トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 令和元年 | main | ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果について考えたこと >>
五月病のボクたちへ
10連休ぐらいで「長い」なんて言っているから、この国にフランスのバカンス法のような長期休暇の制度が出来ないばかりか、年間5日間の年次有給休暇取得の義務化で慌ててしまっている。

連休を取るから五月病になるのではなくて、10連休が長いと感じる職業意識、というか、頑張らなければならない、そんな労働環境が、企業風土が、ストレスになって心を病むのではないかと思ったりする。

10連休のあとに「年休でもう5日休みます」とか、煩わしい人間関係から遠ざかるために「個室勤務」とか「夜間勤務」、「資格取得勤務」、「職業能力開発勤務」なんて、ちょっと違う環境を作り出すようにすると、病む人も減るのではないかと思う。

なんて書いていると、「あ、タクシー業界かあ」なんて思った・・・。だって出勤、点呼が終われば、個室(車の中)でまったりすることもできるし、個室の中で引きこもって動画を見放題だし・・・。「体調が悪くて・・・」早退も・・・。

ということで、ボクも「面倒くせ〜なあ」と朝出勤して、近くの公園で「朝寝」、なんてことも・・・。「待機場所で読書」なんてことも・・・。

自家用有償輸送なんてものが解禁になれば、個人タクシーのように出来るのになあ・・・なんて思ったりもしていて、まあ、その話は次にでもするけれど、交通サービスがボクたちを変え、働き方を変える。登録制自家用有償なんてものにすれば、働くの面倒くせ〜なんて言っている引きこもりの人たちも救われたり、ダブルワークで収入が増え消費拡大になったり、なんだけれど・・・。

というボクもUberやDiDiと契約して、「打倒企業タクシー」なんてことになるんだが・・・。そうなると五月病なんて言ってられない、なんてことになるんだが・・・ならんか?

大嶺酒造 Ohmine Junmai
大嶺酒造 「Ohmine Junmai」東北の酒よりも西日本の酒のほうが口に合うのは、やっぱり水か。同じ山口県の獺祭よりもこちらのほうがボクの好みかなあ。甘めで芳醇。
新年になり、複数の記事、有難い
途切れてからも、週一度は覗いてました
再開の記事の句が井月なのも、らしくて
嬉しくなりました
今も四国遍路・野宿篇、たまに繰り返して
読んでます
ミズノ | 2019/05/07 20:53
ミズノさん、どうも。

ありがとうございます。
「有難い」なんておっしゃっていただくのも恐縮なんてすが、まあ、書くことで自分の考えがまとまるってこともあるもので、やっぱり日記みたいに続けなきゃなあ、なんて思っています。

四国遍路、もう12年前。またそろそろ、なんて考えています。
田原笠山 | 2019/05/08 13:10
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2480
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...