トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 市長選と集団感染と私たちの賃金 | main | 犯人は誰だ >>
コロナ禍のタクシー業界(この半年間の個人的まとめ)
4月、5月は、非常事態宣言、外出自粛、休業要請などがあり、夜の街がゴーストタウン化したような「これまで経験したことがないひどさ」だったのだけれど、6月11日の東京アラートが解除されると、少しずつではあるが、人の動きも活発化していった。

7月になると、特別給付金10万円が支給されたこともあり、また自粛の反動からか、週末は前年並みの日車営収を上げることもあり、やっと春が来たと感じていた。

日車営収の上昇の要因はそれだけではなく、各社が雇用調整助成金を利用し30%〜50%供給量を減らしたことにもある。供給不足が「年末の忙しさ」を生んだ。

そういった忙しや、雇用調整助成金による休業手当もあって、私たちの賃金は前年比50%という会社の営収よりも高い前年比70%〜80%に保たれていた。

その会社と私たちの収入差から、経営に対する感覚のズレが生じ、それがその後の全体の営収の鈍化に繋がったと、個人的には分析している。そのことについては、稿を改める。

7月は、その活発化した人の動きからなのか、過去最高の感染者数になった。そして8月にはさらにその1.8倍もの数字を記録した。その感染者数の増減がそのまま、タクシー業界の営収として現れている。発表される数字が安全指数となって、人の動きを制御している、そんな感じを受けた。

9月になると、新たな感染者数の減少、Gotoキャンペーンなどで、いったん落ち込んだ数字が上昇に転じる。感染者が増えない安心感と、あきらめ、そこにキャンペーンが外出を後押し、タクシー利用者も増えている。

そんな感じで、この半年が過ぎていった。

さて、そういった状況の中で、地方のタクシー業界の明暗を分けたたったひとつのことといえば、それは、固定客の多さだ。

当たり前のことだろうし、パレートの法則通り、2割の顧客が8割の売上を生み出す・・・。

タクシー業界の固定客といえば、電話で配車を依頼する顧客だ。コロナ禍と言えども、人は動かなければならない。病院や買物・・・。

人の動きが止まると、いくら駅で待っていても、いくら流しても、お客様はいない。ところが、固定客の多い会社はその固定客への配車がある。配車率の高い事業者が一番先に立ち直ったはずだ。

JR東海の通期赤字が1000億円だったそうだ。中長距離の移動の必要がなくても、人は自宅に引きこもっているわけにはいかない。エッシェンシャルワーカーとして、タクシーに求められるものは、ドアツードアの短距離の移動になるのだろうと思う。今までのように営業距離数だけではなく、配車率×実車率がwith コロナなのだ。

まあ、そんなことはとうのとっくに解っているか。そんな感じで、街にはイルミネーション、一年で一番忙しい年末がやってくるのだ。

新型コロナウイルスの影響によるタクシーの営業収入の変化
新型コロナウイルスの影響によるタクシーの営業収入の変化(東京交通新聞のデータをグラフにしました)
COMMENT









当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly