トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 緊急事態宣言解除 | main | タクシーの死(1) >>
学校再開で考えたこと
緊急事態宣言が解除されたとたん学校再開も決定された。休業要請が段階解除の状況下でだ。

経済を回すためにセットで学校を再開させた、なんてこともあってはならない。子どもたちの安全が確保されることが、優先されるべきで、そこに国も予算をつぎ込むことだ。ハッキリ言うと、老人の命より子どもたちの命のほうが大切だ。この国の将来を担っているのは、子どもたちだ。私も、子どもたちのためなら、自ら進んで爺爺捨て山へ行く。若者は社会の財産なのだ。

昨日もそのことを語った。ただ、考えたのだけれど、学校に行ったほうが良い子どもたちが、一定数いるということ、それも問題ではないのか、そう考えている。

どういうことかというと、

1.誰もいない家で留守番をするのは危険
2.学力の低下
3.休み癖がつく
4.親との関係の悪化(虐待)

他にもあるとして、親の資質が問われる、というか、親の責任や負担が多くなる。パチンコ屋に連れて行く、一日中タバコの煙の中で過ごす(家や車)、そういった感染リスク健康リスクの高い中での生活になる。

勉強を教えられる、その能力がある親ばかりではないということ、ネット環境のある家庭ばかりではないということ、収入が減ったことによる栄養バランスの悪い食事や親のいら立ちが悪影響を及ぼすということ、など、休校が及ぼす弊害も多いはずだ。そしてその周辺は顕在化されにくく、最終的に子ども身体と心の生育を阻害する。

休校(それも長期化した)という、これまでとは違う生活が、人間形成に影響を及ぼすこともある、ということだ。学校に行って集団で普通(と言われるの生活を送ることがいつも正しいというわけではなく、自粛したような学校や集団と隔離された教育環境で子育てすることが正しいと考えている人も一定数いて、幸福観や満足感を得ている人もいる。それは善悪はあるとしても、親が決めたことであって、よくある他罰的にはならない隔離された幸福観や満足観だとしてもだ。

そうしたことを前提として考えたとしても、人間の評価が、教育の成否や正誤の結果だと分別するのは困難であったとしても、集団、組織で生活をしなければならない現世界においては、どう考えても、集団や組織の中で生活し考えることを子どもの時から学習し習慣化することが必要なのだ。全てではないにしてもだ。そうして核家族化されたこの国にあっては特にだ。

そうなると、今すぐにでも開校しなければならないのか、そう悩んでしまっている。(まあ、ボクが悩んでもしかたないのだが)

悩んだ結果、やはり非常事態宣言解除→安全性の確認→開校準備→分散登校→通常登校

とすべきで、それには6月1日(月)から分散登校を始める、とするほうがベストではないにしろ、ベターだと思う。どうだろう?

はじまりへの旅
Amazon.co.jp: はじまりへの旅(字幕版)を観る | Prime Video
こんにちは。

休校があまり長期間になるとどこかで穴埋めしないといけないのでできるだけ再開を早くしたいといった考え方はあるのかと思います。

今後は夏と冬の休みはかなり短くする、土曜日にも授業行う、各種行事は中止といった事が考えられます。

他に学校の役割としては給食があります。
中には満足に食事与えないような家庭もありますしそういう意味で助かっている面は否定できないでしょう。

私立だと通常通り授業行っている学校は一部あるようですがこれが長い目でみて正しいのかは何ともいえません。
休業要請と同様強制力はないので経営方針として強行しますと言われたらそれまでです。
さといも | 2020/05/17 10:31
さといもさん、どうも。
そうですね、長引くといろいろと問題が出てきそうです。

家庭、家族の差、がより一層顕在化して、学力を含む教育の差になるのかなあ、なんてぼんやりと・・・。
田原笠山 | 2020/05/20 12:28
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly