トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

タクシーの死(1)
非常事態宣言が解除された週末夜の繁華街には、年末の繁忙期とは比べものにはならないにしても、その1割から2割程度のお客様が戻って来た。まだ黒服のお兄さんや、外国語なまりのお姉さんのほうが多いとしても、それはそれで、これまでとは違った情緒とか風情なんてものが漂っていて、いつもよりはゆっくりと歩いてみたくもなる。

タクシーはと言えば、そんな市場の動きには鈍感で、その鈍さが不幸の原因だということに気が付かないで、大物ぶりを誇示している。その大物ってのは「公共」という印籠を持って、「おらおら」なんてチンピラよろしく、縄張り争いと弱い者いじめに明け暮れている、そんな業界の経営者だったり幹部だったり、あるいは安全な位置にいる人たち。

「タクシーは何時までやってますか?」
街に人が戻って来たとしても、そうしてタクシーを必要とする人がいたとしても、知らん顔をしているタクシー業界の、そんなチンピラたちは、昨日までは「Uber反対」の理由として公共を訴えていた人たち。そうして国家に対しては「公共」の被害者として、補助を乞う人たち。岩盤規制というシェルターを用意させる。

いつから公共をすてたのだ。

いつから理念をすてたのだ。

いつから正義を捨てたのだ。

いつから守銭奴になったのだ。

そうして、我々からだけではなく、いつから街の人からも搾取するようになったのだ。交通弱者のために特権を与えられ、移動権確保のために優遇されてきたのではないのか、税金が使われてきたのではないのか。

いつから泥棒になったのだ。

せめて、公共という名のもと事業を行っているのならば、その公共に対して丁寧な説明が必要ではないのか。

タクシーは死にました。covid-19で死にました。2020年5月にあっけなく死にました。


ハイタク協会は、各県のタクシー協会は今すぐ、これぐらいのアナウンスをすること。その指示を出すこと。特に地方の夜間・深夜に供給を制限している地域のタクシー会社は。

タクシーの死(2)
学校再開で考えたこと
緊急事態宣言が解除されたとたん学校再開も決定された。休業要請が段階解除の状況下でだ。

経済を回すためにセットで学校を再開させた、なんてこともあってはならない。子どもたちの安全が確保されることが、優先されるべきで、そこに国も予算をつぎ込むことだ。ハッキリ言うと、老人の命より子どもたちの命のほうが大切だ。この国の将来を担っているのは、子どもたちだ。私も、子どもたちのためなら、自ら進んで爺爺捨て山へ行く。若者は社会の財産なのだ。

昨日もそのことを語った。ただ、考えたのだけれど、学校に行ったほうが良い子どもたちが、一定数いるということ、それも問題ではないのか、そう考えている。

どういうことかというと、

1.誰もいない家で留守番をするのは危険
2.学力の低下
3.休み癖がつく
4.親との関係の悪化(虐待)

他にもあるとして、親の資質が問われる、というか、親の責任や負担が多くなる。パチンコ屋に連れて行く、一日中タバコの煙の中で過ごす(家や車)、そういった感染リスク健康リスクの高い中での生活になる。

勉強を教えられる、その能力がある親ばかりではないということ、ネット環境のある家庭ばかりではないということ、収入が減ったことによる栄養バランスの悪い食事や親のいら立ちが悪影響を及ぼすということ、など、休校が及ぼす弊害も多いはずだ。そしてその周辺は顕在化されにくく、最終的に子ども身体と心の生育を阻害する。

休校(それも長期化した)という、これまでとは違う生活が、人間形成に影響を及ぼすこともある、ということだ。学校に行って集団で普通(と言われるの生活を送ることがいつも正しいというわけではなく、自粛したような学校や集団と隔離された教育環境で子育てすることが正しいと考えている人も一定数いて、幸福観や満足感を得ている人もいる。それは善悪はあるとしても、親が決めたことであって、よくある他罰的にはならない隔離された幸福観や満足観だとしてもだ。

そうしたことを前提として考えたとしても、人間の評価が、教育の成否や正誤の結果だと分別するのは困難であったとしても、集団、組織で生活をしなければならない現世界においては、どう考えても、集団や組織の中で生活し考えることを子どもの時から学習し習慣化することが必要なのだ。全てではないにしてもだ。そうして核家族化されたこの国にあっては特にだ。

そうなると、今すぐにでも開校しなければならないのか、そう悩んでしまっている。(まあ、ボクが悩んでもしかたないのだが)

悩んだ結果、やはり非常事態宣言解除→安全性の確認→開校準備→分散登校→通常登校

とすべきで、それには6月1日(月)から分散登校を始める、とするほうがベストではないにしろ、ベターだと思う。どうだろう?

はじまりへの旅
Amazon.co.jp: はじまりへの旅(字幕版)を観る | Prime Video
緊急事態宣言解除
ゆる〜く始まって、一気に解除された。

この国のやり方が正しかったのだろうか。それともウイルスの種類が中国や欧米のそれと違ったものだったのか、700人弱の死亡者を考えると、そう思う。一気に解除されたもんだから、マスクも10万円も、休業手当も、なんの補償もされぬまあ、宣言が解除され、アフターコロナという普通であろう生活に戻り、そうして気が付けば、格差がさらに拡大され、コロナ氷河期が起こり、貧困層が増加する。その負の連鎖から解き放されるのに、また10年なんて時間が必要になる。

さて、そういう中で、問題は将来この国を背負ってたつ子どもたちのことだ。

その将来のために、リスクを負いながら授業を再開しなければならない理由はなんなんだ。不都合があるとしたら、今こそ、その不都合をひとつひとつ取り除くことこそが、国家の重大事ではないのか。今こそ、子どもたちのためにお金を使う時ではないのか、そう思うのだ。本当に安全なのか?インフルエンザで学級閉鎖されるほど、感染が拡大される場所じゃないのか?ほぼゼロではすまされない。

まあ、マスクも届いていないのに、なにが解除だ、ってことだ。そしてアルコールもマスクも十分供給できていないのに、なにが休校解除だ、ってことだ。

新型コロナウイルス感染症対策のための小中学校等の臨時休業に係る対応について(5月13日 15時現在)/豊橋市
1 小中学校

(1)5月18日(月)〜22日(金)
○ 「学校再開準備期間」とする。
○ 午前中の出校日を隔日で設ける。教室内の人数を少なくするため、全校を二分する学校もある。
○ 5月22日(金)は全校児童生徒が登校する午前中の出校日を設ける。

(2)5月25日(月)「学校再開」
○ 29日(金)までは半日授業とするが、1教室の人数を少なく保つために、(1)と同様の分散登校を取り入れる学校もある。6月1日(月)以降は、通常どおりとする。
○ 給食開始は、6月3日(水)からとする。
○ 部活動は、6月1日(月)以降、各校で準備ができ次第始める。

2 くすのき特別支援学校

(1)5月26日(火)〜29日(金)
○ 「学校再開準備期間」とする。
○ 学年ごと午前中の出校日を隔日で設ける。
(2)6月1日(月)「学校再開」
○ 3日(水)までは、半日授業とし、4日(木)以降は通常どおりとする。
○ 給食開始は、6月3日(水)からとする。
○ 部活動は、6月1日(月)以降、準備ができ次第始める。

 特別定額給付金パスワードロック

ちょ〜っ。 特別定額給付金をオンラインで申請しようとしたら、パスワードを忘れていて、ロックがかかってしまった。紙の申請書が来るまで待つ。
いつ解除しますか?(自殺者20万人が出るという予想もありますが)
愛知県で新たな新型コロナ感染者が3日連続して出なかった。(8日現在)
ゴールデンウィークが終わった7日からは、仕事が始まったり、病院に行く人で、人出は多くなっているように感じる。タクシーも少し動いている。売上も伸びているはずだ。週明け11日、そしてトヨタ自動車の稼働再開する12日、18日になると、街の風景も、そして人の心も、なんとなく普通に見えたり思えたりするのではないか。夜の街は営業自粛が解かれなければ静かなままだとしても・・・。

外出自粛や営業自粛、緊急事態宣言、それらがいつ解除されるかということが、状況が明らかにさることによって、徐々に注目され始めている。

そのひとつが「年齢別の感染者数(死亡、重症、軽症)」だ。このグラフから読み取れることについて、藤井聡先生がツイートしていたので、それに返信してみた。


1.休校と外出自粛の解除
2.経済活動(営業自粛の解除を含めて)の通常化
3.PCR検査の50代以上(40代に下げたほうがいいか)への集中
4.感染者や接触者、範囲を広げて50代以上の行動制限(補償付きで)
5.高齢者がいる家族の徹底した感染予防

少し訂正したが、そう読み取れる。というか「頭を真っ白にして」となると、「そういえば亡くなったのはみんな高齢者だなあ」とか「オレの周りに感染者いないし」「中高年病」「非正規脱却のチャンス」なんて考える人もいたり、するに、決まっている。

いつ解除をするか、難しいだろうが、このグラフからは「それほどの病気でもなさそうだ」と感じる人も多いのでは?(まあ、確かにボクも含めて死亡率が高い人たちにとっては「それほど」の病気なんだが)

というか、このままでは新型コロナウイルスに感染して亡くなる人よりは、自殺して亡くなる人のほうが多くなる(それも圧倒的に)、そのほうが悲劇だ。そのことについても、藤井先生が警鐘を鳴らしている。

公共交通運転手が気を付けるべきこと
藤井聡先生と、京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授の「【宮沢孝幸×藤井聡】新型コロナ、電車やバス、タクシーは大丈夫なのか?」という対談がYouTubeにアップされている。

自粛制限が出されている中においても業務を続けている、都合のいい時にだけ公共交通を口にするボクたちタクシードライバーにとっても、不安を和らげてくれるし、今後の指針にもなる。



目指すは「ほぼゼロ」リスク、
公共交通の感染リスクを「ある程度混雑していても」乗客も運転手も「接触対策」「飛沫対策」「空気対策」の「3つの対策」をすれば、「ほぼ問題ない」と提言している。

