トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 歩合給が業界をダメにするたったひとつの理由 | main | 川崎殺傷事件と年金問題 >>
仕事中でも煙草を吸えます
喫煙者の生産性損失時間は年130時間にも達するそうだ。
米研究機関の調査では、喫煙者は体調への悪影響などから通常通り仕事をこなせなかったり、欠勤したりすることによる「生産性損失時間」が年に130時間に達すると試算する。
仕事中は全面禁煙 企業に広がり、味の素など開始へ  :日本経済新聞
日本経済新聞5月23日
煙草休憩が当たり前だった昔、職場内でも通勤電車でも歩道でもテレビの向こうでも喫煙は当たり前の風景だった。その煙草休憩は休憩時間の内には入らなかった頃だと、生産性損失時間は1日30分〜60分、年間120時間〜240時間、体調への悪影響からではなく、喫煙による実質の休憩時間がそれだけあった。

今でも、煙草は休憩時間とは別、なんて企業もあるはずだし、タバココミュニケーションなんてことを信じている人も多いはずだ。確かに喫煙所でのタバココミュニケーション良い面もあって、損失ばかりではないのだろうが、最近はコミュニケーションというよりは、中毒症状が出てひたすらスースーハーハーしている人のほうが多いかもしれない。

社員喫煙を減らす取り組み

「就業中の喫煙を禁止」「喫煙者は採用しない」、各社禁煙の取り組みを実施、計画しているようだけれど、今度は禁煙によるストレスで「生産性損失時間」が増加するのではないだろうか?「もう我慢できないんで、退職する」とか、今流行りの大麻やコカインを吸引ではなくて、ドリンクとして飲んだりする人が増えたりしないのだろうか?

「煙草はカッコ悪いけれど、ハッシッシなんてカッコよくね?」「味の素ガンジャジュース」なんて発売されたり?

さてさて、そんな話よりも、そんなに我慢しなくて、そんなに窮屈な思いをしなくても、「煙草吸えます」なんてことが求人案内の特集になったり、ハロワの求職票の項目になったり、企業のウリになったりする日がやっと来たと思っている。

タクシー業界なんてのは、車内で吸わなければ、いつでもどこでもどれだけでも吸える。喫煙者にとっては夢の職場なのだ。車内で焼酎のトマトジュース割りを飲んで事故を起こすこともできるほど、煙草だけではなくて酒好きの人にも天国のような環境だ。たぶん、中にはクスリをやってる人もいるはず・・・そんな夢の職場なのだ。

来たれ!中毒患者!自由人! 勤務時間はあなたの中毒度で決めてください。会社の車庫を出ればもう夢の中です。あとはあなた次第で酒も煙草もクスリもやり放題です。

なんてキャッチで求人募集をするタクシー会社が出てくるに決まっている。なんたって労働集約産業だからね。質より量だからね ;P

酒を飲め、こう悲しみの多い人生は、眠るか酔うかして過ごしたほうが良かろう オマルハイヤーム「ルバイヤート」

さてとクスリ飲んで寝るか。胃薬だけれどね。
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2486
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...