トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 新型インフルエンザ等対策特別措置法改正とタクシー業界 | main | 感染したくない、マスクが必要な理由 >>
ほの国百貨店閉店で考えたこと
ほの国百貨店が閉店した。

「もとの丸栄」というのが多くの豊橋市民の持つイメージだったのだろうし、丸栄が閉店したときに、あの場所の、あの百貨店の、記憶や、想い出は、なくなった、そう言う人も多い。

10年前に書いたこと・・・(なつかしい)
買い物は確かにネットでも済ませることが出来る。値段だけならスーパーのほうが安い。物を買うということだけをとれば、デパートの存在意義は薄くなっているのかもしれない。でも、以上書いたようにデパートの消滅はその地域の文化の喪失にも繋がることなのだ。だから、豊橋マルエイが閉店なんてことになるとちょっと困る、と思うのだ。きっと。
豊橋マルエイが閉店してはいけない理由 | トヨタ期間従業員に行こう

ちょっと困ったことになる、そう思ったんだが、そのすぐあとに「ほの国百貨店」として開店した。
若者は百貨店を離れてゆく。というか、すでに離れてしまっている。子どもころ、八階のレストランでご飯を食べて、そうして屋上の遊技場で遊ぶ、なんてことがとっても楽しみだった。そんなボクたちがおとなになって百貨店に行くと、あの頃のトキメキやワクワク感なんてものをまったく感じることが出来ないでいる。

モノを選んで買うだけならば、ネットに勝てるわけがない。ネットは万貨店なのだ。もし生き残れるとしたら、たぶん、あの頃ボクたちが感じたwktkを感じさせられるかだと思うのだけれど。
ほの国百貨店で考えたこと | トヨタ期間従業員に行こう

「あの頃ボクたちが感じたwktkを感じさせられる」ことが出来なかったのだろうと思う。8年経った今でもやっぱり「もとの丸栄」のままだったのだろうし・・・。

閉店の昨日はずいぶんと賑わったらしい。今朝は、なんとなく廃墟を感じさせた。「荒城の月」が頭の中で聞こえた。栄枯盛衰。

あの場所は永遠に消え去ることもなく、きっと何かのカタチとして残る。想い出として心に残る。

豊橋丸栄だった頃
豊橋丸栄だった頃。2011年1月31日、雪の日。
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly