トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 母の日のプレゼントで考えたこと | main | 歩合給が業界をダメにするたったひとつの理由 >>
上級国民について考えたこと
日本人の自動車に対する観念は、諸外国のそれとは少し違うのではないかと考えている。三種の神器のひとつに数えられた時期があったり、フロントグリルに注連縄を飾っていたことを考えると、道具ではなくて人格化され、あるいは神格化されてきたように思う。現在も新車を買ったら神社でお祓いする人も多い。

自動車だけではなくて、道具や物という考え方を超えている物も多い。

自動車とは尊いもので、それを運転するにはそれなりの人格も必要とされる、という深層心理が日本人の精神の奥底にあるのではないかと思っている。自動車が神器だった世代の人たちにとってはステイタスシンボルという薄いものではなくて、自動車を運転すること、所有することは、身分制度での武士の刀のようなものに感じているのかもしれない。

だからいくつになっても免許を手放せない。三種の神器で、武士の刀なのだから、やすやすと手放せない。道具として必要なくなったとしても、身分制度の象徴的な存在、三種の神器なのだから、それを捨て去るということは恐れ多いこと、神罰が下る、祟りが末代まである、なんてその潜在意識の中にあるに違いない。

免許証制度も同じで、だいたい世の中の免許は、例えば免許皆伝、師範、大師範、というふうに位が高くなり、名誉師範なんて人生の終わりに授けたりすることのほうが多い。そしてそれはあの世まで持っていくものなのだ。草月流の師範が年齢を理由に免許証を返納しているか?池坊の大師範もだ。都山流の竹林軒大師範だって技術よりは貢献度みたいなもので・・・。

高齢者の事故のニュースを見るたびに、18歳からなんて年齢制限があるのなら80歳までという年齢制限もあっていいのではないかと思う。お茶屋お花とは違うのだから。

免許証制度だけではなくて、乗るのなら古い車を乗り続けるなんてことも止めていただき、最新のシステムを装備している自動車に乗るように義務化するようにしないと、どうも「もう人生最後の車だから」なんて自動ブレーキも装備されていない10年も前の車を大切に乗っている人も多い。なんせ道具じゃなくて神器だから簡単に捨てられない。

またタクシーをはじめ交通インフラの整備と自家用車がなくても不自由のない街づくり、脱自家用車社会を目指すべきなんじゃないかと、あらためて思う。公共交通だけでは供給不足だって分かり切っているんだから、もっと自家用有償運送を、もっとUberを、もっとCREWを、なんて思っている。

政府は自家用車を所有してもらえば税金が入ってきて、車検に保険なんて消費も生まれるけれど、返納されて公共交通依存されると、税金を使わなければならなくなるから、上級だろうが下級だろうが、いつまでの元気で働いて消費してくれってことなんだろう。

まあ、いつものことで、経済優先主義の病理でありジレンマで、国民の生命より自動車産業のほうが大切で、「何人死んだんですか?」なんて上級国民である経営者も官僚も政治家も思っているに違いない。

DiDiモビリティジャパン
DiDiで今までにない移動体験を | DiDiモビリティジャパン株式会社
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2484
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...