トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 拡大自殺について考えたこと | main | 高齢者ドライバーの事故防止について >>
事前確定運賃が目指すもの
10月1日に実施認可が行われることが決定したタクシーの事前確定運賃だが、「乗客の不安を取り除く」「外国人観光客らが安心してタクシーを利用できるようにするのが狙い」ということが運用目的らしい・・・。

「タクシー業界において今後新たに取り組む事項について」という、いわゆるライドシェア対策11項目の3番目の項目にも事前確定運賃が示されており、「生き残るために、やるなら、今!」と全国ハイヤー・タクシー連合会の意気込みを感じる。

運賃に関するクレームは多い。経路違い(道間違い)も結局は運賃が高くなることからクレームになるのだろうから、クレームの30%〜40%が運賃に関するものに(データも根拠もないのだけれど)なるのだろうと考えている。

確かに運賃が決まっていれば、お客様が道案内をするなんてこともなくなる。昔書いたことがあるけれど、「お客にすしの握り方を教えてもらう」こともなくなり、それこそ安心して利用できるようになるだろう。
ひとりタクシー運転手ごっこ | トヨタ期間従業員に行こう

現場のタクシー運転手としては、「事前確定運賃」よりも、そのことによる「事前確定経路」のほうがありがたい。ルートが決まっていて、それをトレースするだけでいいのだから気が楽だ。クックパッド通りに調理し提供するような感じになるので、技術不足も補える。

タクシー運転手という職業は、年齢性別に関係なく活躍できる。若ければ良いってものでもない。ひきこもりの人や人見知りの人にもマッチングしている職業だということはここでも何度か書いた通りだ。

問題は、というか、応募者が躊躇するのは、接客よりも「地理」にあって、これから就職しようとする人たちの不安も事前確定運賃という事前確定経路で解消されるので、「ちょっとやってみるか」なんて気軽に応募する人も増えるに違いない。

労働者不足に悩む業界としては、どちらかというと経路確定による地理不案内解消による職場環境の改善のほうで「生き残るためにやるなら今」なのだろうと思う。

そして最大の目的は、(ここからが本題なのだが)国家がMaaSを推進するうえで、ラストマイル、ファーストマイルを担うだろうタクシー業界は電車や飛行機、バスと違って乗るまで料金が分らない、厄介者なのだ。

商品の売価は決まっているものだ。決まっているから販売しやすい。乗車地から降車地までをパッケージで商品化したい場合、定価なり販売価格なりは決まっていたほうが良い。交通のパッケージ化こそMaaSなのだから、事前に運賃は確定していなければならない。

事前確定運賃の最終着地点は移動を商品化して販売することなのだ。そのためには乗ってみないと料金が分らないような現状のタクシー運賃制を変える必要があるってことなのだ。

事前確定運賃や事前確定経路は、ボクたち業界にだけに有利ということではなくて、タクシーメーターという計量法で規制された運賃制度そのもの、言い換えればタクシー制度そのものの撤廃に近い。タブレットひとつ、ネット回線ひとつあれば、運賃輸送できるということなのだから、結局はライドシェア解禁への起爆剤にもなり得る。ということを思うと、もっと事前確定運賃を、もっと供給をなのだ。そしてその先にあるのは80歳になってまでの自家用車を自分で運転することのない、自由な移動なのだ。もっとモビリティを、もっと自由な移動を、なのだ。

三河田原駅
在りし日の三河田原駅
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/2491
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...