トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 雇用調整助成金とタクシーの休業について | main | タクシーハラスメント >>
タクシーの日
8月5日はタクシーの日。

5日から、この地方では「待ち料金適正運用」とした、時間指定がある場合は指定時間に、時間指定が無い場合は到着の連絡から5分後にメーターを入れるという試みが始まります。「到着後、直ちにご乗車いただけく」ことで、配車の効率化と乗務員の労働環境の改善に繋がると思っています。

これまで、配車場所に到着しても、なかかなご乗車いただけない、10分、20分、中には予約しているにもかかわらず、タクシーの到着案内を目覚まし替りにしているようなお客様もいて・・・。

「メーターを入れてお待ちしています」と了解を得てからメーターセットすることも可能だし、そうしている乗務員もいるのですが、その基準が決まってないために、トラブルになった、なんてこともあり、個人的にもルール作りをして、乗務員の不利益を排除してもらいたいと、そしてタクシードライバーの地位向上ということを、業界全体で考えてもらいたいと、思っていたところでした。

たった10分、というお客様もいますが、時給1000円として166円、それを稼ぐためにはその倍の322円の運賃が必要です(歩率を50%程度として)。その10分の待ち時間が、1日10回の配車を受けるとして・・・、もうお分かりでしょうが、それが乗務員の理不尽な不利益になっていて、そして乗務員の配車忌避行動につながる、繁忙期や多忙時間帯にはさらにその「無駄」を回避するようになる、そうすると結局はお客様の待ち時間が長くなる、なかなかタクシーがつかまらない、という悪循環を惹起させていました。

キャンセル料も、ホテルやレンタカー、レストランなどは、「キャンセル料は払うもの」との社会通念が存在すると思いますが、タクシーは約款にも定めていないし、ルールもないので、ほとんどが運転手の泣き寝入りの状況です。

「泣き寝入り」が存在する。その排斥こそが、職場環境や労働環境の改善、いえ、私たちの人権の問題ではないでしょうか。お客様と私たちの間に対立や分断が起きないためにも、そうして私たちが労働者としての平穏な日々を過ごせるために、平気で待たせる、平気でキャンセルする、そんなモラルハラスメントを減らすことができたらと、思っています。

8月5日が、タクシーと、タクシー運転手の日に、そして移動を通して私たちの国家の幸福を考える日になれば良いなあ、そう考えています。

TOP - 愛知県タクシー協会
タクシーの配車申し込み時の速やかなご乗車について【お願い】

タクシーの配車申し込み時の速やかなご乗車について【お願い】
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly