トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

合従連衡
合従連衡(がっしょうれんこう)とは「その時の利害に従って、結びついたり離れたりすること。また、その時勢を察して、巧みにはかりごとをめぐらす政策、特に外交政策のこと」だ。(合従連衡の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書

前回書いたように、タクシー業界では配車アプリをめぐってその合従連衡が進んでいて、現状では三大勢力がしのぎを削っている。その抗争が終わったあとに岩盤規制を盾にして、利用者の利便性を犠牲にした結果、ガラケーと同じように「ガラ配車アプリ」になるのではないかと考えている。オレたちに未来はない | トヨタ期間従業員に行こう

配車アプリを使った白タクが合法化されなくとも、Uberや滴滴出行と提携なしでは、少なくとも海外旅行者にとっては不便なものとなるということは、少し考えればわかることだ。すでにボクたちのデータはAppleやGoogle、Amazonなんて海外企業が持っていて、ボクの欲しいものや行った場所まで管理されている時代に「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんて言う日本交通の川鍋一朗会長の反対論は詭弁でしかない。岩盤規制で過保護に育てられた業界がまた「安全」を持ち出して不安を煽って独占しようとしているようにボクには映る。

『日本交通の川鍋一朗会長は「1度(タクシーに特化することを)表明しただけで信じるのは不用心すぎる」と海外勢の提携拡大を警戒する』というのだけれど、労働集約型産業で労働力不足にある業界の売上は減少傾向にあり、今後増加する見込みもないことから自動運転による期待は大きいし、その日も近い。その時に白タクという概念は、というよりも、白タクというものはなくなってしまい、タクシーに特化した配車アプリであるなば利便性どころか、不要なものになってしまう。

タクシー、というかモビリティ、移動には、白も黒もなくなったほうが良い。業界はいつも「安全性」を盾に独占しようとするのだけれど、業界の中にいるボクはその業界の「安全性」とか「公共性」なんてものに対して疑問を持っているし、「利益」が優先されていて、例えばタクシーがあるために他の公共交通機関が育たない交通空白地域なんてものも存在するという事実も目の当たりにしては、利用者に選択させろ、そして業界はもうすこし「公共」というものに立ち返れ、そう思うのだ。

合従連衡、そのことこそが「国内で配車システムの恩恵がタクシー業界内にとどまれば、世界とのサービスの差が広がる恐れもある」ということだ。白タクの合法化はいずれ来る。繰り返しになるが「白タク」という概念が変化するときに、白タク反対だけを議論してもしかたないのではないかと、そうしてタクシーという公共交通機関が第一に考えなければならないことは、なによりも国民の利便性なのだということを、業界はさらに、もう一度、考えるべきだ。そう思うのだ。

ライドシェア進まず 規制壁に、利便性犠牲も :日本経済新聞

オレたちに未来はない
ライドシェアに配車アプリ、自動運転に無人の車、タクシーという移動手段に未来はあっても、ボクたち運転手に未来はない。業界は生き残り労働者は死ぬ、高齢化した労働力がそれをスムーズにする。

最初はUberそのものが敵であり「EVIL(邪悪)」だった。そのために「11項目の取り組み」なんてものを行ってきた。そのうちそれは「大嫌い」なんて私怨にも思える感情論になって「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんて海外企業を排除しナショナリズムを煽るような強弁で自社独占を言い出すしまつ。

それが業界トップの考え方なのだから、その末端にいるボクは理解不能になってしまって、何が良いのか悪いのかの判断に苦しむ。ライドシェアが悪いのか配車アプリが悪いのか、便利さが悪いのか不便さが悪いのか・・・。

主役であるはずのボクたちが分からないのに利用者にも解かり難いはずで、これがこの国のタクシー業界の宿痾。結局はトップに公共という意識が欠如していて、利他的思考なんてのは持ち合わせていないからいつも分裂し独占しようとする。資本主義社会で儲けることは悪くないにしても、その利益を労働者へ、そして社会へ還元しないから、要するにケチだから国が傾く。国家のためと言いながら、結局は自分のためだし、公共という言葉も「補助金出すべし」という枕詞ぐらいにしか考えていないから、国が貧しくなり、人びとが貧しくなる。

ソニーと大手タクシー5グループと共同出資し、配車システム開発の新会社を設立した。これで大きく3つの組織に分裂した。仁義なき戦い、抗争の始まりだ。

(1)第一交通産業グループ:滴滴、Uber(ソフトバンクが出資)と提携。

(2)日本交通グループ:全国タクシー配車(トヨタ自動車が出資)

(3)チェッカーキャブ、大和自動車交通、日の丸交通、国際自動車、グリーンキャブ:ソニーと共同出資して新会社。

タクシー配車、AIで競う ソニー、大手5グループと新社 新サービスの基盤に :日本経済新聞


結局こうなるのも分かっていたこと。現状のタクシーチケットと同じで、利用者は3つのアプリを入れるようになるし、外国人環境客は自国で使っているUberなんて配車アプリを使うようになる。まとまらないのは、もう業界の文化風土になってしまっている。困るのは利用者と運転手。

まあ、「国家安全保障上、ローカルな移動のデータはローカル企業が所有権を持ってきちっと管理していかないと危ない」なんてのはすでにgoogleやAmazonでボクたちが捨て去ったことで、ただ単に、タクシー業界の王子と自動車業界の王様が、ナショナリズムを煽って、そうしていつもの手段で労働者を使い捨てにして王国のその領土を拡げようとしているだけのようにボクには見えるのだけれど。

抗争が起きる、まとまらない理由も、公共を無視した、そして「国家」なんて言っている配車アプリを作ろうとするからだ。ガラケーと同じで「ガラ配車アプリ」となる予感がするのはボクだけではないはずだ。業界がひとつにまとまらないから不幸になる。「国家安全」なんてことを言っているからガラパゴス化する。消費者であるボクたちはgoogleやAmazonとは切っても切れない仲になってしまっていて、その繋がりは「国家」よりも深いものになっていたりする。海外にいても利用できる。王子の目指す配車アプリは海外では利用できない、海外へも輸出できない国内専用なんだから、そんなものはいずれなくなるに決まっている。

まあ、そのうち配車アプリで自動配車した車が自動運転するようになるのだろうから、ボクたちは必要がなくなる。それは労働集約型の企業にとっては収益増加になり、労働力不足の解消にもなるのだから、願ったりかなったりなのだ。まあ、どんなアプリになろうと、どんな配車システムになろうと、ボクたちは消滅するってことで、それもまた貧乏人がこの国家からいなくなるってことなので、目出度いこともかもしれないと思うと、配車アプリではなくて廃人アプリかもなあ、なんてオチをつけたところで、よかろうか。

日本の「タクシー王子」、業界変革に奔走 黒船ウーバーを迎え撃つ施策 | JAPAN style 訪日ビジネスアイ
ソフトバンクのライドシェア事業でライバルなき世界がやってくる(神田敏晶) - 個人 - Yahoo!ニュース
米ウーバー:配車全国展開へ 20年めど地域タクシー連携 - 毎日新聞
ウーバーCEO、トヨタ社長と「素晴らしい協議」−ツイッターで (Bloomberg) - Yahoo!ニュース
トヨタがJapanTaxiに約75億円を出資、タクシー向けサービスの共同開発検討へ | TechCrunch Japan
首相、米ウーバーCEOと会談 タクシー業界とパートナーに  :日本経済新聞
Les Abeilles chocolat
バレンタインデーは、多くのパティシエやメーカーがチョコレートの魅力を発表できる日として、そして芸術と食文化の関わり合いを考えるために必要なんだろうなあ、なんてことを今日思った。一粒の芸術、一粒の宇宙、なんてものを感じたりもする。もっと言えばボクたち日本人が忘れてしまったワビサビなんてことも。

Les Abeillesのチョコレート来たよ。

で、まあ、悪い癖なんだけれど、取りあえずネットで調べて……。
驚く。

「一粒500円かあ〜。宝石箱そのものや〜」

なんて誰かの食レポみたいなことをつぶやく。

まあ、こんなチョコレートを食べることが出来るのもバレンタインデーのおかげか、ボクの人間性か:)

と、値段を知ったところで、一日一粒と決めていただくことにした。

ありがとうございました。でもおじさんにはチョコレート効果のような血圧に効くやつが良いかもしれんな……。すまんすまん。

Les Abeilles chocolat ハチミツ通販〜フランス産高品質ハチミツの【LesAbeilles(レザベイユ・ジャポン)】〜
「パリの南東13区<Butte aux cailles:ビュット・オ・カイユ>という丘にハチミツ専門店:レザベイユはあります」
明眸志野にごり酒
「普通に開栓すると絶対に噴くのでご注意下さい」という注意書きに、開けるのが面倒くさくて冷蔵庫に一か月・・・。

階段を下りてアパートの駐車場で開栓した。少し開けては閉め、また少し開けてあ閉め・・・、思ったほどの噴き上がりがなかったのは、時間経過による炭酸抜けだったのか。美味しいものは最後に食べる、そんな性格が災いしたかと、少し反省。

