トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 聖火リレーも中止になりました | main | お米券、お肉券、商品券・・・なにが欲しい? >>
生活福祉資金の特例貸付は利用できますか?
「本日(3月25日)から以下の通り、厚生労働省が発表した生活福祉資金・緊急小口資金の特例貸付制度が始まった」そうだ。

生活福祉資金の特例貸付が本日から開始ー状況次第で10〜80万円がもらえる償還免除もありー(藤田孝典) - 個人 - Yahoo!ニュース

気になるのは、オレたちタクシー運転手が借りられるのかということ。

休業された方向け(緊急小口資金):
対象者:
新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業などにより生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
貸付上限額
・(2人以上)月20万円以内
・(単身)月15万円以内
貸付期間:原則3月以内

「収入の減少や失業などにより生活に困窮し」、「困窮」「日常生活の維持が困難」、例えば家賃を払えうことが出来ない場合はどうなんだろう。まだ「困窮」でも「維持が困難」でもないか。家賃を支払うことが出来なくて、電気を停められ、食べるものもない、それなら借りられそうだ。でも、そうならないように少しだけ貯えがあって、なんて人は、慢性的に貧困だけれど、借りられそうにない。それに「休業された方向け」なので、雇用されているオレたち向けではなさそうだ。

つぎに
失業された方等向け(総合支援資金)
対象者:
生活再建までの間に必要な生活費の貸付を行います。
貸付上限額
・(2人以上)月20万円以内
(単身)月15万円以内
貸付期間:原則3月位以内

失業し、生活が再建されるまでの間、という意味だとすると、困っていたとしても失業していないから無理か。それに失業しても失業保険があるから、失業給付を受給中は難しそうだ。

休業とか失業なんて条件が必要なので、オレたちには関係ないか。それでも、もしもってことがあるから、相談することも考えていたほうが良いかもしれない。

まあ、なんにしろ、中途半端に貯金していたり、職があったりするよりは、生活保護を受けるぐらい困窮していたほうが良いのかもしれない。そういう生活保護予備軍がタクシー業界に大勢いる。

緊急小口資金
総合支援資金

厚生労働省プレリリース
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...