トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 「ウイルスばらまいてやる」より怖いこと | main | タクシーは安全です >>
大相撲の無観客試合で考えたこと
鶴竜と北勝富士戦、結びの一番、観客がいたならば、歓声と飛び交う座布団で、テレビを見ていなくても、どちらが勝ったか分かったのだろうと、思った。

考え方を変えると、騒々しい勝負になれてしまって、真剣勝負の、例えば「息をのむ」と表現されるような戦いからはかけ離れてしまったのが、現在の勝負なのかもしれないと考えたんだ。スポーツがショービジネス化されたからなのだろう。

「無乗客営業ってのは、どうなんだろう」とボク。
「それって、損するだけじゃん」

なるほど、それは成立しないか。

大相撲も、プロ野球も、オリンピックも、テレビ放映があるから、無観客でも成立する、というか、利益になる。オリンピックなんてのは、実際に観戦する人よりは、テレビで観る人のほうが圧倒的に多い。開催地がどこだろうが、主権者は関係ないのだろう。

考えたのだけれど、大相撲は、一般の人が観に行けないのならば、一日だけでも天覧試合をしてもらいたいんだ。せめて国民を代表して天皇陛下が千秋楽を観て、賜杯を直接渡す、なんてことが実現されれば多くの相撲ファンも、そして国民も感動すると思うんだ。

今、ボクたちに必要なのは、COVID-19という邪悪なものが払いのけられ、五穀豊穣と世の平安が一刻も早く訪れる、その希望の明日なんだろうし。

ボクたちは伝統というものの内に希望を知らず知らずのうちに見出している。将来の不安は、きっと、過去の永遠によって払われる。だから歴史は必要なのだ。だから国家というものも必要なのだ。だから家族というものも必要なのだ。神仏も、そうして天皇も・・・。

天覧試合と相撲。春場所を見ながら、そんなことを考えている。きっと「勇気や感動を与え、世の中に平安を呼び戻すことが」できるように、思うんだけれど・・・。

八角部屋


 古来から力士の四股は邪悪なものを土の下に押し込む力があるといわれてきました。また横綱の土俵入りは五穀豊穣(ほうじょう)と世の中の平安を祈願するために行われてきました。力士の体は健康な体の象徴ともいわれています。  床山が髪を結い、呼び出しが柝(き)を打ち、行司が土俵を裁き、そして力士が四股を踏む。この一連の所作が人々に感動を与えると同時に、大地を静め、邪悪なものを抑え込むものだと信じられてきました。  こういった大相撲の持つ力が日本はもちろん、世界中の方々に勇気や感動を与え、世の中に平安を呼び戻すことができるよう協会員一同、一丸となり、15日間全力で努力する所存でございます。何とぞ千秋楽まで温かいご声援を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつといたします。
相撲協会あいさつ全文 大相撲春場所:時事ドットコム
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly