トヨタ期間従業員に行こう

トヨタ自動車期間従業員であった筆者が期間工、派遣社員、非正規社員についてや雇用の問題そして1年間にわたる失業生活、その後のタクシー運転手としての日々なんかをぬるめに書いています。

45歳からの…
サンスターから「 ガム アクティバイタル デンタルクリーム」といいうハミガキが発売されていますね。そのパッケージには「45才からの歯周病予防ハミガキ」。45歳はきっと身体の曲がり角、女性ですと(男性もですが)更年期障害の症状も出たり、閉経の時期(ですよね、早い?)だったりするのでしょうね。

体力的にも「若い」と本人そして回りも思っているのでしょうが、回復力が減少していたり、持久力、瞬発力、筋力なんてのが衰える時期なのでしょう。歯の健康もその頃から衰退する、だからこのような年齢を絞った商品が開発されるのでしょう。

蔵王山から三河湾大橋、朝
蔵王山からの日の出を見ようと思って、早朝登山。でも結局、日の出には間にあわず…。誰かオレを朝早く蔵王山に連れてけ。え?タクシーで行けって。
トヨタ期間従業員に行こう | 中高年フリーター増加と期間従業員

中高年のフリーターが15年後の2021年には148万人に増えるそうです。15年後のことを言わなくても、現在でも94万人もいて、先日のテレビでは35歳以上の9人に1人が2つ以上の仕事に就いているそうです。

中高年の定義は35歳以上のようですが、35歳と言えばまだまだ働き盛りという年齢で、中高年というよりもまだまだお兄さんという感じですよね。でも、やはり就職情報誌やハローワークの求人を見ても「35歳」という年齢がひとつの区切りのように感じます。

トヨタ自動車の期間従業員こそ未経験で49歳まで応募可能ですが、同じトヨタでも豊田織機は40歳、関連のデンソーも40歳までだったと思います。要するに中高年も40歳を超えると期間工という道さへ閉ざされると言っても良いでしょう。絶望自動車工場なのです。

そのトヨタ自動車の期間従業員も、経験があると一応59歳まで応募していますが、40歳以上の期間従業員の割合というのは前回トヨタ期間従業員に行こう | 中高年の期間従業員で書いたように、1割未満といったところだと思います。一応募集はしているものの、やはり40歳という年齢がトヨタの高速タクトタイムのライン作業には限界年齢ということかもしれません。

期間工という道も閉ざされる中高年フリーターは、それこそ2つ以上の仕事をかけもちしないと家族も養えないという状態になるのでしょうが、それでもサラリーマンの平均年収460万円、トヨタ期間従業員の予想年収400万円という額には程遠いものになるのではないかと思っています。

そうして、中高年フリーターが再就職もできないで増加すると財務省が試算するように、所得税の損失は15年後に年間4200億円、社会保険料の損失も同じく7900億円(労使合計)となり、それに少子化から労働者人口も減少するので、いよいよ「美しい日本」どころか、日本の存亡にかかわる問題なのかもしれません。

それでもトヨタは期間従業員として雇用の道を開いているので、それはそれで評価されるべきだと思います。今後は、何度も書くようですが、期間延長3年満了の期間従業員の処遇をどうするかという問題があります。3年間もの長期に渡って雇用して、もう一度期間従業員というのでは、企業の都合と言われても仕方ないですからね。ボクとしては無条件正社員登用が当然だろうと、これも何度も書いていますが。

そのことを含めて現在の雇用法を改正することも必要だと思います。3年間同じ会社でパートなどの非正規社員で雇用された後連続して雇用する場合は、正社員としての雇用を義務付ける、などの改正をしないと、このフリーター増加の問題は解決しないのではないかと思っています。

何年働いても時給800円也。ま、せいぜい1000円ぐらいになりますか?こんなことが許されること自体問題だと思います。これこそ搾取ではないのかと思います。せめて、何年も働いているのなら正社員なみの扱いをして欲しいものです。

長いですけれど、全文引用しました。

この間、トヨタ自動車も期間従業員最長延長者には関連企業への正社員としての就職の斡旋をするとアナウンスしたり、パート労働法も改正されたり、労働者をめぐる環境は良い方向に向っているように思われているようですが、まだまだほとんど変化はないというのが実情のようです。

特に中高年のかたにとっては、厳しさが増していると感じられているのではないかと思っています。団塊の世代の退職とその再雇用などは、中高年の就職先とダブってしまうでしょうし、カテゴリーの中に思わぬ強敵の出現したという状況ではないかと思っています。団塊退職者の技術力というものを必要としているのでしょうし、まだ働ける年代なので、リタイヤしろなんて言っているのではなくて、それにワークシェアリングなんてことを言っているのではなくて、単純に労働力需給バランスが思ったほど中高年に有利に働かなくなるのかなあ、と考えているのです。

私のトヨタ期間従業員として働く日々は目先だけに捕われたものに過ぎません。大概の人はそうなんでしょう。ですが同じ職場で同じ作業をしていても、個々の時間の重みは年齢や立場によって大分違ってます。私たち40代50代の様に選択の余地なく期間従業員する人、以前の勤め先を仕方なく離職し、繋ぎで期間従業員する人なら兎も角、自分が何をしたいのか、適職が何なのか分からないまま目的もなく期間従業員する20代の人達には時間をもっと大事に使って欲しいと考えます。他人事、大きなお世話と謂われれば其までなんですが。最近、可能性のある若い人を観ると生唾が出るほど羨ましいんです。

とmuko47さんがおっしゃられるように、ボクも選択の余地のある35歳あるいは40歳までの人たちに対して「なぜトヨタなのか」という疑問を持つのですよ。何度も書いてきたのですが、どうもそこには、大企業という「安心感」があるのではないかと、いえ「安心感だけではないか」とさえ思ったり。

中高年がトヨタ期間従業員として働くのは非常に分かりやすいですよね。若い人の多くも「お金のため」なのかもしれませんが、「安心」や「安定」(社員登用を目指している人たちとて、結局は安定した収入が魅力という人が大多数でしょうから)をトヨタに求めているのではないかと思っているのです。

ですからmuko47さんの思われることは、とても分かりますし、
人生経験の少ない若い人達が、単純にトヨタの社員と比較して期間従業員の境遇を嘆くのも考え物ですよね!

というのも「安定」というものを比較するだけで、仕事も持つ純粋な意味での比較とは少し違うと考えています。でも、それ(安定を)求めることは、間違ってもいないと思っているのです。
#つまんないけれど…。

闇の職業安定所
「闇の職業安定所」なんてサイトがあって、いろいろな仕事や金儲けがあるらしいのだけれど、いつの時代にも、きっとサイトを規制したところで、どこかであるもんだろうと思ってるんだけれど。必殺仕置き人とかみたいにね。(って、あれはドラマか)

愛知連れ去り殺人事件なんて、短絡的で凶悪な犯罪、そしてその仕事に対する賃金が数万円という驚くような犯罪が、その安定所を通じて行なわれたというニュースを聞くにあたっては、もう、なんていうか、「ちょっくらアルバイトでも」って感じの気楽さなんだろうかと考えているんだけれど、なんかこんな凶暴犯罪ってのは今後増えそうな予感がする。


方丈、ま、世の中の広さもそんなもんでしょ。

厚労省の調査だとネットカフェ難民が5400人と推計したそうなんだけれど、実際はもっといて、その予備軍や、このブログで取り上げた健康ランド難民とかも含めると、そんな数の数倍とか十数倍なんて数になると思う。

20代と50代が多いとのことなのだけれど、20代は、ま、自分のやりたいことが見つからないとかのモラトリアム的難民もその中ににはかなりいるのだと考えていて、50代の人たちはもうどこにも行くことのできない、路上生活予備軍、あるいは路上生活との併用と考えているのだけれど。

