トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

春の消息(柳美里著)を読んで考えたこと
死ぬこと、と、生きること。
消息の意味。

春の生と死、ということでこのタイトルを付けたのだろう。その春とは、春という季節のもつ時間だけではなくて、死と生の「境界」という場所でもあるのだろう。そうしてその死と生とは、ただ死者と生者ということではない。

「私の上の弟は春樹、下の弟は春逢……。(略)私たち姉妹を美里、愛里と名付けた。」という一節はボクに、消息(死ぬことと生きること)の物語性や関連性を圧倒的に考えさせられる。柳美里さんの「春の消息」とは、ただ単なる霊場巡りではなくて、生きることの本質に迫ってゆく、読む巡礼、遍路の擬死再生の体験・・・。

四国遍路を想い出した。ちょうど今の時期、ボクもボク自身の消息を考えながら野に泊まり歩いていた。人は自分自身の消息を考える。そうして春に逢いたくもなる。ボクたちはそういった場所や時間の連続性の中で生かされている。それを輪廻と言ったりする。転生を待ち望んだりする。ボクは読み進められなくなっていた。その間にもずいぶんと涙は流れていたのだけれど・・・。

「悲しみを重荷のように」ボクたちは感じて生きている。普通はそうだ。どうして悲しいんだろう、そう考えて生きている。というか悲しみから逃れようとする。悲しみを知らない人がいるのも確かだ。

それは死という悲しみをボクたち社会が遠ざけてしまったからだろう。「故人と会うことができる約束の地」がなくなったことも、「葬祭を、葬祭場に任せるように」なったことも、痛みも「圧倒的な青」空もなくしてしまった。「死後世界を未知の恐怖の世界として忌み嫌うように」なった。作者が言う「死と触れ合う時間と場所があると、生がふくよかになります」ということを、悲しみを悲しみとして大事にしなければならないのに、ボクたちはそれを捨ててきた。それが今の窮屈な社会になった原因なのかもしれない。

悲しみを捨て、そうして優しさもなくして、ボクたちは無縁社会の住人となった。これまであった会社という縁までも、同僚という兄弟姉妹さえも、期間工や派遣なんて働き方で奪ってしまった。非正規なんて「非」人を、経済とか消費なんて新しいカミのために創り出した。ボクたちは春を、春に繋がる時間と場所を奪われてしまった。そうしてさらにボクたちは春を、春に繋がる時間も場所も捨て去ろうとしている。その警鐘。それが春の消息ということなのだ。

「死者にとって居心地のよい社会は、きっと生者にも優しい社会に違いありません」
死者を忘れ、悲しみを忘れ、捨て去り、いったいボクたちはどんな居心地のよい社会を作ろうとするのだろうか。「死んだらどうせ終わり」という社会構造、死生観が、無情社会を作り、人びとを狂暴にさせる。

きっと、今のボクであったとしても、例えば孤独の中にあったとしても、例えば貧困の中にあったとしても、「孤独のうちに亡くなったとしても、無縁の人はいない」のだろうし、春の物語は綿々と続いて、誰かがボクの消息を尋ねてくれるのだろうと、思ったら、また泣けてきた。

春の消息 柳美里
長時間が減らないもうひとつの理由
人の欲望は果てしない。
その人の集合体である企業とか国家の欲望もまた果てしない。

成長しなければ、増収増益しなければ、前年比をクリアしなければ、トップも管理職も従業員も、その呪文を唱える。そうすればボクたちの生活は豊かになるというのだけれど、そんな気配すらない。

その欲望のために、死ぬまで働かなければならない。成果主義とか歩合制賃金になっているということを自覚しない/出来ないで、ほとんどの労働者は働かされ、働いている。自動車工場は生産目標が決められ、ラインを止めることもできないでいる。

国会での立憲民主党長妻昭氏の労働法制についての質問中「日本の非常識(労働)」というパネルを見ながら、企業の上から下までサービス残業をが減らない理由も、入口規制のない契約社員も、原則自由な24時間労働も、そうして労使協定だけで長時間労働が簡単に許される労働法も、その被害者である労働者の意識が、それを当たり前だと、常識だと考えているこそが、長時間労働を減らせない理由なんだろうろと思った。

DVと同じで、労働者は恋人(企業)から殴られても蹴られても、愛(昇進や賃金)という甘いコトバと引換えに、それを受け入れ、正当化させられる。DVが慢性化し恒常化し、とうとう命まで奪われる。企業というよりもカルト集団となっては、教祖のためには命も投げ出す。そしてそれが常識になってしまう。

「残業があるのが普通です」「残業しなければ暮らせません」なんて言葉は、ボクにはまるで「暴力があるのが普通です」に聞こえる。自らがパワハラやセクハラを容認するように、男尊女卑的な悪しき風習と、丁稚制度的な古い制度が、いまだに労働者の精神構造の支柱をなすのだから、長時間労働なんて暴力は減ることはない。

長時間労働が減らない理由 | トヨタ期間従業員に行こう

5時から頑張る日本人−日本人は労働時間短縮は可能か?

立憲民主党 日本の非常識(労働)
タクシー運転手に求められるたったひとつのこと
タクシー運転手になりたい人や、なったばかりの人の最大の悩みは「地理」だろう。

運転手は「地理」に拘り、囚われているのだけれど、顧客が求めているものや苦情には「地理」に関するものは多くない。先日起きた札幌のタクシー暴行事件も、「行き先」と「経路」に焦点を合わせて報道がされていたのだけれど、ボクは「その後の対応」によって起きたと考えている。(接客〜さらにタクシー暴行事件で考えたこと〜

ボクたちは「地理」に囚われて、「地理」ばかりが気になって、本分である「接客」を忘れてしまう。お客様は荷物ではなく人なのだし、ボクたちがお客様を安全に目的地まで送り届ける、ということが仕事なのだ。安心と安全こそが大切なことなのだ。

運転手に求められているものは「やさしさ」なのだ。JAPAN TAXIが発売され、ユニバーサルタクシーやそのドライバーが求められている。そのユニバーサルとは「地理の精通した車/人」ではなくて「人にやさしい車/人」という意味なのだ。そういう車や人が増えることこそがタクシー業界やこの国に求めれれていて、そのことこそが業界が生き残れるたったひとつの道なのだ。

「移動で人を幸せに」どこかの法人タクシーのテーマだけれど、そこに移動するためだけにタクシーが存在するという観点よりは、そこまでの間に幸福感が持てるような観点も必要なことを、業界自体が忘れてしまい、ボクたちと同じように「地理」という空間の移動だけに囚われてしまうことが、不幸の始まりなのだろうと思うのだけれど。そのもの(タクシーという空間)のサービス向上、要するに接客技術こそが求めれるたったひとつのことで、「地理」なんてのは、ボクに言わせれば、料理人が味よりはその作り方を自慢するようなもので、そんなことはレシピ本にまかせれば良いってことなんだけれど・・・。

寒狭川あゆ
寒狭川のあゆ(干物)
もっくる新城で蓬莱泉を一杯
酒を止められていた祖父が、隠れて、砂糖を舐めながら燗冷ましを飲んでいたことをよく憶えている。子供だったボクのほうを見て、ニッコリと笑った。そうして口止め料に小遣いをくれた。寡黙な人だった。ボクは、見てはいけないものを見た、うまくコトバでは表現できないような、少し暗い感覚が残った。だから、今もなお、あの夕方の、暗い炊事場の風景を憶えているのだろう。

鳳来寺に行く前に、道の駅もっくる新城で一杯飲んだ。惣菜バイキングは1200円、その食堂でビールは売っているのだけれど、日本酒はない。ないのだけれど、売店で買えば飲んでい良いというので、蓬莱泉のカップ酒2本を買って、バイキングの惣菜をつまみに飲み始めた。他に飲んでいる人はいない。

