トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 公共交通運転手が気を付けるべきこと | main | 緊急事態宣言解除 >>
いつ解除しますか?(自殺者20万人が出るという予想もありますが)
愛知県で新たな新型コロナ感染者が3日連続して出なかった。(8日現在)
ゴールデンウィークが終わった7日からは、仕事が始まったり、病院に行く人で、人出は多くなっているように感じる。タクシーも少し動いている。売上も伸びているはずだ。週明け11日、そしてトヨタ自動車の稼働再開する12日、18日になると、街の風景も、そして人の心も、なんとなく普通に見えたり思えたりするのではないか。夜の街は営業自粛が解かれなければ静かなままだとしても・・・。

外出自粛や営業自粛、緊急事態宣言、それらがいつ解除されるかということが、状況が明らかにさることによって、徐々に注目され始めている。

そのひとつが「年齢別の感染者数(死亡、重症、軽症)」だ。このグラフから読み取れることについて、藤井聡先生がツイートしていたので、それに返信してみた。


1.休校と外出自粛の解除
2.経済活動(営業自粛の解除を含めて)の通常化
3.PCR検査の50代以上(40代に下げたほうがいいか)への集中
4.感染者や接触者、範囲を広げて50代以上の行動制限(補償付きで)
5.高齢者がいる家族の徹底した感染予防

少し訂正したが、そう読み取れる。というか「頭を真っ白にして」となると、「そういえば亡くなったのはみんな高齢者だなあ」とか「オレの周りに感染者いないし」「中高年病」「非正規脱却のチャンス」なんて考える人もいたり、するに、決まっている。

いつ解除をするか、難しいだろうが、このグラフからは「それほどの病気でもなさそうだ」と感じる人も多いのでは?(まあ、確かにボクも含めて死亡率が高い人たちにとっては「それほど」の病気なんだが)

というか、このままでは新型コロナウイルスに感染して亡くなる人よりは、自殺して亡くなる人のほうが多くなる(それも圧倒的に)、そのほうが悲劇だ。そのことについても、藤井先生が警鐘を鳴らしている。

COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly