トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< Les Abeilles chocolat | main | 合従連衡 >>
オレたちに未来はない
ライドシェアに配車アプリ、自動運転に無人の車、タクシーという移動手段に未来はあっても、ボクたち運転手に未来はない。業界は生き残り労働者は死ぬ、高齢化した労働力がそれをスムーズにする。

最初はUberそのものが敵であり「EVIL(邪悪)」だった。そのために「11項目の取り組み」なんてものを行ってきた。そのうちそれは「大嫌い」なんて私怨にも思える感情論になって「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんて海外企業を排除しナショナリズムを煽るような強弁で自社独占を言い出すしまつ。

それが業界トップの考え方なのだから、その末端にいるボクは理解不能になってしまって、何が良いのか悪いのかの判断に苦しむ。ライドシェアが悪いのか配車アプリが悪いのか、便利さが悪いのか不便さが悪いのか・・・。

主役であるはずのボクたちが分からないのに利用者にも解かり難いはずで、これがこの国のタクシー業界の宿痾。結局はトップに公共という意識が欠如していて、利他的思考なんてのは持ち合わせていないからいつも分裂し独占しようとする。資本主義社会で儲けることは悪くないにしても、その利益を労働者へ、そして社会へ還元しないから、要するにケチだから国が傾く。国家のためと言いながら、結局は自分のためだし、公共という言葉も「補助金出すべし」という枕詞ぐらいにしか考えていないから、国が貧しくなり、人びとが貧しくなる。

ソニーと大手タクシー5グループと共同出資し、配車システム開発の新会社を設立した。これで大きく3つの組織に分裂した。仁義なき戦い、抗争の始まりだ。

(1)第一交通産業グループ:滴滴、Uber(ソフトバンクが出資)と提携。

(2)日本交通グループ:全国タクシー配車(トヨタ自動車が出資)

(3)チェッカーキャブ、大和自動車交通、日の丸交通、国際自動車、グリーンキャブ:ソニーと共同出資して新会社。

タクシー配車、AIで競う ソニー、大手5グループと新社 新サービスの基盤に :日本経済新聞


結局こうなるのも分かっていたこと。現状のタクシーチケットと同じで、利用者は3つのアプリを入れるようになるし、外国人環境客は自国で使っているUberなんて配車アプリを使うようになる。まとまらないのは、もう業界の文化風土になってしまっている。困るのは利用者と運転手。

まあ、「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんてのはすでにgoogleやAmazonでボクたちが捨て去ったことで、ただ単に、タクシー業界の王子と自動車業界の王様が、ナショナリズムを煽って、そうしていつもの手段で労働者を使い捨てにして王国のその領土を拡げようとしているだけのようにボクには見えるのだけれど。

抗争が起きる、まとまらない理由も、公共を無視した、そして「国家」なんて言っている配車アプリを作ろうとするからだ。ガラケーと同じで「ガラ配車アプリ」となる予感がするのはボクだけではないはずだ。業界がひとつにまとまらないから不幸になる。「国家安全」なんてことを言っているからガラパゴス化する。消費者であるボクたちはgoogleやAmazonとは切っても切れない仲になってしまっていて、その繋がりは「国家」よりも深いものになっていたりする。海外にいても利用できる。王子の目指す配車アプリは海外では利用できない、海外へも輸出できない国内専用なんだから、そんなものはいずれなくなるに決まっている。

まあ、そのうち配車アプリで自動配車した車が自動運転するようになるのだろうから、ボクたちは必要がなくなる。それは労働集約型の企業にとっては収益増加になり、労働力不足の解消にもなるのだから、願ったりかなったりなのだ。まあ、どんなアプリになろうと、どんな配車システムになろうと、ボクたちは消滅するってことで、それもまた貧乏人がこの国家からいなくなるってことなので、目出度いこともかもしれないと思うと、配車アプリではなくて廃人アプリかもなあ、なんてオチをつけたところで、よかろうか。

日本の「タクシー王子」、業界変革に奔走 黒船ウーバーを迎え撃つ施策 | JAPAN style 訪日ビジネスアイ
ソフトバンクのライドシェア事業でライバルなき世界がやってくる(神田敏晶) - 個人 - Yahoo!ニュース
米ウーバー:配車全国展開へ 20年めど地域タクシー連携 - 毎日新聞
ウーバーCEO、トヨタ社長と「素晴らしい協議」−ツイッターで (Bloomberg) - Yahoo!ニュース
トヨタがJapanTaxiに約75億円を出資、タクシー向けサービスの共同開発検討へ | TechCrunch Japan
首相、米ウーバーCEOと会談 タクシー業界とパートナーに  :日本経済新聞
こんばんは。

どんな業界でもそうですが適度な競争を促す、万が一破綻した場合社会への影響を小さくするといった意味合いから1社が独占するよりいくつかの会社が共存していたほうがよいと思いますが規格争いで分裂するのは消費者にとってあまり恩恵はありません。

VHSとベータ、ブルーレイとHD DVDなどが代表的でしょうか。

大手航空2社とLCC、3大キャリアと格安SIMあたりは差があるから住み分けされてると思いますが。

自動運転といいますがある一定の経路をぐるぐる周回するようなものには採用されても完全に無人化まではいかないと思いますよ。
20年も30年も前から色んな産業にロボットが普及しそのうち人は必要なくなると言われていますが意外にそうでもないのをみると。

例えば判決をAIが出すようになったら主観による感情的なものが排除されるとはいえ大岡裁きみたいな事がなくなりどうなんだろうと思ったりはありますよ。
さといも | 2018/02/25 20:12
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2463
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...