トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< タクシーで一万円札を出したら運転手に釣銭が無いと切れられた件について | main | 五月病のボクたちへ >>
令和元年
まるで年末年始の賑わいだった平成最後の夜と令和最初の朝。「おめでとうございます」なんて声も聞こえる。ドーン!と花火も上がる。今年のゴールデンウィークは改元景気でその経済効果は我々末端のタクシー業界にまでもあった。「海外より改元」、14万人がご即位一般参賀に訪れたそうだ。

「健康と幸せ」がボクにも、そしてすべての人に訪れればいいのだけれど、この慶祝改元10連休が、例えば非正規雇用の人たちにとっては不幸でもあるということを、分かっていたとしても不敬なことだと言論統制でもされているのだろうマスコミからも聞こえてこない。

いえいえ、決してこの国の制度が悪いとか、改元が悪いとか、ではなく、出稼ぎ手帳を持って初めて出稼ぎをした平成16年のゴールデンウィークには、トヨタ自動車なんてのもまだまだ昭和の人情みたいなものが残っていて、「帰省手当5万円」を配っていたのだけれど、その年の労働者派遣法改正からは、「出稼ぎ」も「出っ放し」になってしまっては、故郷なんてパトリオティズムの苗床も、荒れ地になってしまった。

故郷とも社会とも断絶されては、唯一日本人であるということも、なんとか日本人であることも、なんの役に立つのかと、恨みたくもなるのが人の常。

ましてや改元がなんの役に立つものか・・・。

賑やかな街に背を向けてたどり着いた安アパートで、これまた安酒を飲みながら、なんとなくだが「幸せが訪れますように」なんて祈っている。

容姿よりも、無口なことと無能なことが苦しかったし、それよりも、不運なことが堪え難かった。
運がなかった。

柳美里「JR上野駅公園口」

柳美里「JR上野駅公園口」

スレ更新、安心しました。
死んでんじゃないかと心配していました。
この期間何かあったのですか?
千葉57 | 2019/05/06 15:33
千葉57さん、どうも。

何があったというわけでもないんですが、会社とアパートの往復で、帰って食べて寝る、それだけの生活だと、脳も動かなくなるみたいで・・・。

なにもしたくなくなって、食べて寝る、休みは飲んで寝る・・・。そんな生活は嫌いではないのですが。
田原笠山 | 2019/05/07 11:16
お互い年を取って気力がなくなってきますが、
細く長くいきましょう。
ご自愛ください。
千葉57 | 2019/05/13 23:29
千葉57さん、どうも。

そうですね、気力がなくなりつつあります。ぼーっと生きていたいなんてことばかりを思っているんですが。

エネルギッシュな人をみるとうらやましくもあります。
田原笠山 | 2019/05/18 20:51
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2479
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...