まだ30代とか40代というのは、というか30代や40代は現実的に労働をしなければならない年代だろうし、身体も動くし、その現実的に労働という部分には社会との係わり合いとか、物欲とかがかなりあって、ちょっとは実入りのいい仕事を探していて、ま、期間工なんかもそういった年代の人が多かったりするんだかけれど、やっぱりまだ人生を捨てきれないという執念みたいなものを感じたり。

今回の愛知の事件なんてのも、30代40代が犯人で、「まだまだやったるで」という年代が「やったるで」ということでやったのだろうと考えているのだけれど。コンビニなんてのはリスクが大きい割には儲けも少なくて、銀行なんてのは捕まる確率が高いので、今後はこんな連れ去り型、と言っても、誘拐身代金型なんて計画的かつ頭脳的なものじゃなくて、自販機で缶コーヒーを買うような犯罪が増加するのだろうと思っている。

格差の拡大と、この国で生きるということの閉塞感みたいなものが蔓延すると、なにがいけないかというと、何度も書くのだけれど、こういった「んじゃ、いっちょうやったるか」と、ダメもと的な感じでやってしまう事件が増えることだと思っている。それも凶暴化するばかりで、どうせ生きていても夢も希望もないのなら…自殺するか、殺すか、ええ、答えは簡単なのですよ。

だから、格差なんて他人事なんて言ってる人は、今後は安心して道もあるけなくなるし、警備の薄い家なんてのは住めなくなるし、安全神話の崩壊、そしてスラム街化する日本になるのだろうと、思っているのだよ。

そうならないためにも、そうさせないためにもかな、何らかの策を早急に施さないと、てか、もう手遅れで、ネットカフェ難民はホームレス予備軍なんてことじゃなくて、犯罪予備軍でもあるのだし、それは期間工とかの非正規社員にも言えることなんだと、ちょっと考えれば分かりそうなもんなんだけれどさ。

さてと…。
カナさんが辞めた理由
ハローワークから帰る時の寂しさってのは、どうなんだろう、競輪競馬あるいはパチンコに負けて有り金使い果たしたような感じに似ているように思う。それも8レースあたりで帰る感じで、もう少し資金があれば、とか、3−5を買っとけばなあ、なんて後悔から車にクラクションならされたり、歩道の段差に転びそうになったり。

50歳にもなると就職なんてそうそう簡単にあるものでもなくて、それでも失業保険を受給している期間は余裕もあって、こんな人生もあっていいよなあ、なんて思ったりするのだろうけれど、その受給期間も残り僅かになると、今度は後悔というよりも自棄気味になってしまって、あれほど見向きもしなかったパートやバイトあるいは派遣社員としての就労を一気に決めたりするのだろう。


ちょうど一週間前咲いていた彼岸花も、もう枯れてしまって。でも、それはそれで、ボクの目には綺麗に映ったのだけれど。

カナさんもそんな感じで、結局決めたのはスポーツ量販店のパートの仕事だった。時給750円ほどで1日7時間、日給にすると5000円少しの仕事。地方では、最低賃金が600円ちょっとで、その最賃ギリギリの時給ってところもあって、700円を越える仕事というのは時給で見ると、まあまあかな、と錯覚してしまう数字だと思う。日給に換算すると、その「まあまあ」という感覚もスッとさめてしまって、「それぐらい」の金額にあらためて驚いたしまったりもする。

それぐらいの給料に驚くのは、例えば生活保護費よりも安い賃金だったり、年金もらっている隣のおじさんよりも安い己の労働力に、なんだけれど、それでも独身で例えば20代前半の人たちならば、そこがスタート時点という先のある希望も夢もあるのだろうけれど、ゴール地点の見えている50歳の男には、驚きというよりも、もう諦めでしかない、そんな脱力感がほとんどを占める驚きなのだろうと思う。

