事は、交通弱者を救うことにある。健康で動ける人は、徒歩で、バスで、電車で、自らが運転して移動できる。歩くことができない、バス停まで行くのが難しい、電車に乗るのが危険な、免許証を返納した、そんな老人や病人や身体の不自由な人たちの移動のためにボクたちは存在するのではないのだろうか。

いつからボクたちは利益だけを追求し、生産性を貴ぶようになったのだろうか。

公共性と生産性が相いれないものだからこそ、規制で保護されていて、「総括原価方式」という方法で運賃設定されていて、そもそも損をしない仕組みになっているのではないのか。

そうしたうえで公正な1日の労働に対する公正な1日の賃金をボクたちは支払われているはずなのだ。企業が損をしない仕組みならば、ボクたちも損をしない賃金であるはずなのに、なぜか公共性は毀損され利益は弱者に還元されず、ボクたちは何年たっても貧しい。そうしてその弱者を守るための業界が、業界を守るために「ライドシェア対策の深度化する項目として『タクシーサービスのさらなる高度化策の検討』」なんてものを施策する。

利用客や弱者、ボクたちのことよりも、業界を守るために「公共」を説く。そうして「公共」という名のもとに「生産性」を追求し、公益ということを忘れ去り、業界の利益だけのために、企業の利己だけのために、哲学なき、思想なき経営を行う。

それが業界の真実だとすれば、業界こそが退場すべきではないかと、思っているんだが。

蓬莱泉 新春初しぼり
蓬莱泉 新春初しぼり2018戊戌
今年も酔って生きているということを実感する。
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2453
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...