トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< ガストでせんべろ | main | 森、道、市場で夕暮れの街切り取ってピンクの呪文かける・・・ >>
前川喜平氏と西尾市と高須院長と一色うなぎ
前川喜平を招いた西尾市、高須院長の逆鱗に触れて数十億円の税収を失う | netgeek

高須クリニックの高須克弥院長の出身地が西尾市だと知らなかった。そしてこれまでずっと西尾市に住民票を置いてホテル住まいだということも驚きだった。さすがだ。

さて、今流行りの「前川喜平講演会」、それも地方自治体や公立学校が主催するということに対して違和感を持つ人が多いのではないのか?夜も眠れないほど「おかしな話だ」と感じているボクのような人もいるはずだ。

「子どもたちの未来のために私たちに今できること」という演題に相応しい人物か、という前に、西尾市や下関市のセンスの悪さ、という前に、バランス感覚を疑ってしまうのは、きっとボクだけではないはずだ。学校や市が「政治の不介入」を理由に政治的なことをしていいわけがない。(政治的意図がなければわざわざ前川氏を呼ぶわけがないし、この国に「子どもたちの未来」について講演できる人物がほかにいないわけでもなかろうし)


ボクが保護者なら考える。「やいやい、どういう了見だ」なんて学校にねじ込むに決まっている。

違和感は政治的思想的に中立ではないからだ。「市や中学校がこんなことしていいの?」ということなのだろう。逆に「この人が天下り問題の人で、貧困問題と言いながら出会い系バーに通っていた人ですよ」と晒しているのだろうか?それはそれで悪質だし、陰湿すぎる。

そういうことを考えると、高須先生の「西尾市の教育委員会が、前文部科学事務次官・前川喜平さんの講演会を後援していたからね。僕の税金をそんなものに使ってほしくないから。」という行動は正しいと思うんだが・・・。そういう抗議のしかたもあるってことも。

西尾市にふるさと納税をしているボクとしても、まあ、微々たるもんだが、なんとなく他人ごとではない、というか、この講演会のために少しだが利用されたかと思うと、また眠れなくなったり。

プレミアムフライデーとふるさと納税一色町うなぎ旅 | トヨタ期間従業員に行こう

それに「一色うなぎ」「西尾茶」「尊皇」なんてブランドが風評被害を受けるかもしれないと思うと、西尾市は、というか、地方自治体はもう少し民間企業並みの中立性を保たないと、困るのは市民だもんなあ。まあ、公務員も教師も天下り先があるから安泰かもしれないのだが・・・。

ということで、寝るか。

COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2469
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...