トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

<< 冷たい部屋の日本地図(って、陽水の歌にあったね、あれは「世界地図」だったけれど) | main | 信じるものは救われますか? >>
08年の正社員登用計画
結局1年間限定のものだったのでしょうね。2007年度は期間従業員から1250人も正社員に採用したのに、2008年度は900人ほどに抑える計画だそうです。
asahi.com:トヨタ関連会社、元トヨタ期間従業員を続々正社員に

トヨタの期間従業員(9000人超)は6カ月以上働くと、正社員登用試験の受験資格を得る。07年度は過去最多の1250人が登用されたが、合格率は約3割に過ぎない。正社員への登用数そのものも08年度は前年度比350人減の900人に抑える計画で、新卒技術職採用を上回る規模で正社員登用を進めたトヨタの人事戦略は転機を迎えている。

「新卒技術職採用を上回る規模で正社員登用を進めたトヨタの人事戦略は転機を迎えている」って、“進めた”感があるのは07年度だけで、「転機」なんてことじゃなくて失策なんじゃないかと思っています。

またこれで期間従業員の間に「絶望感」が生じるのでしょうね。努力と成果が相関しないということ(絶望感の元なのですが)それがトヨタの人事戦略の「転機」ということだけで災難のように降りかかってくる。

記事は続きます。
トヨタ本体の期間従業員の士気を高めつつ、優秀な人材をグループ内に囲い込む――。そんな一挙両得を狙ったのが、07年春から始めた人材紹介制度「ジョイン3」。トヨタで正規雇用の希望がかなわなかった期間従業員をグループ会社に送り込むものだ。この制度を使って、07年度はトヨタの元期間従業員150人がグループ企業の正社員になった。

「期間従業員の士気を高めつつ」ということは、“ニンジンで釣る”というのとシノニムで、「一挙両得を狙った」というのは“釣った魚を太らせて売る”ということなのでしょうから「お得」でしょうね、トヨタ本体とそのグループ会社の両方にはね。

努力は報われますか?

07年度は確かにボクの回りでも登用試験に合格した人が何人もいます。それぐらい多いということを感じた年でもありました。それでも不合格の人もいて、その差はなんなんだろうと考えたこともあります。

努力の差、でしょうか?

1年の間に350人もの差をつけること、そのことを「転機」とだけしか説明できないこと、そして「一挙両得」とか「送り込む」とかいう表現をすること、そこがこの国の抱える問題の根本的原因だと言うこと、を、トヨタもこれを書いた新聞社も分かっているのだろうかと考えているのですが…。

絶望は作られてゆくのでしょう。
就職氷河期という時代に似ていて、若者はまた何か得体の知れないものに運命を左右される、そして労働というものではなくて、全てのことに絶望してしまう。努力なんてのは死語になってしまう。そして国は滅びるのでしょうね。もうその第2段階ぐらいにいるのですが…。



そういえば昨日3月29日のいちにち。

09:30 起床 コーヒー飲んでゴロゴロ
11:00 ブランチ(チンゲン菜、タマネギ、ごぼう天入り即席めん{2個})
11:30 布団干し
13:00 「篤姫」の再放送を見ながら部屋の掃除
15:00 来客、ハーゲンダッツを食べながらいろいろ
15:30 帰る
18:00 夕食準備(チンゲン菜、タマネギ、豚肉、さといも入り味噌汁)
18:30 夕食(ヨーグルト2種、ラクチュロース)
22:00 電話
24:00 入浴
24:30 少し外に出る(今日はじめての外出)
24:50 帰宅(って、家の外に出ただけだけれど・・・)
25:30 寝た





天気も良くなかったので一日だらだらとしていました。といっても家族といっしょにだらだらする一日はそれなりに価値があるような気がします。明日は家族が帰っていきます。仕事があるので見送ることはできませんが。
しおまる@豊橋(八王子単身赴任中) | 2008/03/30 20:17
しおまるさん、こんばんは。

何をしても、きっと、お子さんたちの思い出になることでしょうね。

だらだら出来るかどうか、ってのが親密かどうかの分岐点であるような…。話さないで良い間柄、ってのが良いかなあ。気を使わないで良いというか。

今度はGWですか。その間に一度帰省するのかな。離れて暮らすことによって、家族を考えることが出来るのかもしれませんね。
田原笠山 | 2008/03/30 22:39
登用減は予定調和、というか最初から団塊が退職する分の補充だけですよ。なので方針変換もへったくれもないわけで
トヨタらしいやり口ですね
| 2008/03/31 17:01
昨日の新婚さんいらっしゃいに
トヨタの社員さんが出てました。
頭のトルクネジがかなり緩いよこの人って
トークに笑うよりも先にテレビ切っちまいましたが・・・

ぼかぁ最近毎日バス釣りに行ってます。
雨だろうが吐く息が白かろうが
指が言う事効かなくなる位かじかもうが
とにかく釣りたいっちう一心で・・・
今日豪雨の中ついにと言うか
やっと50cmオーバー2匹しとめまして

鬱鬱してたものが晴れました。
またちょっとキカーンとか
書こうかしらとも想ったりなんかして。
単純でいいでしょ?
今井K | 2008/03/31 18:50
>名無しさんへ

団塊世代ってのは、なにも昨年だけの問題ではないはずなのにね。今年は団塊世代の退職がなかったのだろうか?昨年の増員分300人しか、トヨタには団塊世代がいないのだろうか、なんて考えていますが?

ボクはその予定とは違うと思っています。円高とかで少し下方修正したのだろうと…。

ま、いずれにせよ、トヨタらしいのはらしいですが…。

>今井Kさんへ

そうなんですか。見りゃよかった。
なんかいろいろある街(っていうか、村っていうか、村落というか?)みたいですね。

んでも、班長制度とか隣保班なんてのは、うちの実家もあって…。ま、面倒だけれど…。

魚釣りにでもいけるといいのですが、サイクリングだけの日々は、さすがに疲れて、1勤1休みたいなシフトになっています。

ええ、楽しみにしています。
田原笠山 | 2008/04/01 01:00
COMMENT









Trackback URL
http://t-kikan.jugem.jp/trackback/847
TRACKBACK
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly


9月分
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...