こいつは美味え〜。

変化のない暮らしも少しの贅沢で豊かになる、のかもしれないと、納得しながら飲む。ピカソの「貧しき食事」を想像しながら少し微笑んだりする。

向山公園の梅は咲いたか。公園で飲めばよかったか。天気は良いんだが、外は寒そうなので布団にくるまってまだ飲んでいたりする。故郷のキラキラした海が目の前に広がる。もう帰ることもないかと思ってはいるものの、こうしていると懐かしくもなる。想像や想い出を相手に飲むことにも慣れて、そんな暮らしも贅沢なことかと思って微笑んでは「こいつは美味え〜」と独り言。

さてと洗濯するか。風は乾いているようだし。

明眸志野にごり酒
明眸 志野
豊橋父親死体遺棄事件で考えたこと
ハンマーで殴り殺し、ノコギリで切断し、クルマで運び、ボートに載せ、重しを肉片に括り、海へ捨てる。

犯罪史上稀にみる残虐な親殺し。この豊橋での出来事だ。

金属バットの距離、1980年に起きた神奈川金属バット両親殺害事件、その頃までは親と殺しの距離はバットの長さを必要としていた。倫理観とか道徳観とか死生観なんて正しさから逸脱できるには、せめてその80センチほどを必要としていた。壊れた心が80センチの距離を超えたとしてナイフで刺す、とか、紐で絞める、とか、直接的な接触はなかった。それほど死は禁忌されるものであり、親は敬虔な存在だった。

それは文化であり、それを教育とか躾という風土が育み重厚に構築してきた。

そうしていつの間にかこの国の殺人事件の5割強が「親族殺し」になってしまった。殺人事件は80センチの関係性の中でおきるようになってしまった。親は簡単に子を殺し、子もまた躊躇なく親を殺す時代になってしまった。

高度成長期が終わって、例えば1980年という時代から、ボクたちはムラ社会を離れ個の社会を好むようになり、親族の関係が以前よりも深く重く濃いものになった。そうして中心はムラや国という広い空間や時間を離れ、家族という単位にかわった。わずか30坪ほどの世界観、その狭い空間の中での他者との関係性。ボクたちはその中で存在する。ボクたちの存在を脅かすものも、否定するものも、攻撃するものも、その中にいる。その中にしか見いだせなくなる。近親相姦と近親殺人、親殺しと子殺し、すべては自己のために、自己の生存のために行われる。それが動物本来の姿なのかもしれない。

そうしていよいよボクたちは超個人社会の住人となって、今度はもっと身近なネットの中に家族を求め殺そうとするのだろうと、考えているのだけれど。

田原市 姫島
田原市 姫島

60代父親の遺体を三河湾に沈めて遺棄 息子逮捕 一昨年から行方不明 愛知・豊橋市 (東海テレビ) - Yahoo!ニュース

いまや殺人事件の5割超 「親族殺し」なぜ増加している?|社会|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

神奈川金属バット両親殺害事件 - Wikipedia
ユニチカ用地売却訴訟で考えたこと
「佐原光一市長を相手に63億円の損害賠償の請求を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(市原義孝裁判長)は8日、住民側の訴えを全面的に認め、市長に対してユニチカに全額を請求するよう命じる」ニュースが流れる。63億円がどれほどの量の金額なのか、ボクたちは知らない。

3557円を無銭飲食した67歳の男の記事を地方新聞で見ている。3557円がどれほどの金額なのかボクたちは知っている。

九州出身のその67歳の男にも幸せな時代があったに違いない。出稼ぎでやってきて、とうとう帰る場所もない出っ放しになってしまった。67歳の男の青春時代には紡績産業で愛知県は賑わっていた。集団就職で全国から家族のためになかば売られるようにやってきた人たち。

紡績が下火になったら今度は自動車工場に期間工や派遣社員で若者たちがやってきて、使い捨てられた。

ボクたちは出っ放しになって戻る家をなくしてしまった。それは自己責任かもしれない。それは自助努力が足りなかったかもしれない。それでもそういう人たち、ボクたちのおかげで紡績産業も自動車産業も、そうして豊橋市の経済が豊かになったのではないのか。そしてその街で、今の世の中で無銭飲食をしなければならない人がいるということは、いったいどうゆうことなんだろうか。

63億円というお金が簡単に使われ、67歳の男が3557円の無銭飲食をする。

これが格差の姿なのだろうか。企業や市は、出稼ぎ労働者を、期間工や派遣社員を安く使い、肥え太ったのではないのか。

寒風吹き荒ぶ街に相変わらずボクたちはある。

豊橋漂流(3) | トヨタ期間従業員に行こう

無銭飲食

<名古屋地裁>住民、豊橋市に勝訴 ユニチカ用地売却訴訟 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...