トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 雇用と産業を守るために | main | マスク2枚配布について >>
危機感のない人たち
この時期になっても、なんの対策も施策もしない企業が多い。脳天気なのは経営者だけではなくて、労働組合も同じで、自分たちだけは大丈夫だと思っていやがる。

そうして「公共」を押し付けて、丸腰のままで前線へ乗務員を放り込む。

売上が2/3、1/2になったとしても、自己責任、努力不足、労働集約型産業の宿痾、歩合給制度の被害者はいつも乗務員のはずだった。

ところが、今回の新型コロナ騒動、売上が2/3、1/2、20万円なんてことになると、出勤すればするほど、走れば走るほど、赤字になる。最低賃金で守られている乗務員には、底があるが、企業には倒産しかない。

底があっても、親方日の丸ではないのだから、最後は共倒れになる。労使一体になっての自殺行為が行われているということにも気づかないでいるアホばかり。

アホは経営者と労働組合だけではなくて、オレたち乗務員も同じアホ。脳天気に「まあ、雇用されている限り」なんて考えているんだろうが、それに「まあ、最低の賃金は保証されているんで」なんて思っているんだろうが、上に書いた通り、一歩一歩崖っぷちに近づいている。

「崖っぷちに来たら、渡ればいいや」(渡る=違うタクシー会社に転職すること)なんてアホもいるんだろうけれど、その渡る場所もなくなる、渡る世間は鬼ばかりになる。それぐらいの非常事態なのだ。

そんな危機感もなく、そういった危機を感じるセンスもなく、ただ「だいじょうぶだあ〜」なんて言っているんだから、もう業界はアホ感染症のパンデミックを起こしている。そうしてどいつもこいつも臆病者ばかりなので、なによやるにもコソコソ「だいじょうぶかあ〜」なんて行ったり来たり。とりあえずやれよ。というか、とっととやれよ。

早くやらないと、コロナに感染し傷病手当を受給するにしても、標準報酬月額は株価と同じで、日々値下がり中。こんな状態で罹患したとしたら、もちろん労災で、もちろん「公共の死」として御霊は「靖国」で祀られることになるんだろう。

なにをやるか、なにをやる予定か、対応を、対策を、施策を、それぐらい、とっとと決めてくれよ。オレたちの前に提示してくれよ。

そうでなければ、不要不急の仕事なんてのはボイコットのロックアウトだろ。スト準備金を払い出す勇気もないのなら、崖っぷちのストでもやればいいのだ。そうしたら世間も目がさめて「運ちゃん」なんて蔑称でオレたちを呼ぶこともなくなる。

いや、もうすでに業界崩壊、もうそんな時期。まあ、そうなりゃなったで、Uber様がいるから、だいじょうぶだ〜。



雇用と産業を守るために | トヨタ期間従業員に行こう
揺れる大地(労使、国家で俺たちに希望を) | トヨタ期間従業員に行こう
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly