トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 期間工都市伝説について | main | 田中和風寮 >>
ambivalent
もうこのブログも止めてしまおうなんて思う朝なんだけれど、どうしてそういう風に思ったかというと長くなるので割愛。しかも曇天、いやな土曜日にはうってつけの空模様。湿度が高いのがこの街の特徴で、それは前にも書いたのだけれど、そういう街にたいするイメージ、先入観ってのが、さらに不快感を加速する。まったくいやな土曜日。


三河湾に沈む夕陽は、やっぱり綺麗ですよね。昨日久しぶりに見ました。そしたら、なんか、とても深く沈みこんでしまって、順が「一緒にホームレスにでもなろう」なんて言うので、ま、それも良いかなんて思ったりして。

その幸せを、少しだけ分けてくれないか。
そのポケットに一杯詰め込んでいる幸せをだ。
涙の跡をたどると、いつもあの年の思い出があって、
6畳一間のこの狭い空間のような閉塞感、
そんな人生を送っていて、
そんなことしか考えることしか出来なくなっている自分を、
少しだけ嫌いになっている。

どうせなら雨が降ればいいのに。


あの2004年のことを書こうと思っている。
あの年のこと。
ボクが住んでいたあの街のことと、そして、あのビルでの出来事。ボクがこのブログを始めるきっかけとなった出来事が起きた日々のこと。ボクがまだいまより3歳若くて、そしてボクがまだ今よりももう少し夢を語れた頃、そして辛く悲しい思い出の頃。

まだ感触として残っている、あの夏のこと。肌に少しだけマトワリつくような空気。ちょうど、この街の風のようなカンジの感触、それが残っていて、ボクを、悲しくさせる。いまでも夢に出てくるTさんと最後に会った日や、Kくんの声を最後に聞いた日、Mさんが泣いていた日々。あの頃、ボクたちは猛暑といわれた夏をどう越すかということよりも、やはりベルトコンベアで運ばれるような日々を送っていて、やはりプラスチックのような街で、少し生きることの意味をなくしていて、幸せなん言葉を使うことを、やっぱり少しだけ怖がっていて、その日の無事終わることを、ひたすら祈るような日々を送っていたんだ。

2004年。ボクが仕事を辞めて引っ越した年の事を。
だから、もう少しだけ、続けようと思っているんだ。誰がなんと言おうと、もう少しだけは、頑張って書いてみようと思っている。



おはようございます。

この桜の咲き始める時期に、憂欝になることがあるという話はききます。…そんな人達には申し訳ないくらい桜色の日々を送っているブルースです。


携帯からの拝読なのでカウンターをみることはできないのですが、いまでも多くの人がこのブログを読んでいることと思います。そのなかには、このブログによって救われている人も少なくないでしょう。前の私のように。
今現在トヨタ期間従業員で働いている。以前働いたことがある。身内が働いている。他の仕事だが共感できる。そしてそれ以外にも、管理人さんの文章や写真を楽しみにしている人もいると思います。
なにかを貰う立場よりも、なにかを与えることが出来る立場にいるほうが、幸せには気付きにくいものかもしれません。分けなくてもそこにはあるかもしれないのに…。

「一緒に」といってくれる人がいることも、幸せだと思います。人付き合いを蔑ろにして自分一人で手に入れる幸福よりもきっと、誰かと一緒に分かち合える幸せのほうが、なんというか…重量は軽くても質はいいような、そんな気がしています。

2直明け、寝不足でうまく頭が回りません。こんな乱文でも、管理人さんの憂欝な土曜日が少しでも晴れればと思ってコメントしてみました。
うまく言えませんが………頑張ってください。

また、メールします。
ブルース | 2007/03/31 11:01
初めまして!このブログ止めないでください!!2週間前、突如、田原に行ってしまった人がいます。せめて近くに感じていられるのが、このブログなんです。毎日見ています!! 未知の世界ですが、詳細が分かり安心するんです。だから…   続けて下さいm(__)m
なごみ | 2007/03/31 17:38
『すごい!』の一言です。ブルースさんやなごみさんの様に笠山さんのブログに影響され、助けられしている方が僕以外にも こうしていたんですね。

僕も笠山さんにブログを続けていて欲しくてメールにして送ったのですが(内容が余りに個人的、且つ暗かった為)、読んでくれたかどうか分からないので改めてコメントとしてコピーしたものですが勇気を出して送ります。

『 余程辛く、悲しい思いをして来たんですね。

勝手な詮索ではあったのですが、笠山さんのブログを読むにつけ、その内容の奥深さや、それを継続させるパワーは何処から来るんだろうと何気に感じていました。

僕はトヨタに来てから既に10ヶ月を過ぎようとしていますが、その理由は先を見据えたものでは無くて、謂わば現実からの逃避だったのです。

3年前、妻が脳出血で倒れ5時間以上の大手術を含む入院をしたことがあります。幸い障害も残らず今は元気にしていますが、もとはと謂えば僕がしていた事業の失敗が原因だったのです。仕事にかまけ、妻のこと、家族のことに目を向けようとせず。生活費さえ何ヵ月も家に入れてなかったんです。気丈に振る舞う妻に気が付かないふりをして甘えていたんです。

婿養子でもある僕は、期待を裏切り続けた別棟にに住む義父と義母の、目や素振りに違和感を感じ、それから逃れる為に外に居場所を探していたんです。そこに見付けたのがトヨタの期間工。
今の妻は、僕と義父母とのそんな空気に気疲れすることが無くなりホッとしている様です。

トヨタに来たからといって僕の問題が直ぐ様、解決されたわけでもないのですが、それでも時が経つにつれ少しづつですが良い方向に向かっているのではと感じています。

こちらに来たばかりの頃、気分転換とばかりに徳川家康生誕の地、岡崎に一人で足を運んだことがあります。家康が産湯に使ったといわれる井戸や歴史資料館に多少の興味があった僕は、それなりに満足をしたのですが、同時に笠山さんが以前 書いていた群衆の中の孤独でしたっけ、それの様なものを霧消に感じ。あれ以来、沢山の人で賑わう所、家族連れが多い所には出来るだけ行かないようにしました。

つい先日まで僕は、自分と周りに居る社員や期間工との境遇の違いに勝手なギャップを感じ。いや、人付き合いに疲れていたのかな。兎に角、そんな人達と出来るだけ距離をおいた付き合いに徹しようとバリケードを作っていました。そんな折り、部屋で携帯で初めてブログなるものを覗いてみたら『期間従業員に行こう』を見つけたんです。そのブログの内容に僕は共感したり、新しいものを発見したりと 何ら変化も無く繰り返される〈作る〉〈寝る〉の生活に人間らしさを取り戻させてもらったと感謝をしています。

よく笠山さんのブログの中に夕陽の写真が有りますが、綺麗ですね!あと、あの菜の花畑と白い風車。田原って すごく良い所なんだな〜。って錯覚してしまいそうです。
muko47より』
余りに長たらしい、個人的過ぎる内容に笠山さんや他の方達の気分を害したら申し訳有りません。
muko47 | 2007/03/31 18:33
このサイトをに出会ったのは2週間前です。

ブログすべて読ませてもらいました。

自分も10年前に期間従業員として田原のちで仕事(作業)をすることになりました。

いろいろがんばりましたよ。創意くふうはじめ提出物・・・

わたしも最初は無我夢中、慣れてくると余裕こいてみたり・・

でも必死にやりました。

4年前よりTLをやってます。中途でもガッツがあれば何とかなりますよ。絶対に。

最近はちょっと仕事に疲れて鬱はいりそうだったけど、このサイトにであって初心を思い出しがんばってます。

第2食堂懐かしいですね・・

こんどいってみます。ってみますも懐かしいけど。

あっと言い忘れたけど
tak | 2007/03/31 23:11
現状逃避でトヨタの期間工になった人とは、連絡すら取れないんです。HPをあさってやっと納得いきブログを見付けた。田原のイメージは、私を不安にするものばかりです。ただでさえ 状況が分からないし…    正直、音を上げて戻ってきてほしいのが本音です。  皆さんの頑張りは、勇気づけてはくれるものの、やはり辛さや、失望感を味わってしまうなら、帰ってきて!と言いたいくらいです。  生意気いってすみません!もっと、たくさん知りたいんです。田原の期間工サン達の事を。         教えてほしいんです。
なごみ | 2007/03/31 23:52
こんにちは!聖心清風東寮住人の muko47です。

笠山さん、覚えてますか?聖心清風東寮が新採用期間従業員の受け入れ会場として使われていた頃。寮の入口すぐ奥に在った門番小屋の中に居た趣味の悪いネクタイとジャケットを身に付けた、いかつい顔をした等身大の男の人。

初めてトヨタに来て、迎えてくれたのが あの人だったのに不安を感じたのは僕だけだったのかナー!

ところが、昨日 気がついたんだけれど、あのオジサンが居ないんてす。床にも転がってなかった。

まさか、僕の満了よりも先に あのオジサンが居なくなるとは!


アッ、僕もオジサンだった。
muko47 | 2007/04/01 14:34
こんにちは。
いろいろ励ましのコメント、メールありがとうございました。

>ブルースさんへ
お久しぶり。
そうそう木の実時の憂鬱というか、この時期はね…。元気そうで何よりです。
「重量は軽くても質はいい」ということ、そうだなあ、それが大切なんだろうね。

いつも、なんてか、ま、ありがとう。なんてか、あまりオレは力にはなれないのだけれど。

>なごみさんへ

突如って、う〜ん、そのことがボクをビックリさせてますよ。でも、思うところがあったのだろうし、そんなず〜っとって分けじゃないだろうし…。

でも、おっしゃるとおり「音を上げて戻ってきて」と思うのが普通かもしれないですね。でも、ま、少しの間だから、なんて思っています。

連絡が取れないというのは、少し心配ですが…。このブログは続けますが、ま、なごみさんのご期待に答えることができるかは、わかりませんし、う〜ん、その人のことも、ボクには分からないだろうし…。またコメントして下さいね。

>muko47さんへ

ありがとうございます。
ブルースさんや、皆さんには、実はボクのほうが助けられているってのが、事実なのですよ。

メール受け取りました。やはり色々なことで、例えば人混みとか、その中にある家族の笑い声や、家の灯り、夕餉のにおい…郷愁にかられますよね。えっと、メールにも書いたのですが、ボクも、そんな理由で人混みは嫌いかなあ。

人混みというか街並みというか、生活のにおいのする場所ってのが、どうも苦手になりますよね。

なんでもないことなんだけれど、それが涙のスイッチになってしまうような感じもします。ボクなんてのは、元々弱い男なので、いつもいつも泣いたりして、ちょっと恥ずかしいときがありますよ。電車の中とかとかでも…。う〜ん、ちょっと泣かない練習もしないとなあ〜、なんて。

えっと、そのオジサンは知りません。門番小屋はあったけれど、人がいたのを見たことないかも?

>takさんへ

ありがとうございます。
takさんのコメントが、登用を目指している人の励ましになると思います。いえ、期間従業員の励みになると思います。

おっしゃるとおり、やる気があればきっといろいろできるだろうと思います。そして、情熱こそが、たぶん一番必要なことでしょうからね。情熱を忘れた人も多いですからね。

第二食堂、忘れないでたまに行くと、あの頃の思い出が蘇って、頑張れるかもしれないですよ。またコメントして下さい。
管理人 | 2007/04/01 17:13
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/428
TRACKBACK

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...