ではタクシー運転手はどうすればいいのか。まとめてみた。

(1)接触対策:目鼻口を触らない

とにかく触らないこと。触るのなら、まず手を洗う。乗務中は洗うことが困難な場合が多いので、次亜塩散水やアルコール除菌シートを使い、消毒してから触る。車内は乾燥するので、鼻をほじりたくなるが、これも厳禁。眠くなった時に目をこすることもダメ。目や鼻の粘膜は弱いので傷つきやすいので、そこからウイルスが入る。

分かっているだろうが、指をなめてお札を数えるのも厳禁。

(2)飛沫対策:黙る or マスク
マスクの徹底。マスクをしていないお客様にはマスクの提供もありか。入店時にマスク着用を義務化している飲食店、小売店もあるが、個別にそれをやるのは乗車拒否を考えると難しい。

黙る。話しかけない、ということも必要になるか。飛沫対策に、ビニールシートでの仕切りも有効だろう。業界と自動車メーカーとの早めの対応が必要だったが、なぜだかタクシーは遅い。というか、業界という他界。(コンフォート、ジャパンタクシーの製造メーカーはなんとかしろ<トヨタ自動車)

(3)空気対策:窓を開けて換気

運転手側の窓と、その対角線上の後部座席の窓を開けるのが効果的か。それとエアコンの外気導入を行う。気温の上昇とともに、窓を開けることのためらいもなくなると思う。

全てを含めて、空車後には次亜塩素酸水などの除菌・殺菌剤の空間散布と、ドアノブ、シートの掃除も必要か。蒲郡の感染例を考えると、咳などの空気中の飛沫が落ちた場所に、ウイルスが付着している可能性があるので、それを除去するのが肝要。

触らない、ということでは、そのまま放置しておく、なんてことも考えらえるが、それはそれで二次感染に繋がるので、公共交通機関の責務として、空車後の掃除も必要。

モノに付着したウイルスについては、「大半は何日も残らない」「感染にはまとまった数が必要」そして「一晩経てば感染リスクはほぼゼロ」ということなので、空車→除菌→運転、空車→除菌→回送→除菌→退勤、なんてルーティーンが必要か。

ボクたち運転手も乗客も感染者だと思っていれば、うつさない行動、うつらない行動をきちんとできる、そう思っている。

感染しないで非常事態宣言の解除を待ちたい。「そんな時代もあったねといつか話せる日がくる」(中島みゆき「時代」)んだからさ。

新型コロナ、電車やバス、タクシーは大丈夫なのか?

新型コロナ、電車やバス、タクシーは大丈夫なのか?
メーデーに思うこと
労使溶解。会社も組合も「会社を守るため」という言葉を使い、労働者からの搾取を正当化しているのが、この国の現状ではないのか?

労働者の日、勤労感謝の日、労働者が主体となって語られることも少なくなっているのではないのか?国家や企業、経済を守るために、労働者は新型コロナという戦渦の中へ突入していく。

いや、国のためとか故郷のためとか、家族のために、死ぬのならば、まだ許せる。愚かな利己的な経営者のためにだけは、死にたくはない。

オレたちタクシードライバーは、エッセンシャルワーカーだ。公共交通機関の一員だ。そういった自負があった。弁当を配達するのも、宅配するのも、利益よりは社会のためだ。その理念がなければ、長時間労働で低賃金の職場に我慢などできるわけがない。愛社精神、帰属意識の希薄化は、公共交通という意識を企業も労働者も失くしているからだ。

今、このコロナ禍にあって、「儲からないから」という理由だけで、供給を制限しようとしているタクシー会社がある。

国土交通省はそんな法人タクシーの許認可を取り消してくれ。公共という名のもとに企業活動を許されている以上、供給を「儲からない」という理由で止めていいのか。

山奥のぽつんと一軒家にも電力は供給されている。孤島にも電力は供給され、NHKの電波は届いている。道路は敷設され、郵便も配達してくれる。宅配便も「もうからない」かもしれないけれど、来る。

あるいは、バスも電車も、人を乗せていなくても走る。豊橋市内を走るコミュニティバスも利益は出ていないはずだ。それでもやらなければならない理由はなんだ?弱者救済、交通権と移動の自由の確保、ではないのか?

タクシーだけが、儲からないからというだけの理由で、恣意的に供給を制限している。移動困窮者を見捨てた。不自由な人たちを見殺しにした。

ドライバーは、オレたちは、経営者の姿勢を見たいのだ。こういった時期だからこそ、経営者の理念を、トップの考え方を知りたいのだ。ただそれだけなのだ。

すべてのドライバーが同じ考えではないのも分かっている。ただ、今後のタクシー業界を背負っていく若い人たちには、その姿勢をみせてほしい。オレたちがなんのために働いているのか。オレたちが社会に必要とされていることを。オレたちがエッセンシャルワーカーだということを。オレたちの仕事は意味があるってことを。それがオレたちのアイデンティティだということを。頼む。

豊橋市役所から豊川
それでも豊川は流れる
当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly