トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 森、道、市場2019 解禁しろ! | main | 拡大自殺について考えたこと >>
ひきこもり+タクシー
ひきこもりがまた問題になっている。

ひきこもりが悪いのではなくて、それを許容できない社会が悪いのに、今回のような事件が起きるとすぐに「対策」なんてものを、また言い出す。その対策というのが就労対策だの社会参加だの、とにかくひきこもっている人たちを力づくでその世界から引きずり出そうとする。要するにひきこもりをなにがなんでも悪者にしたいのだ。

淡路島5人殺傷事件についてボクの思うところを書いたことがある。
ひきこもりが悪いとされる理由もそこにあって、社会との断絶が悪というのではなくて、消費しないことが悪というこの国のスタンダードからはみ出しているからなのだ。ひきこもって何が悪いのですか?

「孤独な40歳が5人を殺害」なんて事件が起きる。そうすると、犯人の「ひきこもり」や「孤独」にスポットが当てられて、ひきこもることがとても悪いように言われる。ひきこもり=犯罪予備軍、なんて図式にあてはめるコメンテーターもいたりして、もうこうなると差別としか言いようがない。ひきこもりの何が悪いのですか?

ボクもひきこもりだ。ひきだし(ひきこもりの反対)て生きてこなかったし、今後もひきだして生きていこうなんて思ってもいない。タクシー運転手なんてのはひきこもりでも出来る。車の中に一日中ひきこもっていられるのだから、ボクのような人嫌いでひきこもりの好きな男にはもってこいの仕事なのだ。

孤独な40歳が・・・ | トヨタ期間従業員に行こう

ひきこもりは悪ではない。そして今また、今こそ、タクシー業界こそ救世主になれる機会なのだと思う。

社会とか会社とか集団なんてものにストレスを感じたり、アレルギーを感じる人たちに、UberやDiDiのシステムを使って収入を得ることで、夜間、深夜に人に会わないで、社会からひきこもって生きていけるのではないのか。タクシーという接客業も苦手な人には、宅配や郵便配達もある。あるいは内職やテレワークと言われる仕事も配車システムを使って発注し受注、配送も可能だ。

あるいは、今あるタクシー業界の形態でもいい。ただ、明るい職場なんて作らなくて良い。家族旅行、職場旅行、まっぴらごめんだ。コミュニケーションなんて必要ない。ボクたちの職場に必要なのは超個人主義、超許容主義の社会なのだ。

ひきこもって生きていくことが生き方として認められる社会になれば、ボクたちのこの国はもう少し生きやすい社会になるんじゃないかと思う。そのためにはひきこもっている人を引き出すんじゃなくて、ひきこもったままで生きることが出来る社会を作ることだと思う。そのためにもっとタクシーを、もっと規制緩和を、もっとシェアリングエコノミーを、もっと自家用有償を、なのだ。

吟醸 おかげさま

伊勢のお酒を飲みながら天照大神の「天岩戸」を考える。天照大神もひきこもっていたんだし・・・。
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2489
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...