トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 上級国民について考えたこと | main | 仕事中でも煙草を吸えます >>
歩合給が業界をダメにするたったひとつの理由
労働集約型産業(タクシー産業のような)では、企業の利益や成長や生産性を、労働者の数や労働力の優劣など、多くを労働力(それも労働者個人の責任)にすり替えることが多い。そして下手な鉄砲も数撃てば当たる的な人海戦術で成長をしてきた。

最近やっと生産性なんてものを重要視するようになった理由も、その鉄砲の数である労働者不足が深刻化しているだけことだ。売上=労働力なのだから。

タクシー運転手の平均賃金が全産業労働者の62%しかないとしても、大雑把に言えば、そして語弊があるかもしれないが、企業の利益率とは関係ない話。経費の大部分が人件費であるのだから、賃金の減少はそのまま経費の減少になる、ただそれだけのことなのだ。

本当は、というか、まっとうな経営者であれば、単純な歩合給ではなくて、パフォーマンス(もちろんクオリティも)で賃金を決める。そうして賃金思想を持ち合わせていて、従業員の頭数だけを数えるなんてことはしないで、従業員個々人の生活まで踏み込んで賃金を考えるに決まっている。だって企業は人なのだから。

そうすることによってさらに従業員個々人のパフォーマンスが向上し、企業全体の生産性や品質も向上する。あるいはとんでも社員の退場を促すことにもなる。

タクシー業界が100年間ほとんど同じような仕組みと状況で、いや駕籠かきの時代とほぼ同じである理由は、その駕籠かき時代と同じような歩合給をいつまでも目先の利益だけで続けているからなのだ。

思想なき企業に成長なし、そう思う。業界自体が退場して、新しいプレイヤーたちがタクシーというものをリードしないと、いつまでもボクたちは労働力という鉄砲玉だけで終わってしまい、ライフワークバランスやクオリティオブライフなんてことことは疎遠な人生を強いられるに決まっているのだ。

菊水 純米酒
鰯食ふ大いに皿をよごしては  八木林之助
こんばんは。

歩合給で一番問題な点だと最低保障がゼロや最低賃金以下、または限りなく最低賃金に近い数値になっている事ではないでしょうか。

そうはいっても仕事の成績や能力が給料を決める要素なのは一般的でありそこを全く反映させないのは正しいとは思えません。
どんなに頑張ってもさぼってばかりの人間と同じというのであれば誰も努力しなくなり質の低下を招くだけです。
売上の数字は客観的な判断をする材料に適しているとはいえます。

同一労働同一賃金にしても勤務や採用の形態性別等に関わらず基礎となる部分は原則同一であるべきと考えますが成績や能力を加味する事は全然悪いと思いません。
その結果多少年功序列の要素が残る事はありますが完全になくなるのは難しいのではないかと思います。
昇格にあたって一定の実務経験や年齢が考慮される事はありますので。
さといも | 2019/06/03 23:12
さといもさん、どうも。
歩合だと言っても、最賃保証はあって、その努力しないで最賃って人も少しはいるようですが。

まあ、単純に努力したぶん、工夫したぶんが収入になるというのは、公平だとも思います。ただ、歩合給が適正適切かという基準があいまいで、ビジネスの主体(企業や小売り)だと収益が分かりやすいのですが、給料としての歩合だと、使用者都合にしか歩合給の利点が働いてない、ってのが問題なのだろうと思っています。

あとは経営者の給料に対する思想の問題になるのかもしれませんし。
田原笠山 | 2019/06/04 10:41
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2485
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...