トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< オレたちに未来はない | main | 特殊詐欺 知能犯係がダメな理由 >>
合従連衡
合従連衡(がっしょうれんこう)とは「その時の利害に従って、結びついたり離れたりすること。また、その時勢を察して、巧みにはかりごとをめぐらす政策、特に外交政策のこと」だ。(合従連衡の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書

前回書いたように、タクシー業界では配車アプリをめぐってその合従連衡が進んでいて、現状では三大勢力がしのぎを削っている。その抗争が終わったあとに岩盤規制を盾にして、利用者の利便性を犠牲にした結果、ガラケーと同じように「ガラ配車アプリ」になるのではないかと考えている。オレたちに未来はない | トヨタ期間従業員に行こう

配車アプリを使った白タクが合法化されなくとも、Uberや滴滴出行と提携なしでは、少なくとも海外旅行者にとっては不便なものとなるということは、少し考えればわかることだ。すでにボクたちのデータはAppleやGoogle、Amazonなんて海外企業が持っていて、ボクの欲しいものや行った場所まで管理されている時代に「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんて言う日本交通の川鍋一朗会長の反対論は詭弁でしかない。岩盤規制で過保護に育てられた業界がまた「安全」を持ち出して不安を煽って独占しようとしているようにボクには映る。

『日本交通の川鍋一朗会長は「1度(タクシーに特化することを)表明しただけで信じるのは不用心すぎる」と海外勢の提携拡大を警戒する』というのだけれど、労働集約型産業で労働力不足にある業界の売上は減少傾向にあり、今後増加する見込みもないことから自動運転による期待は大きいし、その日も近い。その時に白タクという概念は、というよりも、白タクというものはなくなってしまい、タクシーに特化した配車アプリであるなば利便性どころか、不要なものになってしまう。

タクシー、というかモビリティ、移動には、白も黒もなくなったほうが良い。業界はいつも「安全性」を盾に独占しようとするのだけれど、業界の中にいるボクはその業界の「安全性」とか「公共性」なんてものに対して疑問を持っているし、「利益」が優先されていて、例えばタクシーがあるために他の公共交通機関が育たない交通空白地域なんてものも存在するという事実も目の当たりにしては、利用者に選択させろ、そして業界はもうすこし「公共」というものに立ち返れ、そう思うのだ。

合従連衡、そのことこそが「国内で配車システムの恩恵がタクシー業界内にとどまれば、世界とのサービスの差が広がる恐れもある」ということだ。白タクの合法化はいずれ来る。繰り返しになるが「白タク」という概念が変化するときに、白タク反対だけを議論してもしかたないのではないかと、そうしてタクシーという公共交通機関が第一に考えなければならないことは、なによりも国民の利便性なのだということを、業界はさらに、もう一度、考えるべきだ。そう思うのだ。

ライドシェア進まず 規制壁に、利便性犠牲も :日本経済新聞

COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2464
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...