トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 平成最後の日・・・ | main | 令和元年 >>
タクシーで一万円札を出したら運転手に釣銭が無いと切れられた件について
いまだにこういう運転手がいるってことに驚きなんだが・・・。
というか、いまだにこういったことが議論になってしまうことが哀しいんだが・・・。

羽鳥慎一モーニングショーで「タクシーで一万円札を出したら運転手に釣銭が無いと切れられた」ことが話題になっていた。この運転手が切れた原因を考えてみたんだが、きっと主因は乗客が若い女性だったからだろうなね。

同じことを強面の、例えば映画「凶悪」のピエール瀧さんだったら「これから用意してくれないと・・・」なんて説教して「ちっ」なんて舌打ちをしなかったに決まっている。そして「これからは用意しといて」なんて命令しなかったに決まっている。

タクシーで1万円札を出したら運転手に釣銭が無いと切れられた - Togetter

コメンテーターの玉川徹さんが言っていたように「ご飯を食べにいった食堂で」同じようなことを言われて問題になることがあるだろうか?あるいはコンビニでコーヒーだけを買って「これからは小銭を用意をしていただかないと、あれなんですよね」と説教されるのだろうか?

タクシーの安全性なんてこんなもんで、一般の自家用運転手のほうが安全で親切かもしれないよ。

「これから用意していただけないと・・・」と脅迫してしまうぐらいの質、これがタクシー業界が言う担保されている安全なんだから笑止。

元号が変わっただけではなくて、業界はあたらしい時代を迎えている。数年後に振り返れば「令和元年がタクシー元年だったね」「Maas元年だったね」なんて言われるだろう。その伏線として事前確定運賃も始まる。そんな新しい流れの中、今回の事件は、業界の旧態依然とした傲慢な態度と、その原因である古くて固い岩盤規制と既得権益が要因だと確信する。

移動革命と言われるMaas構築とそのラストワンマイルを担うタクシー業界の(傲慢な態度と岩盤規制、既得権益)見直しと自省こそが、ボクたちが生き残るための喫緊の課題だとも確信している。

それができないのであれば、タクシー業界が関与しない一般ドライバーによる自家用有償輸送の解禁、これまでとは違うプレイヤーでの交通インフラの再整備のほうが柔軟的で安全で高品質ではないのか、業界が関与すると発展も進展も遅くなるのではないのか、そう業界の中のボクが憲法記念日に思ったりしている・・・。

タクシー運転者登録制度の全国拡大から3年過ぎた。退場しなければならないのは実は業界そのものかもしれないと、思ったりもしている。それも含めてタクシー元年なはずだ。間違いない。利己的なヤツはとっとと消えてなくなるほうが、世のため人のためでもある。それも間違いない。

タクシーで一万円札を出したら運転手に釣銭が無いと切れられた件について
久しぶりの更新!
まぁ未だにクズドライバーがいるということ。
私は1年の空白を経て大手から中小のタクシー会社に移りました。
大手の方がクズは多いんじゃないかな?
island | 2019/05/04 22:34
islandさん、どうも。

女性なんで説教したんでしょうね。こういう事件の被害者は女性が多いような?

まあ、相変わらず雲助程度で、コンビニのアルバイトのほうが接客が良いのに、「プロ」なんて言われているんだから・・・。
田原笠山 | 2019/05/07 11:13
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2478
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...