トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 組織論(3) | main | 獺祭 島耕作が美味しい件 >>
タクシー業界(1)
「獅子身中の虫」
業界内でそう言われているその三ヶ森タクシーの社長のもとで働きたいと思っている。雇ってくれないだろうか?

タクシー業界に欠けているのは、公共という観点。労働者不足と交通弱者の増加という少子高齢化の問題を棚上げして、自己利益のために自動運転は良いけれどライドシェアは反対する。

「1.5種免許」さえも、どちらかといえば業界のため社会のためになるはずなのに、経営側というよりも全自交労連などの組合側の反発なのか獅子身中の虫にされてしまう。

笑止。

「ライドシェア」とか「交通空白地」とか「社会的責任」とか「公共性」なんて言葉で、接続詞として「危機」とか「未来」とか「利益」なんてものを使い、「一致団結」を導き出す。もちろん主語は「我々」だ。
業界とはいったい誰なんだろうか? | トヨタ期間従業員に行こう
残さなければならないものはただひとつ公共の足なのだ。いつでもどこでも誰でもタクシーを利用できる便利さと公共性だけが残れば、タクシー会社なんてものは必要ないのだ。というか、そのタクシー会社の存在が国民の利便性と公共性を強奪しているとすると、排除されなければならないのはタクシーのほうで、業界はすでに公共性なんてものを捨てようとしている。
タクシーの未来 | トヨタ期間従業員に行こう
最初はUberそのものが敵であり「EVIL(邪悪)」だった。そのために「11項目の取り組み」なんてものを行ってきた。そのうちそれは「大嫌い」なんて私怨にも思える感情論になって「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんて海外企業を排除しナショナリズムを煽るような強弁で自社独占を言い出すしまつ。
オレたちに未来はない | トヨタ期間従業員に行こう
タクシー、というかモビリティ、移動には、白も黒もなくなったほうが良い。業界はいつも「安全性」を盾に独占しようとするのだけれど、業界の中にいるボクはその業界の「安全性」とか「公共性」なんてものに対して疑問を持っているし、「利益」が優先されていて、例えばタクシーがあるために他の公共交通機関が育たない交通空白地域なんてものも存在するという事実も目の当たりにしては、利用者に選択させろ、そして業界はもうすこし「公共」というものに立ち返れ、そう思うのだ。
合従連衡 | トヨタ期間従業員に行こう

業界こそ、国家に対しての獅子身中の虫だということに気づくべきなのだ。

誰が国民の足を奪っているのか。よく考えれば分かるはずだ。安全性なんて呪文を唱えながら「地獄へ堕ちますよ」と・・・業界というよりななにか奇妙な新興宗教のように思えるのだが・・・。


豊橋市で停車中のタクシーに車突っ込む
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2475
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...