トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

大日本帝国の崩壊
やっぱりタクシー業界ってのは難解だ。顧客満足とかカスタマーファーストなんてことよりは、メンツとか沽券とかのおうが大切で、まるでどこかの組織みたいだ。

初乗り運賃を410円にした理由については、NHKなんかでも言われていたように「顧客の囲い込み」で、平たく言うと「タクシーがなくなったら困る人を増やす」っていうことだと思う。

でも本当は「タクシーがなくなったら困る」のは、市民でも観光客でも庶民でも国民でもなくて、結局は「業界の人たち」で、だから「タクシーがなくなったら困る」状況を自らが作り出して、Uberなんていうライドシェアが入り込む隙間を塞いでしまうってのが業界が(というか既得権益者が)考えた手なのだ。

まあ、これまた平たく言うと、パチンコやタバコ、アルコールや麻薬みたいなもんで、中毒患者を作り出せば出すほど、必要とされるようになる、中毒理論なのだ。そのうち「必要悪」とか「なくしたら犯罪が増える」なんて不安を煽る輩が出てくる。(すでに「安全性」なんてワーディングで不安を煽っているんだけれど)

国民なんてのは業界をはじめとする既得権益者に不安を煽られ搾取されるづけるばかりなのだ。

今回の大和自動車交通(株)が破門、ではなくて、除名された件については、大和自動車のタクシーチケットとスマホアプリを東京無線協同組合との間で使えるようにする(「協働」という表現を使っているけれど)ということが、違反(「仁義に欠ける」ってぐらいなもんだろう)ということなんだけれど、結局は組織内の既得権益争いで、「おい、こら、うちのシャバをあらすんじゃねえぞ」なんてこととなのだ(ちょいと違うけれど)。利用者にとってはそんな組織抗争よりも利便性向上のほうが必要に決まっている。

そうそう、縄張り争いで、410円って初乗り運賃値下げについても、結局は「囲い込み」という縄張り争いなのだ。

タクシー業界という組織はそもそも内部抗争が絶えないのに、そこにUberなんて外国マフィアが入って来たので、日本のヤクザのメンツ、いや、日本のタクシーのメンツにかけても、ってことなのだろう。でもそのメンツは利益なのだけれど。

業界主導で物事がはじまると、例えばスマホアプリなんてものもそうだけれど、まずはじめに縄張りありきなので、非常に使いにくいものになる。タクシーチケットもそうだ。

顧客の立場に立てば、今回の大和自動車の「協働」はありがたい。ここ豊橋だって、名鉄のタクシーチケットでは東海交通には乗れなかったり、つばめタクシーチケットでは豊鉄タクシーは乗れなかったり、全国配車アプリは名鉄系だけだし・・・なんてまるでスタバのメニューぐらい解かり難い。

岩盤規制、縄張り争い、国家介入、なんかもう古臭くて吐き気までしてくる。川鍋タクシー王子も、もうすっかりと組長が板についてしまっては、そのシガラミから抜け出すことはできない。そうなると、市場にまかせる、とか、神の手にゆだねる、なんてことのほうが、健全で安全で国家国民のためになると思うのだ。

「東京四社営業委員会に関するお知らせ」に対する当社の見解等について(プレスリリース)

ちなみに豊橋地区では、四社タクシーチケットは、東海交通、キングタクシーでは使えないようだ。

蓬莱泉 立春朝搾り
蓬莱泉立春朝搾り 日本酒
やっぱりチョコレートは進駐軍から貰うもんだ
冷蔵庫の中に、もうずいぶん前のチョコレートがあった。
賞味期限が2012年、その5年間のことをその冷蔵庫の前で少し考えていた。

目の中に満月が入った瞬間に涙が少しこぼれた。ため息がもれてそこから想い出があふれ出した。風が1メートル先のドアをノックすると過去がボンヤリと現れた。

ボクはそのチョコレートをテーブルの上に置いて少しだけかじってみた。それがどういう味だったかということを、ボクは知らないまま、こんなものだったかもしれないと残りをかじった。

きっとこんなものだったのだろうと思った。そうして、きっとこんなもんだったんだと思うことにした。

2012年からもボクたちはコイビトだったのだけれど、それにいったいどういう意味があったのだろうと考えていた。いったい人はどうして恋をしたがるのだろうかなんてことも考えてみた。ボクがここに住むことになった理由だってその恋のせいで、それほど人を動かす力を持っているとしても、シアワセとは別のことのように思う。