「燗をしてくれればいいのだけれど」なんて思ったのだけれど、それは常識的にダメなような気がしたし、言えばたぶんやってくれるかもしれないが、ボクだったら「ちっ、面倒なオヤジ」なんてきっと思うだろうと考えたら、というか、言える勇気とか図々しさなんてものもないので、燗酒はあきらめて、そのまま飲んだ。

酔った。酔ったら、祖父のことが想い出された。燗冷ましの酒に砂糖を入れると美味しいのかもしれないと思った。きっと、華やかな風味の吟醸酒を懐かしんだろうと思った。

人の身体の大部分は想い出でできている。あとは未来の希望とか夢で補強されている。ボクたちの言動の規範もその思い出と希望なのだ。過去と夢が言葉になる。過去と希望が行動となる。それが、過去も未来も大事にしなければならない理由なのだろうと思う。

そんなことを考えながら、ボクは酔っていた。そうして鳳来寺山へむかった。やれやれ。

もっくる新城
冬が来た。
忘年会は、クリスマスは、新年は、喧騒の繁華街の中に独りでいる。家族とか友人とか愛情なんてものとはほど遠い位置にいて、ボンヤリと人混みを眺めている。

落葉したイチョウ並木の枝が闇に突き刺さる。人たちは揺れながらボクの真横を通り過ぎる。年末のイルミネーションのように、それもまた繰り返される哀しみの色。忘年会も、クリスマスも、新年も、そうやって過ぎてゆく。

落ちてゆく。朽ちてゆく。そうして踏みにじられ土に戻る。人もまた同じ運命。

鳳来寺山、国民宿舎鳳来寺山荘、多くの人が通り過ぎる中、また灯が点ることもなく、落ちてゆく、朽ちてゆく、そうして土に戻る。

ボンヤリと見ている。ボクたちの運命。

鳳来寺、国民宿舎鳳来寺山荘
国民宿舎鳳来寺山荘
長時間労働が減らない理由
だって国が認めているんだから減るわけがない。
労働基準法では1日8時間、週40時間までしか働いてはならないのに、そうして健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を憲法が保障しているにもかかわらず、過労死や過労うつの人がいて「長時間労働を是正」しなければならないのは、いったいどういうことなんだろうか。
長時間労働 労働組合論(3)

1日8時間だけなのに、36条協定で労働組合が残業を認め労働者を長時間労働地獄へと追いやる。労働基準法も憲法も労使協定の前では役立たずの状況。タクシー業界では月間299時間(車庫待ち形態では322時間)の拘束時間まで国家が認めている。

減るわけがない。人手不足、繁忙期、賃金、なんてワーディングで長時間労働を正当化する国と企業、そしてその賃金で労働者に麻酔をかける。労使溶解した労働組合はなんの役にも立たない。ボクたちは残業代込の給料でしか収入を保証されない。というか、残業が月給に組み込まれている職場だってある。

労働基準法36条を廃止して、その企業の生産力に見合った生産を行うことで、残業なんてものはなくなるはずだ。消費するために下剤を飲み、満腹感が喪失した消費国家。人々はそれでもなお果てしない欲望を満たすために強い下剤を飲みジムに通い、食らい続ける。経済成長という呪いの前に罪悪感さへもボクたちは失い、ただただ消費するためだけに働き続ける。

プレミアムフライデーなんて陳腐な施策をしても、祝日を増やしても、そのプレミアムのために、その祝日のために、ボクたちは余分に働かなければならない。だって国が認めているのだから。戦時中よろしく「欲しがりません勝つまでは」と「長時間労働は経済戦争のためにしかたないことなんです」なんて洗脳しているのだから、そうして経済のために「産めよ増やせよ」なんてプロパガンダをやっているもんだから、ボクたちは長時間労働と社畜という呪いから解放されるわけがないのだ。

長時間労働 と 非正規雇用が日本をダメにしてきた | トヨタ期間従業員に行こう

方広寺(奥山半僧坊) 方広寺(奥山半僧坊)

当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      





blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...