高校生と中学生の子供がいて、奥さんと4人暮らし、奥さんもパートとして働いているのだけれど、それでもふたりで20万円少しの収入しかない生活はいつも余裕がなくて、煙草も酒も止めてしまっていて、ただ生きるということが子供たちのためだけというようなことをいつも言っていた。

高校生の子供の卒業後の進路も、私立の大学には行かせられないし、かといって自宅から通学できるような場所には希望する学校も、あったとしても学力という問題もあって、どうしてもアパート暮らしになるようで、そうなるといくら国公立の大学と言っても、毎月10万円はいるだろうし、ということで、親子共々かなり悩んでいたらしくて、最後には「自衛隊に行け」なんてことも言ったそうで、女の子なのだけれど。

そのスポーツ量販店に1年勤務した頃、準社員になったのだけれど、それはカナさんの最後の希望でもあったし、そのためにいろいろな努力をしたそうだ。

それでも給料は月に5000円ほどしか上がらなくて、それでも来年はという気持ちで1年近く勤務したのだけれど、次の年の昇給もなくて、そして実績は認められないということになるに至っては、とうとう転職を考えざるをえなくなって、その量販店を辞めたということなのだ。

50歳の男が2年働いても結局は十数万の給料しかならないというのが現状で、「準社員登用あり」なんて募集要項の言葉は詭策のようなもので、準社員になったからとて何かが変わるってことでもなくて、結局は責任が増えたということと、社員にいつなれるか分からないという状況に、我慢が出来なくなった、というよりも、限界になったというのが、カナさんだと思う。

次の就職先が決まってから退職をした。今回は失業保険があったとしても、自己退職で3ヶ月かんの待機期間があるのだから、決めてから退職しないと生活が一層苦しくなったからだと思う。そういう目に見えない就職苦というのは、雇用保険法には考慮されていなくて、一元的に退職理由を自己退職と決めてしっているように思う。

ハローワークで紹介された仕事だったのだけれど、恐ろしく事務的に、そしてそれは自動的に実にスムーズだったそうだけれど、そういった家庭事情とかは考えての斡旋なのだろうかと、いつも思ってしまう。いや考えていないということは、そういう家族構成を書いた覚えがないことから、ただただ事務的に自動的に、なんというか人の温もりのしない、そうそう大量生産大量販売されている食器のように、実はボクたちも扱われているのだと、ふと思った。

人が働くということ、それは生きるということと等しいのだけれど、そう考えるとハローワークや企業の責任というものは重大で、時間を切り売りするしかない労働者の、その売られた身体の一部を無思慮に値引きするなんてことこそが、非人道的なことなのではないかと思っている。

年齢給を付けろと、カナさんもボクも思ってはいないのだけれど、正社員の、例えばその量販店の店長にカナさんの給料で生活できるのかということを、少しだけ考えてもらいたいと思っているってことだ。最低限の生活をすることが、いくら真面目に働いても、そしていくら長い期間働いても、難しいというのが、格差問題なのだから。

それはスポーツ量販店のみならず、例えばファミレスやコンビニ、製造業なんかでもあることで、何年働いても時給100円とか200円しか上がらないというのが、この国の仕組みなんだから、これはもう人権問題だろうと、思うんだけれど。

カナさんは、スポーツ量販店よりは5万円ほど良い仕事をしているのだけれど、それでも、その5万円は子供のために使われると思うと、なんていうか「人生が2度あれば」なあ、なんて思ったりしている。再チャレンジなんか出来ない人生は、1度失敗したら、もうそれで終わりみたいなもんだろうから。


当サイトでは第三者配信(Google)によるcookie を使用しての広告を配信しています。詳しくはプライバシー ポリシーをご覧ください。
<< | >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 



blogpeopleロゴ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

follow us in feedly

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...