ボクがここでシアワセに、そうしてコイビトがここでシアワセになったかというと、少し疑問なのだ。ボクたちは本当は出逢わなければよかったのかもしれないと思った。シアワセが恋の目的だとするならば出逢わないほうがシアワセだったようにも感じる。

残りをチョコレートをそのままゴミ箱に捨てた。少し乱暴に捨てた。甘い香りがしたのだけれど、それはもう残骸になってしまって、きっと明日の朝にはゴミ収集車の中で、腐った残飯や、薄汚れた塵芥や、糞尿や精液と混じり合って、愛とか恋なんて痕跡さえもなくしてしまう。

ドアを開けてすっかりと部屋の空気を入れ替えた。ボンヤリと生きていこうと思った。すべての行動はいい加減にボンヤリとやり過ごすことのほうがシアワセになれるんじゃないのかと、そう思ったんだけれど・・・。

2012年バレンタインデー
ブラタモリを見ながら・・・。

バレンタインデー
命日
ワークライフバランスなんてこととはまったく関係ない日常。想い出だけが精神のバランサーのような日々。こんな寒い日だったかと、18年過ぎたあの夜のことを、そっと思い出していた昨日は、父の命日だった。もはや10年もすれば、ボクも、その歳になるのだけれど、いまだに人の澱の中でもがいていて、時に窒息しそうになる。

生活も仕事も、酒も食事も、独りのほうが気楽だ。家族も友人も、誰もいないほうが安楽だ。そうしてそう思えるようになったことが、なにより快かったりする。そしてなによりもボクらしく生きられるように思う。「ボクらしく」というのが、ボクの「意味への意志」なのだろう。

あの日のような曇り空だ。人の澱を写して空も腐敗している。瘡蓋のような太陽が鈍くヒカル。

これからお昼ご飯を食べて、そうして眠る。そのうち目がさめて、きっと寒さに目がさめて、ボクは夜を知るのだろう。

命日 | トヨタ期間従業員に行こう

命日
秘境食堂
買物に行くのも面倒なので、冷蔵庫の残り物で鍋をした。豆腐とモヤシとネギと鶏肉、あと大根。餅が冷凍室で眠っていたので、これも追加した。

少し前に職場で話したことを思い出して笑った。

その話とは、このアパートで居酒屋を開くというもので、その日のボクの夕食がメニューで、せいぜい三人ぐらいまでで、営業時間は2時間とか3時間。

「ええ、それって、一緒にご飯を食べるだけですよね」
「まあ、そうなるかなあ」
「営業許可おりますか?」
「う〜ん、六畳一間のアパートだからなあ・・・」
「・・・・・・」
「料金なんてタダみたいなもんだし」
「でも、密室で、差し向かいなんて、怖くて誰も来ないですよ」
「う〜ん、それもそうだけれど」
「タクシー運転手が来たりして」
「会社の人たちばかりだと、なんだかヤダなあ」
「で、普通のご飯だし」
「普通というか、オヤジ飯?」

なんだか楽しそうだと思ったのだけれど・・・。

「お客さん、今日のメニューは冷蔵庫の残り物鍋なんですが」
と、お客と差し向かいで、ボクもその鍋をつつく。やっぱダメか。なんて笑った。

「きっと、怖がって誰も来ないですよ」
「そんなことないよ、ネットなんかで宣伝して、秘境食堂、とか」
「遭難しそうですね」
「そんなことないって、もう食べログとかに流しまくる」
「若い女性とか来ますかね?」
「間違って来る場合もあるだろう」
「ええ〜、間違ってって」
「遭難食堂」
「さらに恐怖ですよ」

寒い夜に、ひとりで、そんなことを思い出して笑っている。ガラス窓曇りさらに夜を閉じ込める。

秘境食堂
弘前タクシー破産で考えたこと
確かに業界としては、ライドシェアは深刻な問題なのだけれど、ボクたち運転手にとっては、雇用主が誰だろうが、問題は雇用条件であって、中小企業で働くよりは、UberやLiftyなんてグローバルな会社で働くほうが安全であるに決まっている。

業界がいくら正論を言ったって、そうして呪文のように「ライドシェア反対」なんて言ったところで、ボクたちにとっては、そんなことよりも、これからさらに求められるスキルや、ボクたち自身の品質の向上、増加するだろうそれら運転手への負担のほうが、深刻な問題なのだ。

業界は業界の既得権益のために、業界の生き残りのために必死だ。

やっぱり業界とはいったい誰なんだろうね?
業界とはいったい誰なんだろうか? | トヨタ期間従業員に行こう

ボクたち運転手にとって、雇用条件が整備されれば、IT業界だろうが、ネット通販業界だろうが、業界というものが誰だって同じで、運転手としての仕事はとりあえずある。実は、本当に怖いのは、そして本物の「黒船」は、自動運転によるタクシーの無人化なのだ。

配車もスマホで自動配車になれば、業界がすべて無人化になることも可能だ。無人化になったとしても、とりあえず業界は存続する。

やっぱり業界が守りたいのは、ボクたちの雇用とか身分なんてことではなくて、業界自体なのだ。そうしてボクたちはそのことに薄々感づいていて、一部の強欲な人たちを除いて、誰も「ライドシェア反対」なんて呪文を唱える人がいないのだ。

そんな間にも、弘前タクシーが破産して、地域の公共交通機関としての責任なんてものは、すっかりと放棄されてしまった。

業界が喧伝する安心とか安全のなんと安っぽいことか。業界の言う公共性のなんと嘘っぽいことか。

まあ、国破れて業界あり、ってことだ。

弘前タクシー破産/負債15億円、229人解雇 (Web東奥) - Yahoo!ニュース

無人運転車
春闘 トヨタ期間従業員の日給150円引き上げについて考えたこと
労使関係溶解・労働組合無力化といわれる中、労働組合唯一の仕事である春闘の季節だ。ベア、賃上げができなければ、とりあえず組合費を免除すれば、そのまま収入が増えるのに、なんて思っている朝。

トヨタ労組が期間従業員の日給150円の賃上げを決定したというニュース。昨年と全く同じ要求で、「デジャブ」なんて目をこすり、「まったく芸がないね」なんて目まいがしそうになった。

働き方改革、同一労働同一賃金、格差是正、なんていう安倍首相のツイート:Pに反応したものだろうが、これまた「メキシコ工場事件」(例のトランプ大統領のツイートに、巨額の投資と、工場を拡大し400人の雇用をすると発表したもの)に反応した時と同じようなスピードと安全性、操作性に、「さすが世界のトヨタ」なんて目頭が熱くなった:)

その日給150円、確かに期間従業員諸君にはありがたいことだろう。なんせあの食堂で一品余分に食べられるほどの金額なのだ。

昨年もだけれど、今年も「満額回答」とか「格差是正」とか「処遇改善」なんて、慶祝の言葉が並ぶ(もちろん期間従業員諸君からもだ)。さてさて、本当にそれはめでたいことなんだろうか?

そのめでたき日給150円を時給に換算すると、トヨタ自動車の現場の一日の労働時間7時間45分として、19円35銭だ。こうなると、話が違ってきて、昨年決められた愛知県の最低賃金820円から845円への上昇額25円を下回ってしまう。

そうなのだ、最賃上昇分も払わないで「150円賃上げ」なんて言ったところで、あい変らずの労使関係溶解・労働組合無力化、ついでに労働組合無能化、なんて謗りを免れない。そして提灯記事を書いてしまうマスコミも同罪で、だから新聞が売れない。そういうことに早く気が付くべきなのだ。

能力のある、そして責任感ある労働組合ならば、せめて195円賃上げを求めるだろう。それが最低賃金上昇分に見合った金額だからだ。愛知県の労働力の価値は時間当たり最低でも195円上昇しているのだ。

非正規という、正社員の盾になり、正社員の豊かな生活や、正社員の約束された老後のために、使い捨てられている人たちの、その差別や格差を解消するつもりが本当にあるのならば、去年の要求書を日付だけ変えて提出するようなことは今すぐに止めて、せめてボクたちが納得する金額を要求せよ。

同一労働同一賃金
100対56なんて賃金格差を是正、解消するっていっても・・・。
NHKオンライン 

トヨタ労組、非正規賃金引き上げ要求へ 日給150円増:朝日新聞デジタル

 トヨタ自動車労働組合(組合員数約6万8千人)は23日、2017年春闘で、非正規の期間従業員の日給を150円引き上げるよう求める執行部案を固めた。月給に換算すると3千円程度となる。


トヨタ、期間従業員の日給を150円引き上げ 組合要求に満額回答  :日本経済新聞

 トヨタ自動車は15日、非正規の期間従業員の日給を150円引き上げる方針を固めた。労働組合の要求に満額で応じる。月額3千円分の賃上げに相当する。


当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...